*

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ビバップの元ネタ


画質:6 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

画質について。
前作から大分よくなったものの、ハイビジョンらしい高画質というには一歩及ばない。ようやく評価に“ディティール”という言葉を使えるかなといったレベルである。
全体的な画作りや粒状感に関しては前作と同様。ただし順当に情報量が増えているため、粒状感がディティールの先鋭化という点できちんと仕事できている。
通して見ると画質的には乱高下が激しいが、明るい日中のシーンなどは情報量解像感ともにそこそこ良好であり、シーンを限定すればそれなりの画質は期待できる。
まぁ、高画質と言っても結局は血と銃に目を凝らす以外にすることは無いのだが。
見どころ:
銃創
流血

音質について。
投げ売りにされる屍。
撃った数だけ死体が増えるボーナスゲーム。
全てにおいて前作からパワーアップしたうえに“復讐”というスパイスを振りかけて、今作の音響はシューテムアップ映画として限りなく頂点に君臨するものとなっている。
相変わらずダイアローグはアフレコ臭ぷんぷんだったり、ナローレンジなクサいBGMが背筋をぞくぞくさせたりはするが、とりあえずその辺は前作同様である。
とにかく、銃撃戦に尽きる。
銃弾の数も、死体の数も、音の数も、前作の何倍だろうか?
一発一発が決してないがしろにされていない、どれもこれもが強烈な銃声が縦横無尽にこれでもかと言わんばかりに響き渡る。血を流し、汗を流し、涙を流し、私の部屋が報復の鉄火場へと塗り替えられる。執念と情念が焼き付いた銃声、銃声、また銃声。数えきれない銃の様々な銃声、その多様性を聴き分ける異常な陶酔。ショットガンもハンドガンもサブマシンガンも手榴弾も、みな個性的な音を撒き散らしていて実に愛おしい。鼓膜を震わす発砲音に戦慄き、鉛弾が肉を食い破る感触に怖気さえ覚える。
そして血戦場で頭が蕩けるあの感覚を文章化することの難しさに、私は己の限界を感じている。
聴きどころ:
火薬の量間違ったかな
ノォノォノォノォ……ソォ~リィ~



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ライオンズゲートからUHD BDがリリース

Lionsgate Announces First 4K Blu-ray Releases  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第154回『HALO LEGENDS』

画質:8 音質:6 映像はVC-1、音声はドルビーデジタルのみ 画質について。 フ

記事を読む

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選

 毒にも薬にもならないようなランキングを見たところで面白くない。  というわけで私もやる。

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

no image

パシフィック・リムの日本版BDの情報が公開されたわけだが

北米盤 7.1ch 日本盤 5.1ch また劣化か、ワーナー ダークシティのこ

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑