*

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

言いたいことは腐るほどある。

そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、
なんでラストバトルを夜にしなかったんだとか、
ゆりね様かわいいとか、
主役の声はいいけどどうしようもなく棒だとか、
いつの間にか「凝りまくって尖りまくった映像作品」から「ポストエフェクトが物凄く豪華な作画アニメ」に趣向が変わってんじゃねーかとか、
しまいにゃ3D鴉が全然アクション担当させてもらえてねーじゃねーかとか、
コンポジットがところどころ妙だとか、
正直言ってやっぱり脚本がうさんくせえとか。

色々あるが、とにかくこの作品と出会わなければ私はオーディオビジュアルに目覚めることも無かった。
一話の冒頭の七分、そこから全てが始まった。
ついにその原点に、BDをもって回帰したのだ。


画質:8 音質:11


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの6.1ch(サラウンドEXなのでディスクリートではない模様)、24bit!

画質について。
全編に渡って“すりガラスフィルター”というべきフィルターが画面にかかっている。ソフトフォーカス、軟質な輪郭線、うっすらとしたグレインがその特徴である。それにより、鴉の画はいかにもデジタルアニメ然とした、透徹鋭利な画とは一線を画している。そのことがプラスに働くかマイナスに働くかはさておき、監督が意図したであろうところの“古臭さ≒レトロ”な感覚を出すことには成功している。
すりがらすフィルターのおかげもあってか、マッハバンドも非常に少なく抑えられており、視聴の妨げになることはまず無い。
惜しむらくは、スチームボーイやイノセンスに見られたような、DVDからBDになった時の歴然たる画の向上が見られなかったこと。理由としては何度も言うようにすりがらすフィルターの存在(DVDの時はフィルターの存在がそれほど気になることはなかった)や、BDになって露見した3DCGI部の解像度不足、映像製作における引き算の美学など。
それでもなお、DVDで何百回と見返してきた映像の中に、新たなディティールを何度も何度も何度も見つけ出すことが出来る、その喜びは十二分に享受できる。

音質について。
日本のアニメ作品で、鴉以上に音響製作を凝り抜いた作品を私は知らない。
特に、というより主に一話の冒頭の七分間。この七分間は、映像としての大いなる飛躍もさることながら、音響効果のあまりの素晴らしさにおいても伝説となるべきである。
点、線、面、この三要素を縦横無尽に駆使した絶後のマルチチャンネル・サラウンドである。
BD化によって、DVDに比べてあと一歩の鋭さと重厚さが加わり、実に聴き応えのある音となっている。
残念ながらダイナミックレンジや瞬間的な威力においては目を目張るようなものは無いが、サウンド・エフェクト、サラウンド・デザインは途方も無く素晴らしく、血沸き肉踊る音響を味わえることに変わりは無い。

日本も捨てたもんじゃない。
たった一度でも、映像そのものに心躍った経験のある方々には是非見ていただきたい。
正直脚本はうさんくさい。それは間違いない。
それでも、この作品は私の魂をどうしようもなくぶるぶるびくびく震わせてしまった。
この視聴記を書き始めて二年以上、初めて明確に、本文においてこの作品をお勧めしよう。





出会えてよかった



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑