*

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

お話はさておき。
映像と音響を浴びるための映画。
まさしくシアターのための映画。

「この艦が沈むもんかよ」
battleship


画質:9 音質:11


映像はAVC、音声はDTS-HD Master Audio

画質について。
昨今の映画として非常によくできた、一目見て「高画質」とわかる画作り。
光量的に「暗い」シーンは全編通じてほとんどなく、刺激的な光と色彩が支配的。
色乗りは濃く、けばけばしい一歩手前で踏みとどまる濃厚さ。著しく鮮やかな空と海、猛烈に健康的な登場人物の血色が印象に残る。
解像感に優れた画で輪郭線は非常にシャープ。とはいうものの、この手の映画にありがちな粒状感の過剰添付は感じられない。小手先の技に頼る必要のない素性の良さがある。
しょっちゅう起きる爆発、閃光が重厚な兵器群に輝きを与え、とにかくダイナミックレンジが広い。
言ってしまえば『トランスフォーマー』シリーズの画そのもの。ただ、被写体は変化に乏しく、ほぼ真昼の海上攻防に終始するため、視覚的なバリエーションはそれほど多くない。
圧縮に関する技術的な問題は特に感じられない。爆裂四散する鉄塊の千切れ飛ぶ破片など、破壊に伴うディティールの奔流も余裕で描き出す。
見どころ:
ミズーリの船内
自走式回転ノコギリ

音質について。
この映画では多くの艦船が登場し、多くの艦載兵器が活躍する。それぞれの兵器がどのような役割を持ち、どのような威力を持つのか、音でもって絶妙に表現されている。
対空気銃、駆逐艦の艦砲、ミサイル、敵さんの投擲爆雷(?)、そしてミズーリの40.6センチ主砲、さらにはどういう意図で作られたのかまったくわからない(褒め言葉)謎の自走式回転ノコギリ。つまるところ、“駆逐艦”の艦砲と、“戦艦”の主砲の威力はまったく違うという事実が、音でもって表現されているのである。作品上の演出とは思うが、前者が精々「でかい銃」程度の音しかしないのに対し、後者はまさしく桁違い、作中における最強の音である。画面を揺らし、鼓膜を震わし、魂を打つ勇壮なる咆哮である。
もうひとつ白眉なのが、自走式回転ノコギリ。
構造的に内部で色々ぎちぎちがちがちと回転しているようで、それ自体非常にやかましい。そしてやかましく突っ走りながら、ヘリやら橋やら船やらにぶちあたっては滅茶苦茶にぶちこわしていく。音数の多さという点では作中最大の逸材で、これでもかというほど全チャンネルに破砕音を撒き散らしながら走り抜ける。どうもこの映画、ミサイルのようなある種のハイテク兵器ではなく、“砲”とかノコギリとかパンチとか、そういう質量兵器の活躍が目立つ。
血沸き肉踊る壮烈な音、と言っていいだろう。
基本的に、でかい。
そしてでかいだけでなく、芸が細かい。盛りだくさんの爆発も大味にはならずに、吹き飛ぶ瓦礫や破片にもきちんと音が付けられている。サラウンドの活用も終始全開であり、威力と繊細さが同居した音はホームシアターの夢を叶えてくれる。
聴きどころ:
過去に恐竜的進化を遂げた超弩級戦艦と敵性宇宙人の巨大兵器との激突
自走式回転ノコギリ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第7回『300』

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!! 画質:9→1

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 無限の資金力があればコレ一択。  しかし現実は厳しい。  とりあえず、 ・SC-

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

 この記事で言う「単体プレーヤー」とは、「オーディオ機器として売られているネットワークオーディオプレ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Audirvana Plusのコントロールアプリ 『A+ Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが

記事を読む

サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選

 【BDレビュー】300回到達 & UHD BDローンチ記念。  この記事における「シュー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑