*

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9
音質:9
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 ダニー・トレホの顔の皺を迫真のディテールで浮かび上がらせる解像感に、強烈な太陽に照らされたメキシコの黄土色の空気感。画質の諸要素はどれもこれも高いレベルでビシッと決まっている。ロケット打ち上げのシーンのみ、どっかから持ってきた記録映像がそのまま使われ、露骨に解像度が下がる。
 マチェーテのような作品ですらここまで高画質になってしまうと、正直なところ【BDレビュー】の価値が揺らいでしまうような……
 ここ数年は画質の底上げが著しく、画質的なハズレはほとんどなくなり、B級映画を通り越してネタ映画に片足を突っ込んでいるような(褒め言葉)作品ですら、一昔前からすればぎょっとするほどの高画質を実現しているので困る。困らない。いいぞもっとやれ。
 しかし、レディ・ガガの映画デビューがコレでよかったのだろうか。

○見どころ
 レディ・ガガの変身シーン


○音質
 細かいことは抜きにして力押しでかかってくる音。迫力もダイナミクスも十分、かなり大味だがサラウンドもきちんと咆える。
 繊細さとは無縁の音響だが、それでいて素敵なガジェット、もとい謎アイテムも複数登場し、音も個性的で意外と芸達者。

○聴きどころ
 おっぱいガトリング
 内臓ブチ撒きガン


○総評
 さすがに本作は行き過ぎたというか、滑った感。出演者をあっという間に殺して次々退場させていく様はそれなりに愉快ではある。
 BDとしては高品質なので、買ってがっかりすることはあるまい。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。  NAS/サーバーも“

記事を読む

【BDレビュー】第277回『かぐや姫の物語』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ・DTS-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

【Roon Server】Salk Sound StreamPlayer Generation III

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその1。 Salk Sound Str

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第138回『続・夕陽のガンマン』

あうあうあー ほわーんほわーんほわーん 画質:7 音質:10☆ 映像はAVC、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑