*

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

BD300

画質:9
音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch 24bit


○画質
 撮影したカメラの画質も大いに上がっているのだろう、情報量は明らかに増している。闇は深く力強く、戦場の煌めきは鋭く眩い。みなぎる情報量と、それをベースにした自然な解像感は最新映画ならではと言える。
 素で情報量が増えたことで、“味”としての粒状感を付加する必要がなくなったということだろうか、ゴリゴリの粒状感を利かせまくった前作からS/N基調へと画作りがガラリと変わっている。
 ただし、画質の基礎体力が上がったぶん、全編通じての完成度のムラが目立つようになった。また盛大な粒状感も消えた結果、前作からすれば随分と“普通の”画になり、見る者を圧倒するパワーは失われてしまった。

○見どころ
 クセルクセスの纏う金ぴか
 髭面
 

○音質
 前作の5.1chからチャンネル数も増え、音圧も包囲感も確実に増している。
 しかし、音響効果における創意工夫はあまり感じられない。とにかくやかましく音を鳴らしているだけという印象を受けた。
 ところどころ、映像で描かれる事象に対してあまりにも音が不釣合いといったシーンも見受けられる。
 何より残念なのは、戦士たちの雄たけびがまったく心に響かないことだ。これがスパルタ人ととアテナイ人の差か。

○聴きどころ
 冒頭・マラトンの戦い


○総評
 血のアニメーションしょぼすぎる。リアル路線を捨てて演出に走るとしても、もっとマシなアニメーションを作れなかったのか。
 300の続編としてはイマイチすぎた。アクションまでCGに頼りきりになってしまったのはいただけない。これはもう続編でプラタイアの戦いまでやってもらわないと消化不良で死んでも死に切れん。
 あとアテナイ人が普通にスパルタ人並に強く見えるのはいかがなものか。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第52回『デビル』

画質:7 音質:7 映像はAVCでビットレートは20台中心。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』

画質:7 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

no image

【アプリ紹介】 Denon Remote App iPad版検証

ようやくiPadに対応したので早速検証してみる。 Denon Remote AppはMaran

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑