*

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

BDカジノロワイアル
写真は後年のBOXセットのもの


【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』


 今ではもはや確認する必要もないほどに、BDの映像コーデックにはMPEG-4 AVC(以下AVC)が採用されているが、BDが登場して間もない2006年終盤~2007年初頭、映像コーデックはMPEG-2、VC-1、そしてAVCの三つ巴状態だった。
 VC-1にせよAVCにせよ、いわゆる次世代光ディスクの登場とともに俄かに存在を聞くようになった(少なくともユーザーにとっては)目新しいコーデックであり、従来から使われていたMPEG-2に比べて2倍程度の圧縮効率を実現できる=高画質を実現できるということで話題になっていた。
 ところが、最初期のBDソフト群の中で最も高画質を実現していたコーデックは、たびたび述べてはいるがMPEG-2だった。たとえばAVC収録ということで喧伝され、(ごく一部で)話題になった『X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン』よりも、MPEG-2収録の『キングダム・オブ・ヘブン』の方がよほど高画質だったのである。
 このことにはいくつかの原因が考えられるが、第一に撮影時点での、すなわちマスターでの画質はもちろん、それ以上に“手慣れたMPEG-2”と“手探り状態でノウハウを蓄積していたAVC”の差が大きかったのだろう。実際、ソフト会社としても、例えばSPE(ソニーピクチャーズ)は最初期のソフトは基本的にMPEG-2収録だったのに対し、20世紀FOXは積極的にAVC収録を採用するなど、姿勢に差が見られた。最終的にMPEG-2とAVCのどちらを採用するのが“その時点で”高画質に仕上げられるのか、会社ごとに判断が分かれた格好である。

 そして、今回紹介するのが『007 カジノ・ロワイアル』である。
 作品の知名度やクオリティからして、カジノ・ロワイアルは当時のSPE、あるいはHD-DVDと戦争状態にあったBD陣営にとって“キラー・タイトル”となるソフトだった。なんせ、作中に登場するホテルの監視カメラの録画システムにSonyのBDレコーダーが使われているくらいである。面白すぎる。
 そんな重要なソフトをリリースするにあたり、SPEは映像コーデックにAVCを採用した。
 これは一大事件だった。
 BDの立ち上げからある程度の期間、基本的にMPEG-2収録のソフトをリリースしてきたSPEが、主力タイトルでAVCを採用したのである。これはSPE自身が、「既にAVCの方がMPEG-2よりも高画質を実現できる」と判断したということに他ならない。ソフトには採用せずとも、当然内々ではAVCの扱いに関して研究やノウハウの蓄積をしてきたであろうSPEのこの決断に、当時の私は人知れず大いに注目していた。

 こうして発売されたBDは、大方の期待を上回って余りある、素晴らしい高画質を我々に提示した。
 映像ソフトはここまで綺麗になるのか、と当時の私は素直に感激し、感動した。その感動がどれくらい大きかったというと、今なお続いている【BDレビュー】の評価軸を決めるうえで、『007カジノ・ロワイアル』の画質をもって“満点”としたくらいである。
 画質的に、輝かしく色彩豊かなシーンと、透明感ある闇のシーンをひとつの映画の中で両立させるのは今でも難しい。それを『007カジノ・ロワイアル』はいとも簡単にやり遂げてみせた。“完璧”である。
 しかし、忘れてはならないのは、その高画質を実現したのは“AVCを採用したから”ではないということだ。
 AVC以前から連綿と積み重ねられてきたMPEG-2のノウハウや、撮影機材の進歩、マスター時点での画質の向上、そしてなにより、「より高画質なBDを実現しよう!」という製作側の“情熱”があったからこそ、それらの到達点としてAVCが採用され、『007カジノ・ロワイアル』のBDは、歴史に残る高品位ソフトとして結実したのである。オーディオ・ビジュアルの世界においては、どれだけ技術が進歩しようと、最終的なクオリティを決定づけるのはいつだってこの“情熱”だということを、『007カジノ・ロワイアル』のBDは教えてくれている。

 これ以降、SPEは本格的にAVC収録へと舵を切ることになり、その選択は後の『スパイダーマン』シリーズのBDBOXで大きく報われることになる。
 SPE以外のソフト会社も、だいたいこの辺りからAVC収録が主流になっていった感がある。
 AVCの可能性を示し、BDのさらなる高画質への道を切り開いたという意味で、『007カジノ・ロワイアル』は間違いなくAV史に残る記念碑的なBDと言える。

 この記事では基本的に画質面ばかり述べてきたが、『007カジノ・ロワイアル』は音質面でも素晴らしいものを提示してくれている。これもまた、この作品の音をもって【BDレビュー】の音質評価“満点”を設定したくらいである。
 ダニエル・クレイグの007シリーズはどれもこれも面白くて大好きだが、個人的にオープニングの出来はカジノ・ロワイアルが圧倒的に優れていると思う。


 画質的にも音質的にも見どころ聴きどころ満載にして、特に画質面では新時代の幕開けをも感じさせたBDである。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Powell / ヒックとドラゴン

・アーティスト / アルバムタイトル John Powell / ヒックとドラゴン

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 音質編

 外観・機能編はコチラ。  内部のジャンパーを動かし、ゲインを落とした。  それでも、ボ

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第165回『劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について。

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑