*

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

BDチャッピー

画質:11
音質:13


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 ポストHD、あるいは4Kレディ時代における“普通の”画。
 すなわち、HD時代における超高画質。
 画質はシーンによって全体的にムラがあるものの、ピタリとハマるシーンでは恐るべき解像感と実体感が画面に映し出される。情報量の不足はまったくなし。
 粒状感でもって見かけの情報量を増やすということもない。パッと見、あれこれと考える必要なく素直に「高画質!」と感動し得る。
 チャッピーに偽物感がまるでしない。
 
○見どころ
 チャッピーとギャングファッション
 スリケンを投げるチャッピー


○音質
 最初と最後を除き、映画の大部分をアクションではなくドラマが占めているため、音響的に派手な映画かと言われれば必ずしもそうではない。
 しかし、その最初の時点で、あるいは中盤の銃撃訓練シーンで、本作の音響がダイナミズムにおいても妥協のないことが分かる。クライマックスのアクションシーンでは、溜まりに溜まった鬱憤を吹き飛ばしてあまりある凄まじい音響をとことん味わうことができる。
 チャッピーの駆動音や電子音声などの細かい部分も実に芸達者。機械の体を持った知性の存在を強く印象付ける。
 特徴的な(?)音楽もマルチチャンネルをしっかり生かして各シーンに花を添えている。
 総じて非常に完成度が高い。

○聴きどころ
 対二足戦車


○総評
 エリジウムはいったい何だったんだと思うくらいの快作。
 舞台や展開からして第9地区を強烈に想起させるが、監督の撮りたい映画というのがつまるところこういうものなのだろう。
 それにしても、ニール・ブロムカンプという監督は「人間ではない人型」のアクションを撮ると人が変わったように生き生きするようだ。エリジウムがイマイチだった最大の理由がここにある気がする。「強化外骨格を装着した人間」と「人型ロボット」じゃあ画面の躍動感がまるで違うもの。
 BDとしてのクオリティも文句なし。
 ちなみに北米盤ではきちんとアメリカがちぎれる。

 エイリアンの新作も楽しみだ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Nimitra C

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑