*

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

BDグラディエーター
左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。


【BDレビュー】第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤


 “BDは高画質”という言葉。
 誰しもがそう思うだろう。
 私もそう思いたい。
 しかし、現実は必ずしもそうではない。
 縁もゆかりも興味もない作品がやっつけ仕事の手抜き仕様でBD化されても別に知ったことではないが、自分の愛する作品がそんな目に遭ってしまったら、その悲しみたるや筆舌に尽くしがたい。
 今回紹介する『グラディエーター』は、残念ながらその例だった。

 映像的にも音響的にも素晴らしい作品である『グラディエーター』は、特にBD化が嘱望されていたタイトルだった。BD化が発表された時、喜んだ人もさぞかし多かろう。
 ところが、実際にリリースされたBDを目にした時、私を含め、多くのユーザーが愕然とした。

「え、なにこれは……」

 酷い画だった。
 BDに収録されていた映像は、『グラディエーター』という作品に期待される画質を遥かに下回るどころか、不自然な輪郭強調や白飛びなど、そもそも“映像圧縮として破綻”していたのである。
 このふざけたBD化に対し、世界中で良識あるAVファンの怒りが爆発した。日本はだんまりだったが。その根底には、純粋に愛する作品をより高いクオリティで鑑賞したいという欲求はもちろん、「これを許してしまえば、再びこのようなふざけたBD化が繰り返されてしまう」という危機感もあったはずだ。『グラディエーター』という作品の知名度や影響力を考えれば、このふざけたBDに対する怒りは至極当然だったと言える。
 多くの場合、映画作品は一度BD化されてしまえば、よほどの人気作でもない限り、お色直しされて再BD化されるようなことはない。もしかしたら、『グラディエーター』のBDは未来永劫、この糞画質BDで打ち止めになってしまうという恐怖があった。

 やがてユーザーの願いは実を結び、海外では見事再BD化が果たされた。
 風の噂に聞いたところによれば、旧版を持っているユーザーに対して無償交換までしたとかなんとか。日本ではまったくそんな話は聞かないが。
 気になるのは新旧でどれだけの画質差があるかということだろう。
 百聞は一見に如かず、Blu-ray.comに掲載されている画像を見てもらいたい。





 “BDは高画質”という言葉は当てにならない。
 BDはあくまで器に過ぎない。最終的に画質を左右するのは製作側の“情熱”である。どれだけ優れた素材があろうが、手を抜けばこのザマなのである。

 再BD化されたことで、『グラディエーター』はようやく、本来期待されていたレベルの画質を実現することができた。かつて怒り狂ったユーザーも私を含め、この出来なら満足したはずだ。

 『グラディエーター』はふざけたBD化によって“BDは高画質”という幻想を打ち砕くと同時に、後に再BD化されるという形で、“BDのクオリティを決めるのは製作側の情熱である”ということも示した。『ロード・オブ・ザリング』や『プレデター』など、似たような例は他にもあるが、話題性や“落胆→救済”の振れ幅の大きさから、それらの代表として『グラディエーター』を選出した。
 この選出は“いい意味”と“悪い意味”の両方の意味を持っている。出来のいいソフトをひたすら羅列するばかりではなく、このようなソフトも存在したということを示すことも、BDの歴史を考えるうえでは非常に重要である。

 そして、この場を借りて、すべてのソフト会社に言いたい。
 「最初から本気を出せ」と。
 もちろん、技術の進歩やノウハウの蓄積によって、以前では成し得なかったクオリティを実現できるようになっての再BD化ならば大いに歓迎する。
 しかし、単なる手抜きや、やっつけ仕事によるBD化は、決して許されるものではない。
 それはユーザーを馬鹿にしているだけではなく、何より作品に対する冒涜に他ならないからだ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

PS4 Proが来た!

 PS4 Proの発表のタイミングで初期型を手放した結果、2ヶ月もPS4で遊べないというのは想像以上

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

【BDレビュー】 第242回『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』

アイアンハイド……(´;ω;`) 画質:14 音質:13 映像:AVC 音声:

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【BDレビュー】 第235回『もののけ姫』

ギルガメシュ叙事詩 画質:9☆ 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Carpenters / Singles 1969-1981

・アーティスト / アルバムタイトル Carpenters / Singles 1969-1981

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑