*

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:9


映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ

画質について。
いつぞやプロデューサーがブログかなんかで「マスターのデータ消しちゃいましたふひひすいません」的なことを書いていたのを見た時はほんとにもう……
このような製作サイドの冗談のような意識の低さこそ日本発のBDソフトの画質が悪い最たる理由である、ということを示すよい例である。
で、その後は「必死にBD化にあたって高画質化作業をがんばりました!!!!」という経緯が延々と綴られていたらしいが、正直なところそんなものはどうでもいい。どれだけ高画質を目指す云々と言ったところで、最終的に出来上がったものがちっとも高画質でないのなら何の意味も無いし、現にそういう例はアニメにおいて多々目にしてきたからだ。
前置きはここまでにして、「RESTORE」の名を冠する今回のBDの画質はどうだったかというと、よい。
よく頑張った。
フィルム撮影とデジタル撮影が混在する作品なので、当然両者における画質の違い(種類の違いであって差というほどではない)はあるが、特にフィルム部分は90年代後半の完成された画質。画質の雰囲気的には『攻殻機動隊Ghost In The Shell』を髣髴とさせる。柔らかい描線に透明な光と色彩、十分に確保された情報量を安定して見せてくれる。一方でデジタル部分はやはり技術的にも黎明期とあってか、フィルムに比べれば画質的にはばらつきがある。デジタル部分は全て再撮影をかけたとのことだが、ごく一部ではあるものの再撮影が出来なかったのか、明らかに露骨に解像度が下がるカットが後半の話数で見られた。しかたないね。時折いかにもデジタル撮影らしい素晴らしい解像感を見せるカットもあり、デジタル撮影部分についても総じて画質的な完成度は高い。
ちなみにデジタル撮影のオープニングはすこぶる高画質である。

音質について。
プレゼント・デイ
プレゼント・タイム
アハハハハハハハハハハ
ザーザザザザー
And you don’t seem to understand…….
この流れの時点で音質的な素性の善さは確信できた。
本編も台詞は非常に明瞭に仕上がっているし、なによりステレオ効果をしっかり活かした音響効果も非常に凝っている。効果音の使い方がいかにも変態的で素晴らしい。
数年前にDVDBOXで見た時の印象よりも明らかに音は上を行く。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第135回『X-MEN 2』

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

画質:15 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

SongBook HD Version 1.060

コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』  アルバムアートの表示が改善

記事を読む

【音源管理の精髄】 よくある質問と検索ワードへの回答 【ネットワークオーディオTips】

 随時更新予定。  むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。 とりあえずい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質

記事を読む

【音展2014】LUMINブースへの御来場ありがとうございました

 10/18と10/19のLUMINのデモにお越しいただきましてありがとうございました。  急に舞

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑