*

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作


画質:9 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit(!)

画質について。
さすが資金源がNHKとでも言うべきか、牧歌的な表層を越えた領域へのこだわりは尋常ではないし、未だにSDで作っているアニメがある中で、画質の基礎体力も頭一つ抜けていると言っていい。きちんとハイビジョンで作っている作品である。
とはいえ、微妙に甘く、全体的に1080Pなのかどうか怪しい。ひょっとしたら部分的に720Pかも。少なくとも、作画素材は一部で解像度が足りずジャギーが出る。
この作品のキャラクターデザインは基本的に「影が無い」のに加え、背景美術もそこまで細密志向ではないため、異様に豪華なアニメーターの競演による作画(≒動き)の魅力はさておき、パッと見の情報量はそれほどでもない。
本作の映像には、常に電脳的なノイズを可視化するフィルターがかかっている。映像の圧縮に伴う技術的弊害としてのノイズではなく、あくまで画作りとしてのノイズフィルターである。似たような例として、デジタル化以降のジブリ作品におけるポニョフィルター、鴉-karas-のすりガラスフィルター、怪-ayakashi-の和紙フィルターなどがある。ランダムに変化するフィルターのため、ある意味フィルムグレインのような、そうでないような、不可思議な質感を映像に与えている。放送波を見ていた時分には気付かなかった質感表現である。
そんなわけで、本作におけるディティールの主役は電脳空間である。彩度の低いごくごく日常的な風景の上に、多層構造のフィルターワークを駆使して電脳空間が表現される。現実と電脳空間のギャップはすさまじく、やわらかい現実に対して電脳空間は鋭角的かつ凄まじい勢いで文字情報や画像情報が現れては流れ、画面いっぱいに光が迸る。そういう意味で、本作における最大の見どころはハッカー同士の電脳戦に他ならない。
画質的には高水準にまとまっているが、前述のとおり全体的に彩度が低く、決してREDLINE的な派手さは無い。しかし、その一見の地味さの中には半ば変態的にまで凝ったディティールが密やかに息づいていたりするのだ。
ちなみにマッハバンドは少しだが見られる。しかし、ノイズフィルターのおかげで巧妙に軽減されていると言っていい。
見どころ:
4話
25話

聴きどころ:
地上波放送のアニメシリーズでDTS-HDMAの5.1ch・24bit収録なんていう作品はそうそうあるまい。そしてスペックだけの見かけ倒しにならない、真に優れた音響をテレビシリーズで実現している作品は極めて稀である。
絶対的な音質の素性の良さはダイアローグを聴けばすぐにわかる。極めて明瞭にして、声にならない口の動きも明確に捉え、演技の妙味を掬い取っている。
BGMのサラウンドミックスも非常にハイレベルであり、なんとなくサラウンドにしてみましたといった次元ではない。ダイアローグ同様オーディオ的な質感にも優れ、ハッとするような生々しさを随所に感じ取ることができる。
そして音響効果を生み出す音の数々なのだが、こちらでも電脳空間が主役になる。
サッチー、Qちゃん、メガビー、直進くん、追跡くん、2.0、心躍る電子の光は日常空間のそれとは打って変わって強烈なインパクトとダイナミズムを持って空間を跳ね回り、認識の魔術空間に音をもって彩りを添える。
個人的に、電脳空間の可視化という点で、電脳コイルは攻殻機動隊SAC 2nd GIGのさらに先の地平に到達していると思っているのだが、映像だけでなく、音響効果もまたその感覚の醸成に一役買っている。
聴きどころ:
4話
イサコ様全般



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

【BDレビュー】第265回『THE RAID 2 / ザ・レイド GOKUDO』 北米盤

突撃死亡塔 黒金任務 2購入記念。 画質:8 音質:8 映像:AV

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑