*

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8
音質:8


映像:AVC
音声:リニアPCM ステレオ 24bit


○画質
 8年前に放送していた蟲師のテレビシリーズは、『ノエイン』そして『鴉-karas-』と並んで、私が最後に買ったDVDのシリーズとなった。いつかはBDが出るだろうとは思いつつも、作品のあまりのすばらしさに手を出さずにはいられなかったのである。しかし、この蟲師のテレビシリーズだが、後にBDが発売されるタイミングで、悲しい事実が明らかになる。ハイビジョンで製作ではなかったのである。私は嘆き悲しみ、BDの購入を見送った。と言いつつ、こないだスタンダード版を買ったが。
 作品としての出来・価値と、ソフトとしての画質や音質は厳然と分けて考えられるべきである。それは作品に対する敬意でもある。せっかくの素晴らしい作品が、ソフト化の際の手抜きによって見るも無残な画質や音質で発売されたら、ファンは怒り狂って然るべきである。それは作品に対する冒涜に他ならないからだ。
 さて、前置きが長くなったが、久々の蟲師ということで、手が出ないはずもなかった。
 現在放送中の蟲師続章は残念なことにニコ動でしか見ることができないので、この特別篇のBDは蟲師続章の画質を占うという意味でも価値がある。
 で、肝心の画。
 間違いなくHD解像度の画だ。ただ、ハイビジョン(あるいは、フルHD)と言うには、少々画が甘い。720Pあたりで作られているような気もする。ただし、少なくとも8年前のテレビシリーズのBDのアプコンの画とは一線を画する。
 描線は繊細で、かつぶれない。ジャギーに揺れるような不安定さはない。
 背景美術はあくまでテレビシリーズの延長線上といった描き込みだが、解像度が上がったことで、いかにも蟲師らしい土と緑は俄然生命力を増している。
 細かいフィルターワークが色々とかかっているようで、全体的にソフトフォーカス気味ながら見せるべきものはきちんと見せてくれる。
 この作品は「日蝕」がネタになっており、作中の大半は薄暗がりの中で展開する。濃く淀んだ灰色の空は、時折圧縮に伴う色ノイズの片鱗を見せるものの、ぎりぎりのところで制御しているという印象。
 総じて画は安定しており、安心してみていられる。

○見どころ
 日蝕を見上げるかつての登場人物たち(素晴らしいシーン!)
 太陽に向かって立ち昇る蟲の乱舞(高解像度ならではの情報量)


○音質
 ステレオである。
 その意気やよし。
 やる気のないふざけたサラウンドになんかされるよりも、きちんと作り込んだステレオの方がずっと善い。特に蟲師は活劇などではないのだから、この路線は正解だと思う。
 声はやかましいわけでも存在感が薄いわけでもなく、よく通る。
 前シリーズからおなじみの幽冥な音楽の数々も、たおやかに存在を主張する。
 活劇ではないステレオ音響とはいえ、作品全体を通してのダイナミックレンジはなかなかに高く、すべての音楽、すべての効果音に込められた制作陣の愛情をありありと聴き取ることが出来よう。

○聴きどころ
 聲


○総評
 前シリーズのこともあって少々心配していた画質面の不安は払拭されたと言っていいだろう。特典映像を見る限り、蟲師続章はさらなる高画質を期待できそうだ。音質面でも手抜きはない。
 蟲師ファンなら是非買うべし。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③―

記事を読む

UHD BDまであと少し!

次世代BD「Ultra HD Blu-ray」年内に複数社から製品登場へ - ライセンシングまもなく

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ヘラクレス堕つ

ドルビーアトモス第2弾 ! 『ヘラクレス』 (3D/2D Blu-Ray with Dolby At

記事を読む

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑