*

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

言いたいことは腐るほどある。

そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、
なんでラストバトルを夜にしなかったんだとか、
ゆりね様かわいいとか、
主役の声はいいけどどうしようもなく棒だとか、
いつの間にか「凝りまくって尖りまくった映像作品」から「ポストエフェクトが物凄く豪華な作画アニメ」に趣向が変わってんじゃねーかとか、
しまいにゃ3D鴉が全然アクション担当させてもらえてねーじゃねーかとか、
コンポジットがところどころ妙だとか、
正直言ってやっぱり脚本がうさんくせえとか。

色々あるが、とにかくこの作品と出会わなければ私はオーディオビジュアルに目覚めることも無かった。
一話の冒頭の七分、そこから全てが始まった。
ついにその原点に、BDをもって回帰したのだ。


画質:8 音質:11


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの6.1ch(サラウンドEXなのでディスクリートではない模様)、24bit!

画質について。
全編に渡って“すりガラスフィルター”というべきフィルターが画面にかかっている。ソフトフォーカス、軟質な輪郭線、うっすらとしたグレインがその特徴である。それにより、鴉の画はいかにもデジタルアニメ然とした、透徹鋭利な画とは一線を画している。そのことがプラスに働くかマイナスに働くかはさておき、監督が意図したであろうところの“古臭さ≒レトロ”な感覚を出すことには成功している。
すりがらすフィルターのおかげもあってか、マッハバンドも非常に少なく抑えられており、視聴の妨げになることはまず無い。
惜しむらくは、スチームボーイやイノセンスに見られたような、DVDからBDになった時の歴然たる画の向上が見られなかったこと。理由としては何度も言うようにすりがらすフィルターの存在(DVDの時はフィルターの存在がそれほど気になることはなかった)や、BDになって露見した3DCGI部の解像度不足、映像製作における引き算の美学など。
それでもなお、DVDで何百回と見返してきた映像の中に、新たなディティールを何度も何度も何度も見つけ出すことが出来る、その喜びは十二分に享受できる。

音質について。
日本のアニメ作品で、鴉以上に音響製作を凝り抜いた作品を私は知らない。
特に、というより主に一話の冒頭の七分間。この七分間は、映像としての大いなる飛躍もさることながら、音響効果のあまりの素晴らしさにおいても伝説となるべきである。
点、線、面、この三要素を縦横無尽に駆使した絶後のマルチチャンネル・サラウンドである。
BD化によって、DVDに比べてあと一歩の鋭さと重厚さが加わり、実に聴き応えのある音となっている。
残念ながらダイナミックレンジや瞬間的な威力においては目を目張るようなものは無いが、サウンド・エフェクト、サラウンド・デザインは途方も無く素晴らしく、血沸き肉踊る音響を味わえることに変わりは無い。

日本も捨てたもんじゃない。
たった一度でも、映像そのものに心躍った経験のある方々には是非見ていただきたい。
正直脚本はうさんくさい。それは間違いない。
それでも、この作品は私の魂をどうしようもなくぶるぶるびくびく震わせてしまった。
この視聴記を書き始めて二年以上、初めて明確に、本文においてこの作品をお勧めしよう。





出会えてよかった



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【音源管理の精髄】 「アルバムの曲順がおかしい」という問題について 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクベースの時代、アルバムの曲順が狂う余地などなかった。  アルバムの曲順はCDというメディ

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

LUMIN A1を試す・音質編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編  LUMIN THE

記事を読む

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑