*

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

お話はさておき。
映像と音響を浴びるための映画。
まさしくシアターのための映画。

「この艦が沈むもんかよ」
battleship


画質:9 音質:11


映像はAVC、音声はDTS-HD Master Audio

画質について。
昨今の映画として非常によくできた、一目見て「高画質」とわかる画作り。
光量的に「暗い」シーンは全編通じてほとんどなく、刺激的な光と色彩が支配的。
色乗りは濃く、けばけばしい一歩手前で踏みとどまる濃厚さ。著しく鮮やかな空と海、猛烈に健康的な登場人物の血色が印象に残る。
解像感に優れた画で輪郭線は非常にシャープ。とはいうものの、この手の映画にありがちな粒状感の過剰添付は感じられない。小手先の技に頼る必要のない素性の良さがある。
しょっちゅう起きる爆発、閃光が重厚な兵器群に輝きを与え、とにかくダイナミックレンジが広い。
言ってしまえば『トランスフォーマー』シリーズの画そのもの。ただ、被写体は変化に乏しく、ほぼ真昼の海上攻防に終始するため、視覚的なバリエーションはそれほど多くない。
圧縮に関する技術的な問題は特に感じられない。爆裂四散する鉄塊の千切れ飛ぶ破片など、破壊に伴うディティールの奔流も余裕で描き出す。
見どころ:
ミズーリの船内
自走式回転ノコギリ

音質について。
この映画では多くの艦船が登場し、多くの艦載兵器が活躍する。それぞれの兵器がどのような役割を持ち、どのような威力を持つのか、音でもって絶妙に表現されている。
対空気銃、駆逐艦の艦砲、ミサイル、敵さんの投擲爆雷(?)、そしてミズーリの40.6センチ主砲、さらにはどういう意図で作られたのかまったくわからない(褒め言葉)謎の自走式回転ノコギリ。つまるところ、“駆逐艦”の艦砲と、“戦艦”の主砲の威力はまったく違うという事実が、音でもって表現されているのである。作品上の演出とは思うが、前者が精々「でかい銃」程度の音しかしないのに対し、後者はまさしく桁違い、作中における最強の音である。画面を揺らし、鼓膜を震わし、魂を打つ勇壮なる咆哮である。
もうひとつ白眉なのが、自走式回転ノコギリ。
構造的に内部で色々ぎちぎちがちがちと回転しているようで、それ自体非常にやかましい。そしてやかましく突っ走りながら、ヘリやら橋やら船やらにぶちあたっては滅茶苦茶にぶちこわしていく。音数の多さという点では作中最大の逸材で、これでもかというほど全チャンネルに破砕音を撒き散らしながら走り抜ける。どうもこの映画、ミサイルのようなある種のハイテク兵器ではなく、“砲”とかノコギリとかパンチとか、そういう質量兵器の活躍が目立つ。
血沸き肉踊る壮烈な音、と言っていいだろう。
基本的に、でかい。
そしてでかいだけでなく、芸が細かい。盛りだくさんの爆発も大味にはならずに、吹き飛ぶ瓦礫や破片にもきちんと音が付けられている。サラウンドの活用も終始全開であり、威力と繊細さが同居した音はホームシアターの夢を叶えてくれる。
聴きどころ:
過去に恐竜的進化を遂げた超弩級戦艦と敵性宇宙人の巨大兵器との激突
自走式回転ノコギリ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Adele / Skyfall – Single

・アーティスト / アルバムタイトル Adele / Skyfall - Single ・購

記事を読む

【音源管理の精髄】 スキャンと画像編集 【ネットワークオーディオTips】

 スキャン。  最も高解像度のアルバムアートを得る最も確実な方法。  さっそくスキャンしよう

記事を読む

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。  何度同じことを書いたかわからない。  LUMIN A1を導入

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

続・別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……  NetAudio vol.24を読んでいると、と

記事を読む

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

マランツ・NA-11登場記念 ネットワークオーディオの現在と未来を考える

※この記事は2013年2月5日に書かれたものです マランツ、60周年記念のUSB-DAC/

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑