*

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:9


映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ

画質について。
いつぞやプロデューサーがブログかなんかで「マスターのデータ消しちゃいましたふひひすいません」的なことを書いていたのを見た時はほんとにもう……
このような製作サイドの冗談のような意識の低さこそ日本発のBDソフトの画質が悪い最たる理由である、ということを示すよい例である。
で、その後は「必死にBD化にあたって高画質化作業をがんばりました!!!!」という経緯が延々と綴られていたらしいが、正直なところそんなものはどうでもいい。どれだけ高画質を目指す云々と言ったところで、最終的に出来上がったものがちっとも高画質でないのなら何の意味も無いし、現にそういう例はアニメにおいて多々目にしてきたからだ。
前置きはここまでにして、「RESTORE」の名を冠する今回のBDの画質はどうだったかというと、よい。
よく頑張った。
フィルム撮影とデジタル撮影が混在する作品なので、当然両者における画質の違い(種類の違いであって差というほどではない)はあるが、特にフィルム部分は90年代後半の完成された画質。画質の雰囲気的には『攻殻機動隊Ghost In The Shell』を髣髴とさせる。柔らかい描線に透明な光と色彩、十分に確保された情報量を安定して見せてくれる。一方でデジタル部分はやはり技術的にも黎明期とあってか、フィルムに比べれば画質的にはばらつきがある。デジタル部分は全て再撮影をかけたとのことだが、ごく一部ではあるものの再撮影が出来なかったのか、明らかに露骨に解像度が下がるカットが後半の話数で見られた。しかたないね。時折いかにもデジタル撮影らしい素晴らしい解像感を見せるカットもあり、デジタル撮影部分についても総じて画質的な完成度は高い。
ちなみにデジタル撮影のオープニングはすこぶる高画質である。

音質について。
プレゼント・デイ
プレゼント・タイム
アハハハハハハハハハハ
ザーザザザザー
And you don’t seem to understand…….
この流れの時点で音質的な素性の善さは確信できた。
本編も台詞は非常に明瞭に仕上がっているし、なによりステレオ効果をしっかり活かした音響効果も非常に凝っている。効果音の使い方がいかにも変態的で素晴らしい。
数年前にDVDBOXで見た時の印象よりも明らかに音は上を行く。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第37回『アフロサムライ』

17分割をきちんと動画で再現したえらくてぐろくてえろいアニメ。アメリカ発。制作はGONZO。

記事を読む

【BDレビュー】 第245回『MEMORIES』 High Spec Edition

画質:論外 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD advanced 96

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

MELCO Digital Music Library range NEW

MELCO Digital Music Library range NEW  ん?

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『BubbleUPnP』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑