*

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。


画質:9
音質:12
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 なんか甘い(洒落ではない)。
 軍曹のゲームはさておき、全体的にディテールが横溢する映像とならないのは作品的にある意味当然なのだが、それを加味してもどこか解像感に欠ける。特に色彩のディテール表現が少々振るわず、「オレンジ色の服の上の赤いライン」など、色的に近しいオブジェクトが重なるとどうにも混濁感が付きまとい、立体感を損なっている。甘い。あるいは意図的なものなのか。シュガーラッシュだけに。
 と、常に完璧の上に最上を期すディズニーのBDということで難癖を付けてみたが、普通に考えれば例によって超高品質な映像・画質であることに疑いはない。『WALL.E』『アナと雪の女王』に較べればわずかに落ちるというだけで、解像感・情報量はともに極めて高品位。レトロ勢と近作勢のディテールの差もきっちり描き分ける。はじめとするノイズやグラデーションの破綻といった映像圧縮由来の問題は言うまでもなく皆無である。原色が乱れ飛び、鮮やかを通り越して毒々しくすらあるゲームの世界は美しく、ゲーマーの心に郷愁を呼び覚ましてやまない。

○見どころ
 カルホーン軍曹の高解像度
 シュガー・ラッシュの世界


○音質
 たまにあるディズニーの「活劇仕様」の音。
 効果音のインパクトとマルチチャンネル・サラウンドの活用度はディズニー作品中でも最高レベルであり、極めてエンターテインメント性に富む。作品としての雰囲気作りや上質なBGMを聴かせるというよりも、とにかく視聴者を徹底的に面白がらせてやろうという意図の音。つまり最高である。
 全チャンネルから元気よく小気味よく音が噴出し、包囲感と移動感は常に最高潮。効果音にはディズニーらしからぬ鋭さと威力もあり、めくるめく映像との相乗効果は素晴らしいの一言。お菓子のカートは見た目と裏腹にエンジン音は相当豪快で、轟々と空間を切り裂いて疾走する。シュガー・ラッシュの画と音から得られる興奮は、まさしくでかい画面とすごい音でプレイするゲームそのものだ! ちなみに私は悲しいくらいにレースゲームがへたくそで、スーファミのマリオカートでは50ccでしか勝てないというありさま。
 いかんせんエンタメに全振りしたせいか、BGMの活用を含めて重厚さやら繊細さやら空気感やら、そういった魅力にはいささか乏しい印象を受ける。つまるところ、音楽の品位と雰囲気の情勢に重きを置いたドラマ寄りではなく、まんまノリと勢いで突き進むアクション映画の音で、ディズニー作品では得難い魅力となっている。
 『塔の上のラプンツェル』、本作ときて、『アナと雪の女王』。間違いなく音も進化している。さすがすぎる。

○聴きどころ
 レースシーン
 スタッフロール


○総評
 画も音もちょっとディズニーらしからぬ性格とはいえ、素晴らしいクオリティであることには変わりなし。BDのクオリティで「ハズレなし!」と言えるのはディズニーとギャガくらいのもんだ。
 続編では舞台も広がるようだし、もう少しハードコアな作品からも版権キャラが登場してほしい。クレイトスさんとかクレイトスさんとかクレイトスさんとか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、『デジタル

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

 「ネットワークオーディオとは音楽再生におけるコントロールの方法論である」と言っているのも、「ネット

記事を読む

【TIAS2015】国産ネットワークオーディオプレーヤー、おめでとう!

ヤマハの次世代スピーカー「NS-5000」が披露。ESOTERICはネットワークプレーヤー「N-05

記事を読む

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

SFORZATO will be Roon Ready!

スフォルツァート ■ 5/5 - 5/8 ドイツ ミュンヘンで行われるHIGH END 201

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

【UHD BDレビュー】第36回『スターシップ・トゥルーパーズ:火星の反逆者』 米国盤 【Dolby Atmos】

原題は『Starship Troopers: Traitor of Mars』 画

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑