*

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作


画質:9 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit(!)

画質について。
さすが資金源がNHKとでも言うべきか、牧歌的な表層を越えた領域へのこだわりは尋常ではないし、未だにSDで作っているアニメがある中で、画質の基礎体力も頭一つ抜けていると言っていい。きちんとハイビジョンで作っている作品である。
とはいえ、微妙に甘く、全体的に1080Pなのかどうか怪しい。ひょっとしたら部分的に720Pかも。少なくとも、作画素材は一部で解像度が足りずジャギーが出る。
この作品のキャラクターデザインは基本的に「影が無い」のに加え、背景美術もそこまで細密志向ではないため、異様に豪華なアニメーターの競演による作画(≒動き)の魅力はさておき、パッと見の情報量はそれほどでもない。
本作の映像には、常に電脳的なノイズを可視化するフィルターがかかっている。映像の圧縮に伴う技術的弊害としてのノイズではなく、あくまで画作りとしてのノイズフィルターである。似たような例として、デジタル化以降のジブリ作品におけるポニョフィルター、鴉-karas-のすりガラスフィルター、怪-ayakashi-の和紙フィルターなどがある。ランダムに変化するフィルターのため、ある意味フィルムグレインのような、そうでないような、不可思議な質感を映像に与えている。放送波を見ていた時分には気付かなかった質感表現である。
そんなわけで、本作におけるディティールの主役は電脳空間である。彩度の低いごくごく日常的な風景の上に、多層構造のフィルターワークを駆使して電脳空間が表現される。現実と電脳空間のギャップはすさまじく、やわらかい現実に対して電脳空間は鋭角的かつ凄まじい勢いで文字情報や画像情報が現れては流れ、画面いっぱいに光が迸る。そういう意味で、本作における最大の見どころはハッカー同士の電脳戦に他ならない。
画質的には高水準にまとまっているが、前述のとおり全体的に彩度が低く、決してREDLINE的な派手さは無い。しかし、その一見の地味さの中には半ば変態的にまで凝ったディティールが密やかに息づいていたりするのだ。
ちなみにマッハバンドは少しだが見られる。しかし、ノイズフィルターのおかげで巧妙に軽減されていると言っていい。
見どころ:
4話
25話

聴きどころ:
地上波放送のアニメシリーズでDTS-HDMAの5.1ch・24bit収録なんていう作品はそうそうあるまい。そしてスペックだけの見かけ倒しにならない、真に優れた音響をテレビシリーズで実現している作品は極めて稀である。
絶対的な音質の素性の良さはダイアローグを聴けばすぐにわかる。極めて明瞭にして、声にならない口の動きも明確に捉え、演技の妙味を掬い取っている。
BGMのサラウンドミックスも非常にハイレベルであり、なんとなくサラウンドにしてみましたといった次元ではない。ダイアローグ同様オーディオ的な質感にも優れ、ハッとするような生々しさを随所に感じ取ることができる。
そして音響効果を生み出す音の数々なのだが、こちらでも電脳空間が主役になる。
サッチー、Qちゃん、メガビー、直進くん、追跡くん、2.0、心躍る電子の光は日常空間のそれとは打って変わって強烈なインパクトとダイナミズムを持って空間を跳ね回り、認識の魔術空間に音をもって彩りを添える。
個人的に、電脳空間の可視化という点で、電脳コイルは攻殻機動隊SAC 2nd GIGのさらに先の地平に到達していると思っているのだが、映像だけでなく、音響効果もまたその感覚の醸成に一役買っている。
聴きどころ:
4話
イサコ様全般



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑