*

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。


画質:9
音質:12
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 なんか甘い(洒落ではない)。
 軍曹のゲームはさておき、全体的にディテールが横溢する映像とならないのは作品的にある意味当然なのだが、それを加味してもどこか解像感に欠ける。特に色彩のディテール表現が少々振るわず、「オレンジ色の服の上の赤いライン」など、色的に近しいオブジェクトが重なるとどうにも混濁感が付きまとい、立体感を損なっている。甘い。あるいは意図的なものなのか。シュガーラッシュだけに。
 と、常に完璧の上に最上を期すディズニーのBDということで難癖を付けてみたが、普通に考えれば例によって超高品質な映像・画質であることに疑いはない。『WALL.E』『アナと雪の女王』に較べればわずかに落ちるというだけで、解像感・情報量はともに極めて高品位。レトロ勢と近作勢のディテールの差もきっちり描き分ける。はじめとするノイズやグラデーションの破綻といった映像圧縮由来の問題は言うまでもなく皆無である。原色が乱れ飛び、鮮やかを通り越して毒々しくすらあるゲームの世界は美しく、ゲーマーの心に郷愁を呼び覚ましてやまない。

○見どころ
 カルホーン軍曹の高解像度
 シュガー・ラッシュの世界


○音質
 たまにあるディズニーの「活劇仕様」の音。
 効果音のインパクトとマルチチャンネル・サラウンドの活用度はディズニー作品中でも最高レベルであり、極めてエンターテインメント性に富む。作品としての雰囲気作りや上質なBGMを聴かせるというよりも、とにかく視聴者を徹底的に面白がらせてやろうという意図の音。つまり最高である。
 全チャンネルから元気よく小気味よく音が噴出し、包囲感と移動感は常に最高潮。効果音にはディズニーらしからぬ鋭さと威力もあり、めくるめく映像との相乗効果は素晴らしいの一言。お菓子のカートは見た目と裏腹にエンジン音は相当豪快で、轟々と空間を切り裂いて疾走する。シュガー・ラッシュの画と音から得られる興奮は、まさしくでかい画面とすごい音でプレイするゲームそのものだ! ちなみに私は悲しいくらいにレースゲームがへたくそで、スーファミのマリオカートでは50ccでしか勝てないというありさま。
 いかんせんエンタメに全振りしたせいか、BGMの活用を含めて重厚さやら繊細さやら空気感やら、そういった魅力にはいささか乏しい印象を受ける。つまるところ、音楽の品位と雰囲気の情勢に重きを置いたドラマ寄りではなく、まんまノリと勢いで突き進むアクション映画の音で、ディズニー作品では得難い魅力となっている。
 『塔の上のラプンツェル』、本作ときて、『アナと雪の女王』。間違いなく音も進化している。さすがすぎる。

○聴きどころ
 レースシーン
 スタッフロール


○総評
 画も音もちょっとディズニーらしからぬ性格とはいえ、素晴らしいクオリティであることには変わりなし。BDのクオリティで「ハズレなし!」と言えるのはディズニーとギャガくらいのもんだ。
 続編では舞台も広がるようだし、もう少しハードコアな作品からも版権キャラが登場してほしい。クレイトスさんとかクレイトスさんとかクレイトスさんとか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

【音源管理の精髄】 MediaMonkeyでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、MediaMonkeyを取扱う記事はそれなりに多い。  しかし、Medi

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

 CES2016における最大のニュースはRoonReady。  私個人が選ぶハイライトはAudio

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Alive

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Alive ・購入元 HDtrac

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第157回『第9地区』 北米盤

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑