*

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

公開日: : 最終更新日:2015/12/27 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDスカイフォール


画質:15
音質:15


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 カジノロワイアルのエレガントさと、慰めの報酬の解像感を両立し、しとやかなグレインをまぶしつつ透明感に溢れた、BDの完成形と言って差し支えない画。
 カジノロワイアル、慰めの報酬、そしてスカイフォール。撮影機材の進化とBDの画質の進化を目の当たりにするかのようだ。慰めの報酬のゴリゴリ志向とは異なり本作は透明感志向なので、万人にとって馴染のいい高画質となっている。
 潤沢極まる情報量が支えるクローズアップ時の迫真の表情、澄み渡る闇と夜景の輝き、スコットランドの静謐な空気感など、あらゆるシーンで目を奪われる。
 
○見どころ
 すべて


○音質
 素晴らしい映像にまったく引けを取らない素晴らしい音。
 力強さと繊細さの同居するダイアローグ、ストレスなく朗々と鳴る劇伴、鮮烈かつ強靭な銃声、MI6もボンドの実家も大爆発。おおよそアクション映画に必要とされるすべての要素を極めて高い次元で実現しており、マルチチャンネルの活用も終始絶頂を維持する。
 アデルによるオープニング「スカイフォール」も、「サラウンドで聴く音楽」の精華と言えるものだ。
 ただひたすら満足である。 

○聴きどころ
 オープニング
 シルバの脱走→Mによる詩の引用→ボンド到着の一連のシーン
 本気で殺しにいくホームアローン


○総評
 カジノロワイアルはSPEが圧縮コーデックに初めてAVCを採用した作品であり、その後のBDの画質の進化を決定付けた記念碑的作品でもある。その後慰めの報酬、そしてスカイフォールと、ダニエル・クレイグ主演の007はBDの進化をまざまざと見せ付けてくれた。アメイジングが二本ともそこまでではない蜘蛛男とは大違いである。
 スペクターが楽しみだ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

【BDレビュー】第129回『007 慰めの報酬』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Keith Jarrett / The Koln Concert

・アーティスト / アルバムタイトル Keith Jarrett / The Koln Conce

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 北米盤

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』 画質:12 (画質はHD環境・B

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン2』 画質:11 (画質は

記事を読む

【BDレビュー】第323回『ブリッジ・オブ・スパイ』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑