*

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても……
尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロージェノム戦がほぼ全カットされたのは辛かった。


画質:8 音質:9


映像はAVC、音声はDTS-HD Master Audio

画質について。
TVシリーズの製作解像度は720Pかな? 劇場版の新カットは1080Pも混じっている気がする。画質的には劇場版新カットがやはり優秀。
当然のごとくフルデジタル制作のアニメであり、パリッとカリッとした映像は100インチの画面においても解像感を失わない。
しかし、かなり多くのシーンにおいて画面にスモーク状の質感が付与されており、カリカリ一辺倒の解像感志向の画ではない。この質感の付与はマッハバンドの抑制という点でも効力を発しており、全編通じて明らかにグラデーションが破綻してるような場面は見受けられなかった。これはなかなかに凄いことである。
とにもかくにもBD化されて何が嬉しいって、この作品の特徴である「物量」がノイズの海から解放されたこと。グレンラガンにおいて重要なのは、個々のオブジェクトの静的なディティールというよりは、画面を埋め尽くす動的なディティールである。ドリルが撒き散らす破片、破片、また破片、これでもかという破片と瓦礫と塵芥が狂奔乱舞する様が、潤沢なビットレートのおかげで白日の下に晒されている。ここまでやったか! えらい! すごい! かっこいい! テレビ放送ではMPEG-2のノイズの大海に埋もれ、DVDはそもそも論外。やっと現れた真のグレンラガンだ。もちろん、画面に彩りを添える諸々のエフェクトワークもこれ以上ない煌めきとなって目を楽しませる。天の光は全て星。
純然たる画質の体力という点では今一歩天元突破するものではないにせよ、作ったものを作ったとおりに、細大漏らさず視聴者に提供するという点では、立派な出来である。
見どころ:
ドテンカイザンのテキトーさ加減(いい意味で)


音質について。
ステレオ(リニアPCM)とサラウンド(DTS-HD Master Audio)の二種類が収録されているが、両者はまったくの別物と言っていい。
ステレオは正直言ってまるで盛り上がらない。せっかく高い金を出してBDBOXを買ったからには、絶対にサラウンドで聴くべきである。
とはいうものの、サラウンドの技巧的な部分はイマイチである。死ぬほど重要な「回転」という現象を空間移動で表現することもなければ、音のダイナミックレンジも小さい。
映像とは異なり、音響面においてはさほどこだわりは感じない。『AKIRA』や『鴉-KARAS-』のような、色々と突き抜けた音響効果は、残念ながら、ない。
しかし、そういった技術的な部分と、実際に聴いて面白いかどうか、楽しいかどうかは別。
かつて毎週待ち焦がれていたドリルの唸りをサラウンドで聴く。それだけで楽しいのだ。BGMも効果音も、とにかく音をしっちゃかめっちゃかマルチチャンネルに貼り付け、やかましく掻き鳴らしただけ、もうそれでいい。それがいい。
聴きどころ:
初ギガドリルブレイク
多元宇宙迷宮→天元突破の流れ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

【BDレビュー】 第245回『MEMORIES』 High Spec Edition

画質:論外 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD advanced 96

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Dynaudio

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

→もっと見る

PAGE TOP ↑