*

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

言いたいことは腐るほどある。

そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、
なんでラストバトルを夜にしなかったんだとか、
ゆりね様かわいいとか、
主役の声はいいけどどうしようもなく棒だとか、
いつの間にか「凝りまくって尖りまくった映像作品」から「ポストエフェクトが物凄く豪華な作画アニメ」に趣向が変わってんじゃねーかとか、
しまいにゃ3D鴉が全然アクション担当させてもらえてねーじゃねーかとか、
コンポジットがところどころ妙だとか、
正直言ってやっぱり脚本がうさんくせえとか。

色々あるが、とにかくこの作品と出会わなければ私はオーディオビジュアルに目覚めることも無かった。
一話の冒頭の七分、そこから全てが始まった。
ついにその原点に、BDをもって回帰したのだ。


画質:8 音質:11


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの6.1ch(サラウンドEXなのでディスクリートではない模様)、24bit!

画質について。
全編に渡って“すりガラスフィルター”というべきフィルターが画面にかかっている。ソフトフォーカス、軟質な輪郭線、うっすらとしたグレインがその特徴である。それにより、鴉の画はいかにもデジタルアニメ然とした、透徹鋭利な画とは一線を画している。そのことがプラスに働くかマイナスに働くかはさておき、監督が意図したであろうところの“古臭さ≒レトロ”な感覚を出すことには成功している。
すりがらすフィルターのおかげもあってか、マッハバンドも非常に少なく抑えられており、視聴の妨げになることはまず無い。
惜しむらくは、スチームボーイやイノセンスに見られたような、DVDからBDになった時の歴然たる画の向上が見られなかったこと。理由としては何度も言うようにすりがらすフィルターの存在(DVDの時はフィルターの存在がそれほど気になることはなかった)や、BDになって露見した3DCGI部の解像度不足、映像製作における引き算の美学など。
それでもなお、DVDで何百回と見返してきた映像の中に、新たなディティールを何度も何度も何度も見つけ出すことが出来る、その喜びは十二分に享受できる。

音質について。
日本のアニメ作品で、鴉以上に音響製作を凝り抜いた作品を私は知らない。
特に、というより主に一話の冒頭の七分間。この七分間は、映像としての大いなる飛躍もさることながら、音響効果のあまりの素晴らしさにおいても伝説となるべきである。
点、線、面、この三要素を縦横無尽に駆使した絶後のマルチチャンネル・サラウンドである。
BD化によって、DVDに比べてあと一歩の鋭さと重厚さが加わり、実に聴き応えのある音となっている。
残念ながらダイナミックレンジや瞬間的な威力においては目を目張るようなものは無いが、サウンド・エフェクト、サラウンド・デザインは途方も無く素晴らしく、血沸き肉踊る音響を味わえることに変わりは無い。

日本も捨てたもんじゃない。
たった一度でも、映像そのものに心躍った経験のある方々には是非見ていただきたい。
正直脚本はうさんくさい。それは間違いない。
それでも、この作品は私の魂をどうしようもなくぶるぶるびくびく震わせてしまった。
この視聴記を書き始めて二年以上、初めて明確に、本文においてこの作品をお勧めしよう。





出会えてよかった



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第141回『グラン・トリノ』

浄化、カタルシス 画質:10 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUE

記事を読む

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。  これだけでは「へー」以

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。  一気に賑やかになった。  

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。  一年半前、「ただ座して待っているつ

記事を読む

Roon 1.2

“総合音楽鑑賞ソフト”「Roon」のバージョン1.2が公開 - 機能を大幅に強化。iPhone用Ap

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『スターシップ・トゥルーパーズ』がUHD BD化

凶悪4Kバグ襲来 『スターシップ・トゥルーパーズ』 (4K UHD B

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑