*

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

BDグラディエーター
左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。


【BDレビュー】第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤


 “BDは高画質”という言葉。
 誰しもがそう思うだろう。
 私もそう思いたい。
 しかし、現実は必ずしもそうではない。
 縁もゆかりも興味もない作品がやっつけ仕事の手抜き仕様でBD化されても別に知ったことではないが、自分の愛する作品がそんな目に遭ってしまったら、その悲しみたるや筆舌に尽くしがたい。
 今回紹介する『グラディエーター』は、残念ながらその例だった。

 映像的にも音響的にも素晴らしい作品である『グラディエーター』は、特にBD化が嘱望されていたタイトルだった。BD化が発表された時、喜んだ人もさぞかし多かろう。
 ところが、実際にリリースされたBDを目にした時、私を含め、多くのユーザーが愕然とした。

「え、なにこれは……」

 酷い画だった。
 BDに収録されていた映像は、『グラディエーター』という作品に期待される画質を遥かに下回るどころか、不自然な輪郭強調や白飛びなど、そもそも“映像圧縮として破綻”していたのである。
 このふざけたBD化に対し、世界中で良識あるAVファンの怒りが爆発した。日本はだんまりだったが。その根底には、純粋に愛する作品をより高いクオリティで鑑賞したいという欲求はもちろん、「これを許してしまえば、再びこのようなふざけたBD化が繰り返されてしまう」という危機感もあったはずだ。『グラディエーター』という作品の知名度や影響力を考えれば、このふざけたBDに対する怒りは至極当然だったと言える。
 多くの場合、映画作品は一度BD化されてしまえば、よほどの人気作でもない限り、お色直しされて再BD化されるようなことはない。もしかしたら、『グラディエーター』のBDは未来永劫、この糞画質BDで打ち止めになってしまうという恐怖があった。

 やがてユーザーの願いは実を結び、海外では見事再BD化が果たされた。
 風の噂に聞いたところによれば、旧版を持っているユーザーに対して無償交換までしたとかなんとか。日本ではまったくそんな話は聞かないが。
 気になるのは新旧でどれだけの画質差があるかということだろう。
 百聞は一見に如かず、Blu-ray.comに掲載されている画像を見てもらいたい。





 “BDは高画質”という言葉は当てにならない。
 BDはあくまで器に過ぎない。最終的に画質を左右するのは製作側の“情熱”である。どれだけ優れた素材があろうが、手を抜けばこのザマなのである。

 再BD化されたことで、『グラディエーター』はようやく、本来期待されていたレベルの画質を実現することができた。かつて怒り狂ったユーザーも私を含め、この出来なら満足したはずだ。

 『グラディエーター』はふざけたBD化によって“BDは高画質”という幻想を打ち砕くと同時に、後に再BD化されるという形で、“BDのクオリティを決めるのは製作側の情熱である”ということも示した。『ロード・オブ・ザリング』や『プレデター』など、似たような例は他にもあるが、話題性や“落胆→救済”の振れ幅の大きさから、それらの代表として『グラディエーター』を選出した。
 この選出は“いい意味”と“悪い意味”の両方の意味を持っている。出来のいいソフトをひたすら羅列するばかりではなく、このようなソフトも存在したということを示すことも、BDの歴史を考えるうえでは非常に重要である。

 そして、この場を借りて、すべてのソフト会社に言いたい。
 「最初から本気を出せ」と。
 もちろん、技術の進歩やノウハウの蓄積によって、以前では成し得なかったクオリティを実現できるようになっての再BD化ならば大いに歓迎する。
 しかし、単なる手抜きや、やっつけ仕事によるBD化は、決して許されるものではない。
 それはユーザーを馬鹿にしているだけではなく、何より作品に対する冒涜に他ならないからだ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

B&W 800 D3 – new 800 diamond series

 ついに発表となった。  画像は公式HPから。  動画まである。

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Badgers And Other Beings

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Badgers

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑