*

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

BDチャッピー

画質:11
音質:13


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 ポストHD、あるいは4Kレディ時代における“普通の”画。
 すなわち、HD時代における超高画質。
 画質はシーンによって全体的にムラがあるものの、ピタリとハマるシーンでは恐るべき解像感と実体感が画面に映し出される。情報量の不足はまったくなし。
 粒状感でもって見かけの情報量を増やすということもない。パッと見、あれこれと考える必要なく素直に「高画質!」と感動し得る。
 チャッピーに偽物感がまるでしない。
 
○見どころ
 チャッピーとギャングファッション
 スリケンを投げるチャッピー


○音質
 最初と最後を除き、映画の大部分をアクションではなくドラマが占めているため、音響的に派手な映画かと言われれば必ずしもそうではない。
 しかし、その最初の時点で、あるいは中盤の銃撃訓練シーンで、本作の音響がダイナミズムにおいても妥協のないことが分かる。クライマックスのアクションシーンでは、溜まりに溜まった鬱憤を吹き飛ばしてあまりある凄まじい音響をとことん味わうことができる。
 チャッピーの駆動音や電子音声などの細かい部分も実に芸達者。機械の体を持った知性の存在を強く印象付ける。
 特徴的な(?)音楽もマルチチャンネルをしっかり生かして各シーンに花を添えている。
 総じて非常に完成度が高い。

○聴きどころ
 対二足戦車


○総評
 エリジウムはいったい何だったんだと思うくらいの快作。
 舞台や展開からして第9地区を強烈に想起させるが、監督の撮りたい映画というのがつまるところこういうものなのだろう。
 それにしても、ニール・ブロムカンプという監督は「人間ではない人型」のアクションを撮ると人が変わったように生き生きするようだ。エリジウムがイマイチだった最大の理由がここにある気がする。「強化外骨格を装着した人間」と「人型ロボット」じゃあ画面の躍動感がまるで違うもの。
 BDとしてのクオリティも文句なし。
 ちなみに北米盤ではきちんとアメリカがちぎれる。

 エイリアンの新作も楽しみだ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第203回『ナインスゲート』

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXの

記事を読む

【レビュー】DELA N1Z ― 音楽の座

DELA N1Z 来たる 運用編 サーバーソフト編 音質編 USB DAC接続機能を試したか

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑