*

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ビバップの元ネタ


画質:6 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

画質について。
前作から大分よくなったものの、ハイビジョンらしい高画質というには一歩及ばない。ようやく評価に“ディティール”という言葉を使えるかなといったレベルである。
全体的な画作りや粒状感に関しては前作と同様。ただし順当に情報量が増えているため、粒状感がディティールの先鋭化という点できちんと仕事できている。
通して見ると画質的には乱高下が激しいが、明るい日中のシーンなどは情報量解像感ともにそこそこ良好であり、シーンを限定すればそれなりの画質は期待できる。
まぁ、高画質と言っても結局は血と銃に目を凝らす以外にすることは無いのだが。
見どころ:
銃創
流血

音質について。
投げ売りにされる屍。
撃った数だけ死体が増えるボーナスゲーム。
全てにおいて前作からパワーアップしたうえに“復讐”というスパイスを振りかけて、今作の音響はシューテムアップ映画として限りなく頂点に君臨するものとなっている。
相変わらずダイアローグはアフレコ臭ぷんぷんだったり、ナローレンジなクサいBGMが背筋をぞくぞくさせたりはするが、とりあえずその辺は前作同様である。
とにかく、銃撃戦に尽きる。
銃弾の数も、死体の数も、音の数も、前作の何倍だろうか?
一発一発が決してないがしろにされていない、どれもこれもが強烈な銃声が縦横無尽にこれでもかと言わんばかりに響き渡る。血を流し、汗を流し、涙を流し、私の部屋が報復の鉄火場へと塗り替えられる。執念と情念が焼き付いた銃声、銃声、また銃声。数えきれない銃の様々な銃声、その多様性を聴き分ける異常な陶酔。ショットガンもハンドガンもサブマシンガンも手榴弾も、みな個性的な音を撒き散らしていて実に愛おしい。鼓膜を震わす発砲音に戦慄き、鉛弾が肉を食い破る感触に怖気さえ覚える。
そして血戦場で頭が蕩けるあの感覚を文章化することの難しさに、私は己の限界を感じている。
聴きどころ:
火薬の量間違ったかな
ノォノォノォノォ……ソォ~リィ~



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

MonkeyMote Version1.6でアプリのアイコンが変わった

 コレから、  コレに。  MonkeyMote 4 foobar2000も同様

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】おすすめのコントロールアプリ

 この記事は随時更新の予定。  コントロールアプリはネットワークオーディオの最後の仕上げ。

記事を読む

リファレンスBD10選・画質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑