*

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ビバップの元ネタ


画質:6 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

画質について。
前作から大分よくなったものの、ハイビジョンらしい高画質というには一歩及ばない。ようやく評価に“ディティール”という言葉を使えるかなといったレベルである。
全体的な画作りや粒状感に関しては前作と同様。ただし順当に情報量が増えているため、粒状感がディティールの先鋭化という点できちんと仕事できている。
通して見ると画質的には乱高下が激しいが、明るい日中のシーンなどは情報量解像感ともにそこそこ良好であり、シーンを限定すればそれなりの画質は期待できる。
まぁ、高画質と言っても結局は血と銃に目を凝らす以外にすることは無いのだが。
見どころ:
銃創
流血

音質について。
投げ売りにされる屍。
撃った数だけ死体が増えるボーナスゲーム。
全てにおいて前作からパワーアップしたうえに“復讐”というスパイスを振りかけて、今作の音響はシューテムアップ映画として限りなく頂点に君臨するものとなっている。
相変わらずダイアローグはアフレコ臭ぷんぷんだったり、ナローレンジなクサいBGMが背筋をぞくぞくさせたりはするが、とりあえずその辺は前作同様である。
とにかく、銃撃戦に尽きる。
銃弾の数も、死体の数も、音の数も、前作の何倍だろうか?
一発一発が決してないがしろにされていない、どれもこれもが強烈な銃声が縦横無尽にこれでもかと言わんばかりに響き渡る。血を流し、汗を流し、涙を流し、私の部屋が報復の鉄火場へと塗り替えられる。執念と情念が焼き付いた銃声、銃声、また銃声。数えきれない銃の様々な銃声、その多様性を聴き分ける異常な陶酔。ショットガンもハンドガンもサブマシンガンも手榴弾も、みな個性的な音を撒き散らしていて実に愛おしい。鼓膜を震わす発砲音に戦慄き、鉛弾が肉を食い破る感触に怖気さえ覚える。
そして血戦場で頭が蕩けるあの感覚を文章化することの難しさに、私は己の限界を感じている。
聴きどころ:
火薬の量間違ったかな
ノォノォノォノォ……ソォ~リィ~



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / Ordinary Days

・アーティスト / アルバムタイトル toe / Ordinary Days ・購入元 O

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

Nmode X-PM7 導入&外観編

 MAJIK DS-Iからのデジタル出力を受けるためにDAC2 HGCを買ったはいいが、その直後にL

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin IV (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑