*

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:5 音質:14


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

画質について。
ハイビジョンの解像度にはまるで似合わない、古臭く安っぽく甘い画。画質そのものに関して言えば、何かしら画作りを考えて撮ったとは到底思えず、とりあえず手元にあったカメラとフィルムでそのまんま撮ったようにしか見えない。作品の生まれを考えれば撮影機材的にもこれが限界だろう、としか言いようがない。
フィルム由来のグレインはかなり強めに出るが、いわゆる圧縮ノイズの類は見られない。ここが唯一BDの恩恵と言えるだろう。
ただし撮影時点のものと思われる暗部ノイズは出る。仕方あるまい。
見どころ:
特になし

音質について。
あまりにも露骨なアフレコのダイアログ。たまげたなぁ。
少なくともダイアログに関して言えば、自然さとも馴染みの良さとも無縁。しかし、そういうもんだと割り切ってしまえばそれはそれで味になる。さらに言えば、ダイアログもBGMも非常にナローレンジの厚ぼったい響きであり、現代的な明晰さは皆無である。けれども、クサくてたまらないBGMがめいっぱいのふくらみを持って全チャンネルから響くのは絶妙に心地よい。
作品全体のハイライトである銃撃戦に移行すると、音響的にはとてつもない輝きを放つようになる。銃撃戦に込められたエネルギーがこの映画の音響の全てだと言ってもいい。
ダイアログや日常的効果音とは明らかに異質のダイナミクス。銃弾の一発一発が実に印象深く鼓膜を揺さぶる。そしてその銃弾の数も半端ではない。7本のスピーカーをこれでもかと言わんばかりの絶叫させ、その空間的精度も素晴らしく練られている。カメラの位置を中心にしてどこから撃つのか、撃たれるのか。たったこれだけのことが分かるソフトがどれほど少ないことか。
何より素晴らしいのが、銃声をきちんと「怖い」と感じられる音に仕上がっていること。これは数多くの要素が綿密に絡み、並大抵のことでは達成できない。
制作時点でのオリジナルの音響がどのようなものであったかは定かではないが、本編前にDTSのロゴ映像が入るくらいである。一体どれほどの愛情が注ぎ込まれてBDの音声として結実したのか、それを最大限の幸福と共に知ることが出来る。
一緒に撃たれまくって死のう。
聴きどころ:
全ての銃
蜂の巣



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

OPPOのUHD BDプレーヤー

OPPO Digital's 4K/UHD Blu-ray player is arriving i

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 北米盤 【DTS:X】

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』 画質:11 (画質はHD環境・B

記事を読む

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元

 スパイク設置できるスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。  トールボーイスピーカーなら

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑