*

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

BDカジノロワイアル
写真は後年のBOXセットのもの


【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』


 今ではもはや確認する必要もないほどに、BDの映像コーデックにはMPEG-4 AVC(以下AVC)が採用されているが、BDが登場して間もない2006年終盤~2007年初頭、映像コーデックはMPEG-2、VC-1、そしてAVCの三つ巴状態だった。
 VC-1にせよAVCにせよ、いわゆる次世代光ディスクの登場とともに俄かに存在を聞くようになった(少なくともユーザーにとっては)目新しいコーデックであり、従来から使われていたMPEG-2に比べて2倍程度の圧縮効率を実現できる=高画質を実現できるということで話題になっていた。
 ところが、最初期のBDソフト群の中で最も高画質を実現していたコーデックは、たびたび述べてはいるがMPEG-2だった。たとえばAVC収録ということで喧伝され、(ごく一部で)話題になった『X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン』よりも、MPEG-2収録の『キングダム・オブ・ヘブン』の方がよほど高画質だったのである。
 このことにはいくつかの原因が考えられるが、第一に撮影時点での、すなわちマスターでの画質はもちろん、それ以上に“手慣れたMPEG-2”と“手探り状態でノウハウを蓄積していたAVC”の差が大きかったのだろう。実際、ソフト会社としても、例えばSPE(ソニーピクチャーズ)は最初期のソフトは基本的にMPEG-2収録だったのに対し、20世紀FOXは積極的にAVC収録を採用するなど、姿勢に差が見られた。最終的にMPEG-2とAVCのどちらを採用するのが“その時点で”高画質に仕上げられるのか、会社ごとに判断が分かれた格好である。

 そして、今回紹介するのが『007 カジノ・ロワイアル』である。
 作品の知名度やクオリティからして、カジノ・ロワイアルは当時のSPE、あるいはHD-DVDと戦争状態にあったBD陣営にとって“キラー・タイトル”となるソフトだった。なんせ、作中に登場するホテルの監視カメラの録画システムにSonyのBDレコーダーが使われているくらいである。面白すぎる。
 そんな重要なソフトをリリースするにあたり、SPEは映像コーデックにAVCを採用した。
 これは一大事件だった。
 BDの立ち上げからある程度の期間、基本的にMPEG-2収録のソフトをリリースしてきたSPEが、主力タイトルでAVCを採用したのである。これはSPE自身が、「既にAVCの方がMPEG-2よりも高画質を実現できる」と判断したということに他ならない。ソフトには採用せずとも、当然内々ではAVCの扱いに関して研究やノウハウの蓄積をしてきたであろうSPEのこの決断に、当時の私は人知れず大いに注目していた。

 こうして発売されたBDは、大方の期待を上回って余りある、素晴らしい高画質を我々に提示した。
 映像ソフトはここまで綺麗になるのか、と当時の私は素直に感激し、感動した。その感動がどれくらい大きかったというと、今なお続いている【BDレビュー】の評価軸を決めるうえで、『007カジノ・ロワイアル』の画質をもって“満点”としたくらいである。
 画質的に、輝かしく色彩豊かなシーンと、透明感ある闇のシーンをひとつの映画の中で両立させるのは今でも難しい。それを『007カジノ・ロワイアル』はいとも簡単にやり遂げてみせた。“完璧”である。
 しかし、忘れてはならないのは、その高画質を実現したのは“AVCを採用したから”ではないということだ。
 AVC以前から連綿と積み重ねられてきたMPEG-2のノウハウや、撮影機材の進歩、マスター時点での画質の向上、そしてなにより、「より高画質なBDを実現しよう!」という製作側の“情熱”があったからこそ、それらの到達点としてAVCが採用され、『007カジノ・ロワイアル』のBDは、歴史に残る高品位ソフトとして結実したのである。オーディオ・ビジュアルの世界においては、どれだけ技術が進歩しようと、最終的なクオリティを決定づけるのはいつだってこの“情熱”だということを、『007カジノ・ロワイアル』のBDは教えてくれている。

 これ以降、SPEは本格的にAVC収録へと舵を切ることになり、その選択は後の『スパイダーマン』シリーズのBDBOXで大きく報われることになる。
 SPE以外のソフト会社も、だいたいこの辺りからAVC収録が主流になっていった感がある。
 AVCの可能性を示し、BDのさらなる高画質への道を切り開いたという意味で、『007カジノ・ロワイアル』は間違いなくAV史に残る記念碑的なBDと言える。

 この記事では基本的に画質面ばかり述べてきたが、『007カジノ・ロワイアル』は音質面でも素晴らしいものを提示してくれている。これもまた、この作品の音をもって【BDレビュー】の音質評価“満点”を設定したくらいである。
 ダニエル・クレイグの007シリーズはどれもこれも面白くて大好きだが、個人的にオープニングの出来はカジノ・ロワイアルが圧倒的に優れていると思う。


 画質的にも音質的にも見どころ聴きどころ満載にして、特に画質面では新時代の幕開けをも感じさせたBDである。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Conductorは良く出来たアプ

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v=fXlbhVVB7BU

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』 ・使用したサーバー機器 PC(Wi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑