*

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:小


○画質
 太陽の下で行軍する兵士たちなど、明るいシーンでの人物描写は卓越した解像感がありギョッとする。
 が、見るべきものと言えばそれくらいで、あとは情報量にも解像感にも欠けるどんよりしたシーンが多い。
 モンスターは作り物感炸裂ながら、そこに目を瞑れば実写との絡みはそれほど悪くない。

○見どころ
 荒野の兵士


○音質
 うるせえ!!!
 トップスピーカーの活用は「包囲」を通り越してもはや「充満」というレベルで、モンスターを見上げて対峙するシーンなど、鳴る時はもう蛇口が壊れたかの如く絶叫する。サブウーファーもやたらめったら轟くのでヤケクソ気味な音「圧」体験が可能。いわば『プライベート・ライアン』以前の包囲圧殺音響のノリをトップスピーカー込みでさらに過剰にしてみました的なアレで、オブジェクト効果がどうこうとはまったく別物である。
 銃撃戦も音圧の異様な高さは相変わらず。気の抜けた銃声を聴かされるよりは100万倍良いのだが、過剰感、やりすぎ感が漂う。ただしそれなりにマルチチャンネル・サラウンドによる空間表現もあるため、ひたすらでかい音でゴリ押すというわけでもない。
 「音のでかさ」≒「迫力」ではあっても「音のでかさ」≠「音質」なので、突き抜けた高評価を付けるのは躊躇われた。

○聴きどころ
 イスの大いなる種族とクトゥルフを足して二で割ったようなモンスター
 銃撃戦


○総評
 映像と音響はそれなりに楽しめるが、話は……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第157回『第9地区』 北米盤

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第137回『2001年 宇宙の旅』

画質:8 無限の彼方:10☆ 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHD。ビット

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

LUMIN A1を試す・動作編

導入編  今回試用したLUMIN A1は御厚意により手配していただいた試聴機であり、また試

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』とは何か? 【ネットワークオーディオTips】

 タグ。  PCオーディオとネットワークオーディオの両方、特にネットワークオーディオの文脈で語られ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑