*

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても……
尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロージェノム戦がほぼ全カットされたのは辛かった。


画質:8 音質:9


映像はAVC、音声はDTS-HD Master Audio

画質について。
TVシリーズの製作解像度は720Pかな? 劇場版の新カットは1080Pも混じっている気がする。画質的には劇場版新カットがやはり優秀。
当然のごとくフルデジタル制作のアニメであり、パリッとカリッとした映像は100インチの画面においても解像感を失わない。
しかし、かなり多くのシーンにおいて画面にスモーク状の質感が付与されており、カリカリ一辺倒の解像感志向の画ではない。この質感の付与はマッハバンドの抑制という点でも効力を発しており、全編通じて明らかにグラデーションが破綻してるような場面は見受けられなかった。これはなかなかに凄いことである。
とにもかくにもBD化されて何が嬉しいって、この作品の特徴である「物量」がノイズの海から解放されたこと。グレンラガンにおいて重要なのは、個々のオブジェクトの静的なディティールというよりは、画面を埋め尽くす動的なディティールである。ドリルが撒き散らす破片、破片、また破片、これでもかという破片と瓦礫と塵芥が狂奔乱舞する様が、潤沢なビットレートのおかげで白日の下に晒されている。ここまでやったか! えらい! すごい! かっこいい! テレビ放送ではMPEG-2のノイズの大海に埋もれ、DVDはそもそも論外。やっと現れた真のグレンラガンだ。もちろん、画面に彩りを添える諸々のエフェクトワークもこれ以上ない煌めきとなって目を楽しませる。天の光は全て星。
純然たる画質の体力という点では今一歩天元突破するものではないにせよ、作ったものを作ったとおりに、細大漏らさず視聴者に提供するという点では、立派な出来である。
見どころ:
ドテンカイザンのテキトーさ加減(いい意味で)


音質について。
ステレオ(リニアPCM)とサラウンド(DTS-HD Master Audio)の二種類が収録されているが、両者はまったくの別物と言っていい。
ステレオは正直言ってまるで盛り上がらない。せっかく高い金を出してBDBOXを買ったからには、絶対にサラウンドで聴くべきである。
とはいうものの、サラウンドの技巧的な部分はイマイチである。死ぬほど重要な「回転」という現象を空間移動で表現することもなければ、音のダイナミックレンジも小さい。
映像とは異なり、音響面においてはさほどこだわりは感じない。『AKIRA』や『鴉-KARAS-』のような、色々と突き抜けた音響効果は、残念ながら、ない。
しかし、そういった技術的な部分と、実際に聴いて面白いかどうか、楽しいかどうかは別。
かつて毎週待ち焦がれていたドリルの唸りをサラウンドで聴く。それだけで楽しいのだ。BGMも効果音も、とにかく音をしっちゃかめっちゃかマルチチャンネルに貼り付け、やかましく掻き鳴らしただけ、もうそれでいい。それがいい。
聴きどころ:
初ギガドリルブレイク
多元宇宙迷宮→天元突破の流れ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

PS4 Pro

新型「PS4 Pro」11月10日発売、価格は44,980円!全てのソフトを4K画質&安定した高速フ

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。  ネットワークオーディオの究極

記事を読む

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑