*

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:7 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
画作りにおいて映画的な作為を極力排した、ドキュメンタリータッチというよりは高画質であることを端から拒否しているような映像。
昨今のデジタル撮影の映画として情報量はきっちり確保されているが、間違いなく意図的に付与されているであろう過剰なまでの粒状感……通り越してノイズや、夜間撮影部分はこれまた意図的であろうノイズと汚れで大荒れの様相。
また全編通じて微妙にピンボケ気味なのがも気になるし、要所要所で白飛びも目に付く。
映像の品位はさておき画質的には大して褒めるようなところはない。結局は「最初からこのように意図された映像の、そのまんまのソフト化」ということだろう。
見どころ:
みんな~の場面、衝撃波でカメラがイかれて色素ズレを起こしているという表現
人間爆弾

音質について。
アカデミー音響編集賞に加えてこの賞でも音質賞を獲得しているので、さぞかしファッキンオーサムな音が聴けるだろうと期待していたが、技巧は判るもののそこまで感じ入るようなものではなかった。冒頭のみんな~の場面でも、そこまで印象に残ったかと言われればそうでもない。もっと低音を出せるスピーカーを使うと化けるのかもしれない。サブウーファーも使ってないから仕方ないね。
そもそも爆発物処理班の映画ながら、あまり爆発しない。爆発させないための爆発処理班と言われれば確かにそうなのだが、少々拍子抜けしてしまった。
あまり爆発しないのと、爆発しても意外と迫力が無いのとで、音響のメインはむしろ銃声。ダイナミックレンジ極大のままでライフルを一斉射撃するときなど、全チャンネルをフルに活用した滅多に味わえないレベルの音が聴ける。が、すぐに止んでしまって物足りない。
雑踏の表現はなるほど素晴らしく、不安感と緊張感の醸成に多大な貢献をしている。
総じて素晴らしい音響。ただしテンションは低い。
聴きどころ:
高所にいるテロリストを撃つ場面
バレットとブローニングを使った豪華な狙撃戦(映画全体でこの場面だけ浮いている気もする)



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α

 Kinskyに続くLINN純正のコントロールアプリ、Linn Kazoo。  長らくiPad

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑