*

【BDレビュー】総まとめ

公開日: : 最終更新日:2016/12/24 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求・評価される機会はあまり見ない。特に音質になるともう絶望的。
 というわけで、作品内容ではなくあくまで画質や音質をメインのレビューしていくのがこのシリーズ。作品内容やその好き嫌いは個々人が判断すべきものなので、基本的にあまり立ち入らない。

 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。
 画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな作品がもっと面白くなり、愛してやまない作品からより深い感動を引き出せる。


 だからこそオーディオ・ビジュアルという趣味があるのだし、作品を愛しているからこそ、さらなる画質音質を求めてBDを買うのである。
 そして、BDが高画質・高音質を標榜するからには、まさにその点において真剣かつ冷徹に評価されなければならない。純粋な作品としての価値と、ソフト化された際の画質音質の良し悪しは峻別されなければならない

 「BDであること」は、必ずしも「高画質・高音質であること」を保証しない。
 どれだけ映像メディアの器が大きくなっても、駄目なものは駄目なのだ。


 評価の詳細について。

◎基本
 画質音質ともに基本的には10点満点。
 11点~15点は感性領域での加点。これは視聴記を書き始めた当初は自分の中での画質音質のハードルが低く、次々に想像を絶するクオリティのソフトが出てきたための措置。いいじゃない、100点満点で150点の評点を付けても。

◎画質
 まずは情報量。ハイビジョン(1920×1080)の解像度を生かして、画面にどれだけの情報を入れ込めるか。ディテール。色彩表現。
 次に解像感。クッキリシャッキリ、DVDとは次元の異なる、ハイビジョンらしい映像の「キレ」。これが弱いと「甘い」あるいは「眠い」画になる。
 そして安定感。全編通して画質が維持されるか。映像素材の解像度が足りずにジャギーが出る、圧縮ノイズが出る、諧調が破綻してマッハバンドが出る、明らかに映像表現とは無関係に黒が浮く、ノイズで汚れる、そういった部分は減点対象。
 エンコードに伴う弊害が見られず、全編通して画質を維持し、情報量も解像感も太鼓判を押せるレベルで、10点満点。
 多少安定感に難があっても、一線を越えた高画質を実現していると思えば、11点以上が付く。そのうえで安定感においても万全であれば、15点。

◎音質
 音楽(劇伴)の品位あるいは音質。これは純オーディオ的な評価軸を共有する。
 効果音それ自体の生々しさ。工夫。繊細さ。迫力。瞬発力。ダイナミズム。
 映像作品において超重要な「声/ダイアローグ」、その裏側に潜む口腔と唇の存在感。
 そしてなにより、「音響」あるいは「サウンドデザイン」。ここがしょぼいと色々と台無し。出来の悪い5.1chは、丹精込めたステレオに圧倒的に劣る。
 マルチチャンネルを活用し、音の品位もよく、映像音響の楽しみを十分に楽しませてくれるレベルで、10点。
 色々小難しいことを抜きにして、一線を越えた興奮や感動を味わえれば、11点以上が付く。15点ともなれば、確実に別次元に連れていってくれる。


 なお、色々と思うところがあり、249回以降からは視聴の際の再生環境も記事内に明記するようにした。どんな環境で評価したのか分からないのでは、無責任だと言われても仕方がない。
 再生環境の詳細についてはこの記事を参照。



リファレンスBD10選・画質編

リファレンスBD10選・音質編



【AV史に残るBD勝手に10選】

第10位『キングダム・オブ・ヘブン』
第9位『イノセンス』
第8位『007 カジノ・ロワイアル』
第7位『グラディエーター』
第6位『スター・ウォーズ』
第5位『眠れる森の美女』
第4位『ダークナイト』
第3位『AKIRA』
第2位『スパイダーマン 3』
第1位『アバター』&『プライベート・ライアン』

【“がっかり”BD10選】

【サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選】

【BD化を待ち望む作品10選】

【心の底からすすめたいBD10選】


UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について



【BDタイトル一覧】



第1回『父親たちの星条旗』&『硫黄からの手紙』
第2回『キングダム・オブ・ヘブン』
第3回『007 カジノロワイアル』
第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン1&2』
第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』
第6回『ステルス』
第7回『300』
第8回『イノセンス』
第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』
第10回『ミッション・インポッシブル3』
第11回『エイリアンVS.プレデター』
第12回『スパイダーマン』
第13回『スパイダーマン2』
第14回『スパイダーマン3』
第15回『スーパーマン・リターンズ』
第16回『X-MEN3』
第17回『バイオハザード2』
第18回『アンダーワールド2 エボリューション』
第19回『カンフーハッスル』
第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』
第21回『パイレーツ・オブ・カリビアン3』
第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』
第23回『劇場版 機動警察パトレイバー』
第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』
第25回『オペラ座の怪人』
第26回『インデペンデンス・デイ』
第27回『人狼 JIN-ROH』
第28回『プレデター』
第29回『カウボーイ・ビバップ 劇場版 天国の扉』
第30回『ワールド・トレード・センター』
第31回『U-571』
第32回『エネミー・ライン』
第33回『キング・アーサー』
第34回『ソードフィッシュ』
第35回『沈黙の戦艦』
第36回『フルメタル・ジャケット』
第37回『アフロサムライ』
第38回『ダニー・ザ・ドッグ』
第39回『ローグ アサシン』
第40回『スチームボーイ』
第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』
第42回『バイオハザード』
第43回『バイオハザード3』
第44回『サンシャイン2057』
第45回『アンダーワールド』
第46回『プレステージ』
第47回『インベージョン』
第48回『デジャヴ』
第49回『パフューム ある人殺しの物語』
第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』
第51回『アルティメット』
第52回『デビル』
第53回『ブレイブストーリー』
第54回『ディープ・ブルー』
第55回『燃えよドラゴン』
第56回『アイ、ロボット』
第57回『ヘアスプレー』
第58回『ロボコップ』
第59回『28日後…』
第60回『28週後…』
第61回『V フォー・ヴェンデッタ』
第62回『トロイ』
第63回『メン・イン・ブラック』
第64回『NIGHT WATCH』
第65回『DAY WATCH』
第66回『パプリカ』
第67回『FLAG ディレクターズカット』
第68回『魔法にかけられて』
第69回『ブレードランナー』
第70回『時をかける少女』
第71回『バットマン ゴッサムナイト』
第72回『アイ・アム・レジェンド』
第73回『ベオウルフ』
第74回『リーピング』
第75回『ブラッド・ダイアモンド』
第76回『イノセンス』アブソリュート・エディション
第77回『ラストサムライ』
第78回『yes Live at Montreux 2003』
第79回『マクロス・ゼロ』
第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
第81回『紀元前1万年』
第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
第83回『機動戦士ガンダムF91』
第84回『バンテージ・ポイント』
第85回『NEXT』
第86回『ゴッドファーザー』
第87回『ゴッドファーザー PART2』
第88回『ゴッドファーザー PART3』
第89回『シューテム・アップ』
第90回『眠れる森の美女』
第91回『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』
第92回『マトリックス』
第93回『アニマトリックス』
第94回『マトリックス・リローデッド』
第95回『マトリックス・レボリューションズ』
第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤
第97回『ダークシティ』 北米盤
第98回『ショーシャンクの空に』
第99回『アイランド』
第100回『●REC』
第101回『ルパン三世 カリオストロの城』
第102回『ダークナイト』
第103回『ランボー 最後の戦場』
第104回『ノーカントリー』
第105回『プレデター2』
第106回『ターミネーター2』
第107回『AKIRA』
第108回『ウォンテッド』
第109回『ドリームガールズ』
第110回『アイアンマン』
第111回『インクレディブル・ハルク』
第112回『許されざる者』
第113回『ゴーストライダー』
第114回『ティンカーベル』
第115回『FFⅦAC コンプリート』
第116回『WALL.E』
第117回『トレインスポッティング』
第118回『ヘルボーイ』
第119回『羊たちの沈黙』
第120回『トップガン』
第121回『スターウォーズ クローン戦争』
第122回『キングコング』
第123回『ピノキオ』
第124回『トランスフォーマー』
第125回『ヘルボーイ ゴールデンアーミー』
第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』
第128回『リベリオン』
第129回『007 慰めの報酬』
第130回『スカイクロラ』
第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』
第132回『D WARS』
第133回『平成ガメラ三部作』
第134回『X-MEN』
第135回『X-MEN 2』
第136回『X-MEN 3』 新装版
第137回『2001年 宇宙の旅』
第138回『続・夕陽のガンマン』
第139回『ウォッチメン』
第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
第141回『グラン・トリノ』
第142回『七人の侍』 東宝盤
第143回『鴉 -KARAS-』
第144回『白雪姫』
第145回『SPIRIT』
第146回『ターミネーター4』
第147回『コンタクト』
第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』
第149回『崖の上のポニョ』
第150回『ブレイブハート』
第151回『トランスフォーマー リベンジ』
第152回『ファイトクラブ』
第153回『THIS IS IT』
第154回『HALO LEGENDS』
第155回『サマーウォーズ』
第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
第157回『第9地区』 北米盤
第158回『プライベート・ライアン』
第159回『風の谷のナウシカ』
第160回『アバター』
第161回『FLCL』
第162回『アマデウス』
第163回『A River Runs Through It』
第164回『LE GRAND BLEU』
第165回『劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~』
第166回『美女と野獣』
第167回『serial experiments lain』
第168回『プレデター 特別篇』
第169回『プレデターズ』
第170回『エイリアンVS.プレデター2』
第171回『エイリアン 四部作』
第172回『トレマーズ』
第173回『バットマン ビギンズ』
第174回『トイストーリー 三部作』
第175回『レッド・ドラゴン』
第176回『ツイスター』
第177回『セブン』
第178回『天空の城 ラピュタ』
第179回『特攻野郎Aチーム』
第180回『96時間』
第181回『サウンド・オブ・ミュージック』
第182回『ムーラン・ルージュ』
第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤・エクステンドカット
第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤
第185回『インセプション』
第186回『ハート・ロッカー』
第187回『無皇刃譚』
第188回『パットン 大戦車軍団』
第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤
第190回『KICK-ASS』 北米盤
第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤
第192回『パーフェクトブルー』
第193回『ロビン・フッド』
第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』
第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』
第196回『デスペラード』
第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』
第198回『マチェーテ』
第199回『マスク・オブ・ゾロ』
第200回『善き人のためのソナタ』
第201回『借りぐらしのアリエッティ』
第202回『ヒックとドラゴン』
第203回『ナインスゲート』
第204回『耳をすませば』
第205回『塔の上のラプンツェル』
第206回『REDLINE』
第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』
第208回『ノエイン』
第209回『コマンドー』
第210回『レオン』
第211回『遊星からの物体X』
第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 北米盤
第213回『スカーフェイス』
第214回『男たちの挽歌』
第215回『男たちの挽歌 II』
第216回『パルプ・フィクション』
第217回『トップをねらえ!』
第218回『ゴジラ(1954)』クライテリオン盤
第219回『電脳コイル』
第220回『リアルスティール』
第221回『トップをねらえ2!』
第222回『となりのトトロ』
第223回『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』
第224回『獣兵衛忍風帖』
第225回『ヒトラー ~最期の12日間~』
第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』
第227回『ダークナイト ライジング』

――【言の葉の穴】立ち上げ後――

第228回『パンズ・ラビリンス』
第229回『マクロスプラス』
第230回『言の葉の庭』
第231回『紅の豚』
第232回『バトルシップ』
第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』
第234回『パシフィック・リム』 北米盤
第235回『もののけ姫』
第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』
第237回『マン・オブ・スティール』
第238回『エクスペンダブルズ エクステンデッド・ディレクターズ・カット』
第239回『エクスペンダブルズ2』 北米盤
第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
第241回『アベンジャーズ』 北米盤
第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』
第243回『SHORT PEACE』
第244回『KICK-ASS 2』 北米盤
第245回『MEMORIES』 High Spec Edition
第246回『エリジウム』
第247回『オブリビオン』
第248回『千年女優』
第249回『英国王のスピーチ』
第250回『おおかみこどもの雨と雪』
第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』
第252回『ゼロ・グラビティ』
第253回『ロボコップ』 Remastered
第254回『GATCHAMAN CROWDS』
第255回『機動戦士ガンダム』
第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』
第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』
第258回『RWBY Volume 1』
第259回『風立ちぬ』
第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤
第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤
第262回『千と千尋の神隠し』
第263回『アナと雪の女王』
第264回『THE RAID』 北米盤
第265回『THE RAID 2』 北米盤
第266回『攻殻機動隊 ARISE』
第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤
第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』
第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』
第270回『ローン・サバイバー』
第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』
第272回『●REC3 ジェネシス』
第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤
第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤
第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤
第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤
第277回『かぐや姫の物語』
第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』
第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』
第280回『RWBY Volume 2』
第281回『All You Need Is Kill』
第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』
第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 北米盤
第284回『思い出のマーニー』
第285回『ベイマックス』
第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』
第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤
第288回『アメリカン・スナイパー』
第289回『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』
第290回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
第291回『新世紀エヴァンゲリオンTVシリーズ』
第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』
第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
第294回『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
第295回『アラジン』
第296回『バンパイアハンターD』 北米盤
第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
第298回『ヒート』
第299回『007 スカイフォール』
第300回『ぼくのエリ 200歳の少女』
第301回『トレマーズ ブラッドライン』
第302回『マチェーテ キルズ』
第303回『インターステラー』
第304回『ジュラシック・ワールド』
第305回『キングスマン』
第306回『バケモノの子』
第307回『イミテーション・ゲーム』
第308回『セッション』
第309回『フューリー』
第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
第311回『ビッグ・アイズ』
第312回『鑑定士と顔のない依頼人』
第313回『007 スペクター』
第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』
第315回『アントマン』
第316回『エクソダス:神と王』
第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』
第319回『オデッセイ』
第320回『白鯨との闘い』
第321回『カリフォルニア・ダウン』
第322回『ブラック・スキャンダル』
第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』
第324回『シュガー・ラッシュ』
第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』
第326回『RWBY Volume 3』
第327回『キャビン』
第328回『ワールド・ウォーZ』
第329回『MAMA』
第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』
第331回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
第332回『キャプテン・アメリカ』
第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤
第335回『ピクセル』
第336回『クロニクル』
第337回『モンスターズ 新種襲来』
第338回『ズートピア』
第339回『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』
第340回『DOOM / ドゥーム』
第341回『帰ってきたヒトラー』


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第19回『カンフーハッスル』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 スーパーカンフームービー。 少林サッカーから色んな意味で正統進化した

記事を読む

OPPOのUHD BDプレーヤー

OPPO Digital's 4K/UHD Blu-ray player is arriving i

記事を読む

SFORZATO × RoonReady + Roon Server

SFORZATO will be RoonReady!  というわけで、記念すべき国産機初のR

記事を読む

EPSON EH-LS10000がやってきた

 そのうち帰っていくけど。  それにしてもでかい。  重い。  かっこいい……かどうか

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。 11 Years of US CD Sales - stereop

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑