*

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8
音質:8


映像:AVC
音声:リニアPCM ステレオ 24bit


○画質
 8年前に放送していた蟲師のテレビシリーズは、『ノエイン』そして『鴉-karas-』と並んで、私が最後に買ったDVDのシリーズとなった。いつかはBDが出るだろうとは思いつつも、作品のあまりのすばらしさに手を出さずにはいられなかったのである。しかし、この蟲師のテレビシリーズだが、後にBDが発売されるタイミングで、悲しい事実が明らかになる。ハイビジョンで製作ではなかったのである。私は嘆き悲しみ、BDの購入を見送った。と言いつつ、こないだスタンダード版を買ったが。
 作品としての出来・価値と、ソフトとしての画質や音質は厳然と分けて考えられるべきである。それは作品に対する敬意でもある。せっかくの素晴らしい作品が、ソフト化の際の手抜きによって見るも無残な画質や音質で発売されたら、ファンは怒り狂って然るべきである。それは作品に対する冒涜に他ならないからだ。
 さて、前置きが長くなったが、久々の蟲師ということで、手が出ないはずもなかった。
 現在放送中の蟲師続章は残念なことにニコ動でしか見ることができないので、この特別篇のBDは蟲師続章の画質を占うという意味でも価値がある。
 で、肝心の画。
 間違いなくHD解像度の画だ。ただ、ハイビジョン(あるいは、フルHD)と言うには、少々画が甘い。720Pあたりで作られているような気もする。ただし、少なくとも8年前のテレビシリーズのBDのアプコンの画とは一線を画する。
 描線は繊細で、かつぶれない。ジャギーに揺れるような不安定さはない。
 背景美術はあくまでテレビシリーズの延長線上といった描き込みだが、解像度が上がったことで、いかにも蟲師らしい土と緑は俄然生命力を増している。
 細かいフィルターワークが色々とかかっているようで、全体的にソフトフォーカス気味ながら見せるべきものはきちんと見せてくれる。
 この作品は「日蝕」がネタになっており、作中の大半は薄暗がりの中で展開する。濃く淀んだ灰色の空は、時折圧縮に伴う色ノイズの片鱗を見せるものの、ぎりぎりのところで制御しているという印象。
 総じて画は安定しており、安心してみていられる。

○見どころ
 日蝕を見上げるかつての登場人物たち(素晴らしいシーン!)
 太陽に向かって立ち昇る蟲の乱舞(高解像度ならではの情報量)


○音質
 ステレオである。
 その意気やよし。
 やる気のないふざけたサラウンドになんかされるよりも、きちんと作り込んだステレオの方がずっと善い。特に蟲師は活劇などではないのだから、この路線は正解だと思う。
 声はやかましいわけでも存在感が薄いわけでもなく、よく通る。
 前シリーズからおなじみの幽冥な音楽の数々も、たおやかに存在を主張する。
 活劇ではないステレオ音響とはいえ、作品全体を通してのダイナミックレンジはなかなかに高く、すべての音楽、すべての効果音に込められた制作陣の愛情をありありと聴き取ることが出来よう。

○聴きどころ
 聲


○総評
 前シリーズのこともあって少々心配していた画質面の不安は払拭されたと言っていいだろう。特典映像を見る限り、蟲師続章はさらなる高画質を期待できそうだ。音質面でも手抜きはない。
 蟲師ファンなら是非買うべし。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

DMP-UB90のキャンペーンのプレゼントが届いた

早くプレーヤー買えばUHD BD2枚あげるよキャンペーン  DMP-UB90のキャンペーンのプ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

画質:15 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

LUMINがQobuzに対応

 Qobuz。  「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。  TIDAL同様、ロスレスクオリ

記事を読む

LUMIN S1来たる

 真面目に誠実に真剣に苛烈に真摯に取り組んでいると、たまにはいいこともある。  まずはこのめぐりあ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【インプレッション】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

→もっと見る

PAGE TOP ↑