*

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:5 音質:14


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

画質について。
ハイビジョンの解像度にはまるで似合わない、古臭く安っぽく甘い画。画質そのものに関して言えば、何かしら画作りを考えて撮ったとは到底思えず、とりあえず手元にあったカメラとフィルムでそのまんま撮ったようにしか見えない。作品の生まれを考えれば撮影機材的にもこれが限界だろう、としか言いようがない。
フィルム由来のグレインはかなり強めに出るが、いわゆる圧縮ノイズの類は見られない。ここが唯一BDの恩恵と言えるだろう。
ただし撮影時点のものと思われる暗部ノイズは出る。仕方あるまい。
見どころ:
特になし

音質について。
あまりにも露骨なアフレコのダイアログ。たまげたなぁ。
少なくともダイアログに関して言えば、自然さとも馴染みの良さとも無縁。しかし、そういうもんだと割り切ってしまえばそれはそれで味になる。さらに言えば、ダイアログもBGMも非常にナローレンジの厚ぼったい響きであり、現代的な明晰さは皆無である。けれども、クサくてたまらないBGMがめいっぱいのふくらみを持って全チャンネルから響くのは絶妙に心地よい。
作品全体のハイライトである銃撃戦に移行すると、音響的にはとてつもない輝きを放つようになる。銃撃戦に込められたエネルギーがこの映画の音響の全てだと言ってもいい。
ダイアログや日常的効果音とは明らかに異質のダイナミクス。銃弾の一発一発が実に印象深く鼓膜を揺さぶる。そしてその銃弾の数も半端ではない。7本のスピーカーをこれでもかと言わんばかりの絶叫させ、その空間的精度も素晴らしく練られている。カメラの位置を中心にしてどこから撃つのか、撃たれるのか。たったこれだけのことが分かるソフトがどれほど少ないことか。
何より素晴らしいのが、銃声をきちんと「怖い」と感じられる音に仕上がっていること。これは数多くの要素が綿密に絡み、並大抵のことでは達成できない。
制作時点でのオリジナルの音響がどのようなものであったかは定かではないが、本編前にDTSのロゴ映像が入るくらいである。一体どれほどの愛情が注ぎ込まれてBDの音声として結実したのか、それを最大限の幸福と共に知ることが出来る。
一緒に撃たれまくって死のう。
聴きどころ:
全ての銃
蜂の巣



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第97回『ダークシティ』 北米盤

※日本盤は買ってはいけない。画も音も劣化した挙句ディレクターズカット版ではない※ 画質

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

【BDレビュー】第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤 【Dolby Atmos】

家族のような安心感 画質:9 音質:14 映像:AVC 音声:Dolby

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第132回『D WARS』

これ…… 画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑