*

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch advanced 96k upsampling


○画質
 『オブリビオン』的な、被写体との間に不純物が一切介在しないかのような凄まじい解像感と透明感に加え、『007 スカイフォール』的な、静謐にして淑やかな空気感を備えた凄まじい画。
 数多登場する絵画やら美術工芸品やら建物の内装やら、あらゆる部分に膨大なディテールが備わっている。特に絵画は表面の凹凸まで浮き彫りにし、細部に神が宿っている。
 極まった高画質で、存在自体が美しいものを見るという愉悦。
 人物絡みの描写も最上級。衣服の質感は繊維の一本一本まで見えるほど克明であり、ハイライトが白飛び一歩手前で粘る人肌の表現は、人物描写に言い知れぬ緊張感を常に付加する。
 息詰まる豪華絢爛。凄いものを見た。

○見どころ
 数多の美術品


○音質
 良すぎる。
 まず劇伴が音楽として良すぎる。そして音も極めてオーディオ的に良すぎる。さらに凄まじくアグレッシブにマルチチャンネルが活用されている。恐ろしく繊細にして存在感際立つストリングスからコーラスに到るまで、例えばレフト→サラウンドレフト→サラウンドライト→ライトという具合にぐるっと動き回るなんてのはちょっと体験したことがない。
 ダイアローグも良すぎる。声は重みと渋みと湿り気を湛えた抜群の質感で、聴く者の感情を揺り動かす迫真性を持っている。さらにサラウンドの活用まで抜群に巧い。壁越しの会話ではカメラワークに応じて声の位置も変わるとともに、マルチチャンネルを駆使した残響や反響の表現により素晴らしい空間性を生み出している。
 効果音も徹底的に練り込まれ、ひとつひとつ丁寧に積み重ねることで作品世界の構築に大きく寄与している。とあるカメラワークで歯車式の時計が右後方にあるなら、当たり前のように音もそこから鳴る。空間構築に一切の妥協なし。
 旨いし巧い。アクション映画のドンパチとはまた別のベクトルで極大の絶対値を持っている。
 素晴らしい。

○聴きどころ
 あらゆる劇伴
 あらゆるダイアローグ
 歯車


○総評
 【BDレビュー】で画質も音質も評価が完全にオーバーフローしてしまっている昨今にあって、なお久々に出会った超々優秀盤。実写作品のBDにおけるギャガの盤石さはアニメ作品におけるディズニーと双璧を成すと言ってもいい。いくら褒めても足りないくらいだ。
 それにしてもこの作品、展開が上手なのに加えて俳優陣の圧巻の演技、豪華な映像のおかげで見ている最中はさして気にならないが、話の前提に無理があるような……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Fourplay / Fourplay

・アーティスト / アルバムタイトル Fourplay / Fourplay ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオ】続・DSDを配信可能なサーバー

 こんなことを書くのは非常に大人げないとは思いつつも、信じ難いことが立て続けにあったために我慢できな

記事を読む

【イベントレポート】オーディオラボオガワ KITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーディオ講座

 去る3月14日、山形のオーディオラボオガワでKITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーデ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第231回『紅の豚』

画質:9 AVC ラピュタ以降、耳をすませばで、ジブリにおけるフィルム作品のBD化は完成された

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第175回『レッド・ドラゴン』

画質:8 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 - Phile-web

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑