*

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

怪奇蜘蛛男
   VS.
恐怖翠悪鬼


ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフライングレビューと洒落込む……はずが、急な外出のために結局間に合わなかった……日付け変わっちまった\(^o^)/

気を取り直して、はてさて、近年のメガヒットトリロジーは果たしてBDの起爆剤になるのでしょうか?


画質:9+ 音質:9


映像はAVCでビットレートは千変万化。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは2.0Mbps前後。

画質について。
とりあえず、“今まで見たことの無い”画作りでした。
カラーコレクトというほどカラーコレクトされているわけではない、だけど力強い、それでいて不自然ではない発色。輪郭強調というほど輪郭強調されていない、だけどくっきりはっきりと役者が背景から浮かび上がる。“つるつる”というほどでも“ざらざら”というわけでもなく、フィルムグレインをしっかり乗せながらも全体としてはクリアな映像。色んな要素が相まって、今までに見たことの無い不思議な立体感のある画作りでした。ちょっと巧い言葉が見つからんです。強いて言うなら“しっとり”でしょうか。
2002年製作の映画であって、流石に最近の映画の超高画質ソフト(007とか海賊とか)比べれば総合的な画質では劣ります。場面場面によって画質のばらつきもそれなりにあるようです。しかし、それが9+なんぞという中途半端な点数をつけた理由でもあります。場面によっては、本当の意味で“今まで見たことの無い”超絶的な高画質が拝めることがあります。それこそ、透明な窓からその世界を覗き込んだかのような圧倒的な実在感があります。そんな超絶画質の場面が終始続けばそれこそ海賊2ですら裸足で逃げ出すような評価になったでしょうが、前述の通りばらつきがあるのでそうもいきません。+部分はそんな超絶画質に対する評価です。
それにしても、うちに液晶じゃまたしても盛大に黒潰れがおきます。闇夜を征くスパイダーマン\(^o^)/オワタ

音質について。
ドルビーTRUEHDでの収録になります。
ソニーピクチャーズが日本で発売されているソフトとしては初めてドルビーTRUEHDを採用したソフトではないでしょうか。AV評論家の皆様はそのことで大いに沸いているようですが、私にしてみりゃリニアPCMの方がよっぽどいいです。実際、蜘蛛男のドルビーTRUEHDも音質評価10をつけるには及びません。やはりリニアPCMとの間には越えられない壁があるように思います。
あと、ちょっと意外にも音響はそれほど派手ではありません。傾向としては300に近いように思いました。BGMをしっかり鳴らすということが念頭に置かれている感じです。派手ではないといっても地味というわけでもなく、激しいアクションシーンではしっかりと血沸き肉踊る音の津波を味わうことが出来ます。なんというか、派手というより茶目っ気のある音響なんですよね。

画質音質と見てきて、2002年製作の映画にして最高クラスのクオリティを誇ります。一作目でこれですから、予算も増え、技術も進歩した二作目三作目が一体どれほどのものになっているのか非常に期待できます。
ちなみに蜘蛛男三部作のBDはBOX仕様で完全限定生産、単品版の発売もいつになるか分からない原状ですので買うなら今のうちです。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

【BDレビュー】第250回『おおかみこどもの雨と雪』

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 24bit

記事を読む

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・追記】 【考察】

記事を読む

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM ステレオ 24bit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

【BDレビュー】 第235回『もののけ姫』

ギルガメシュ叙事詩 画質:9☆ 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑