*

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:7 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
画作りにおいて映画的な作為を極力排した、ドキュメンタリータッチというよりは高画質であることを端から拒否しているような映像。
昨今のデジタル撮影の映画として情報量はきっちり確保されているが、間違いなく意図的に付与されているであろう過剰なまでの粒状感……通り越してノイズや、夜間撮影部分はこれまた意図的であろうノイズと汚れで大荒れの様相。
また全編通じて微妙にピンボケ気味なのがも気になるし、要所要所で白飛びも目に付く。
映像の品位はさておき画質的には大して褒めるようなところはない。結局は「最初からこのように意図された映像の、そのまんまのソフト化」ということだろう。
見どころ:
みんな~の場面、衝撃波でカメラがイかれて色素ズレを起こしているという表現
人間爆弾

音質について。
アカデミー音響編集賞に加えてこの賞でも音質賞を獲得しているので、さぞかしファッキンオーサムな音が聴けるだろうと期待していたが、技巧は判るもののそこまで感じ入るようなものではなかった。冒頭のみんな~の場面でも、そこまで印象に残ったかと言われればそうでもない。もっと低音を出せるスピーカーを使うと化けるのかもしれない。サブウーファーも使ってないから仕方ないね。
そもそも爆発物処理班の映画ながら、あまり爆発しない。爆発させないための爆発処理班と言われれば確かにそうなのだが、少々拍子抜けしてしまった。
あまり爆発しないのと、爆発しても意外と迫力が無いのとで、音響のメインはむしろ銃声。ダイナミックレンジ極大のままでライフルを一斉射撃するときなど、全チャンネルをフルに活用した滅多に味わえないレベルの音が聴ける。が、すぐに止んでしまって物足りない。
雑踏の表現はなるほど素晴らしく、不安感と緊張感の醸成に多大な貢献をしている。
総じて素晴らしい音響。ただしテンションは低い。
聴きどころ:
高所にいるテロリストを撃つ場面
バレットとブローニングを使った豪華な狙撃戦(映画全体でこの場面だけ浮いている気もする)



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Michael Jackson / Thriller

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Thriller

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトを使う

 ネットワークオーディオの文脈でPCの再生ソフトを使うと言った時、以下の二つのパターンがある。

記事を読む

【BDレビュー】第281回『All You Need Is Kill』

画質:9 音質:10→14 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AV

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

【BDレビュー】 第245回『MEMORIES』 High Spec Edition

画質:論外 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD advanced 96

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 導入編

 それなりに安い。  ファンレスで静か。  中身がTwonky Server。  ネットワ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑