*

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても……
尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロージェノム戦がほぼ全カットされたのは辛かった。


画質:8 音質:9


映像はAVC、音声はDTS-HD Master Audio

画質について。
TVシリーズの製作解像度は720Pかな? 劇場版の新カットは1080Pも混じっている気がする。画質的には劇場版新カットがやはり優秀。
当然のごとくフルデジタル制作のアニメであり、パリッとカリッとした映像は100インチの画面においても解像感を失わない。
しかし、かなり多くのシーンにおいて画面にスモーク状の質感が付与されており、カリカリ一辺倒の解像感志向の画ではない。この質感の付与はマッハバンドの抑制という点でも効力を発しており、全編通じて明らかにグラデーションが破綻してるような場面は見受けられなかった。これはなかなかに凄いことである。
とにもかくにもBD化されて何が嬉しいって、この作品の特徴である「物量」がノイズの海から解放されたこと。グレンラガンにおいて重要なのは、個々のオブジェクトの静的なディティールというよりは、画面を埋め尽くす動的なディティールである。ドリルが撒き散らす破片、破片、また破片、これでもかという破片と瓦礫と塵芥が狂奔乱舞する様が、潤沢なビットレートのおかげで白日の下に晒されている。ここまでやったか! えらい! すごい! かっこいい! テレビ放送ではMPEG-2のノイズの大海に埋もれ、DVDはそもそも論外。やっと現れた真のグレンラガンだ。もちろん、画面に彩りを添える諸々のエフェクトワークもこれ以上ない煌めきとなって目を楽しませる。天の光は全て星。
純然たる画質の体力という点では今一歩天元突破するものではないにせよ、作ったものを作ったとおりに、細大漏らさず視聴者に提供するという点では、立派な出来である。
見どころ:
ドテンカイザンのテキトーさ加減(いい意味で)


音質について。
ステレオ(リニアPCM)とサラウンド(DTS-HD Master Audio)の二種類が収録されているが、両者はまったくの別物と言っていい。
ステレオは正直言ってまるで盛り上がらない。せっかく高い金を出してBDBOXを買ったからには、絶対にサラウンドで聴くべきである。
とはいうものの、サラウンドの技巧的な部分はイマイチである。死ぬほど重要な「回転」という現象を空間移動で表現することもなければ、音のダイナミックレンジも小さい。
映像とは異なり、音響面においてはさほどこだわりは感じない。『AKIRA』や『鴉-KARAS-』のような、色々と突き抜けた音響効果は、残念ながら、ない。
しかし、そういった技術的な部分と、実際に聴いて面白いかどうか、楽しいかどうかは別。
かつて毎週待ち焦がれていたドリルの唸りをサラウンドで聴く。それだけで楽しいのだ。BGMも効果音も、とにかく音をしっちゃかめっちゃかマルチチャンネルに貼り付け、やかましく掻き鳴らしただけ、もうそれでいい。それがいい。
聴きどころ:
初ギガドリルブレイク
多元宇宙迷宮→天元突破の流れ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

『ネットワークオーディオ』とは何か

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】  ネットワークオーディオやそ

記事を読む

Twonky Server 8.2.0でトンキー病が完治……?

Twonky Server 8.2.0 - Release note Improvemen

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Stille lys (Quiet Light)

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Stille

記事を読む

続・Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ  というわけで、実

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑