*

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:5 音質:14


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

画質について。
ハイビジョンの解像度にはまるで似合わない、古臭く安っぽく甘い画。画質そのものに関して言えば、何かしら画作りを考えて撮ったとは到底思えず、とりあえず手元にあったカメラとフィルムでそのまんま撮ったようにしか見えない。作品の生まれを考えれば撮影機材的にもこれが限界だろう、としか言いようがない。
フィルム由来のグレインはかなり強めに出るが、いわゆる圧縮ノイズの類は見られない。ここが唯一BDの恩恵と言えるだろう。
ただし撮影時点のものと思われる暗部ノイズは出る。仕方あるまい。
見どころ:
特になし

音質について。
あまりにも露骨なアフレコのダイアログ。たまげたなぁ。
少なくともダイアログに関して言えば、自然さとも馴染みの良さとも無縁。しかし、そういうもんだと割り切ってしまえばそれはそれで味になる。さらに言えば、ダイアログもBGMも非常にナローレンジの厚ぼったい響きであり、現代的な明晰さは皆無である。けれども、クサくてたまらないBGMがめいっぱいのふくらみを持って全チャンネルから響くのは絶妙に心地よい。
作品全体のハイライトである銃撃戦に移行すると、音響的にはとてつもない輝きを放つようになる。銃撃戦に込められたエネルギーがこの映画の音響の全てだと言ってもいい。
ダイアログや日常的効果音とは明らかに異質のダイナミクス。銃弾の一発一発が実に印象深く鼓膜を揺さぶる。そしてその銃弾の数も半端ではない。7本のスピーカーをこれでもかと言わんばかりの絶叫させ、その空間的精度も素晴らしく練られている。カメラの位置を中心にしてどこから撃つのか、撃たれるのか。たったこれだけのことが分かるソフトがどれほど少ないことか。
何より素晴らしいのが、銃声をきちんと「怖い」と感じられる音に仕上がっていること。これは数多くの要素が綿密に絡み、並大抵のことでは達成できない。
制作時点でのオリジナルの音響がどのようなものであったかは定かではないが、本編前にDTSのロゴ映像が入るくらいである。一体どれほどの愛情が注ぎ込まれてBDの音声として結実したのか、それを最大限の幸福と共に知ることが出来る。
一緒に撃たれまくって死のう。
聴きどころ:
全ての銃
蜂の巣



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

ネットワークオーディオと「OpenHome」

【2017/01/31更新・追記】  OpenHomeとは何か、という部分をページ冒頭にまとめ

記事を読む

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

【レビュー】Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

【BDレビュー】第254回『GATCHAMAN CROWDS』

鴉-KARAS-繋がりで。 画質:7 音質:7 映像:AVC 音声:リニアP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑