*

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8
音質:8


映像:AVC
音声:リニアPCM ステレオ 24bit


○画質
 8年前に放送していた蟲師のテレビシリーズは、『ノエイン』そして『鴉-karas-』と並んで、私が最後に買ったDVDのシリーズとなった。いつかはBDが出るだろうとは思いつつも、作品のあまりのすばらしさに手を出さずにはいられなかったのである。しかし、この蟲師のテレビシリーズだが、後にBDが発売されるタイミングで、悲しい事実が明らかになる。ハイビジョンで製作ではなかったのである。私は嘆き悲しみ、BDの購入を見送った。と言いつつ、こないだスタンダード版を買ったが。
 作品としての出来・価値と、ソフトとしての画質や音質は厳然と分けて考えられるべきである。それは作品に対する敬意でもある。せっかくの素晴らしい作品が、ソフト化の際の手抜きによって見るも無残な画質や音質で発売されたら、ファンは怒り狂って然るべきである。それは作品に対する冒涜に他ならないからだ。
 さて、前置きが長くなったが、久々の蟲師ということで、手が出ないはずもなかった。
 現在放送中の蟲師続章は残念なことにニコ動でしか見ることができないので、この特別篇のBDは蟲師続章の画質を占うという意味でも価値がある。
 で、肝心の画。
 間違いなくHD解像度の画だ。ただ、ハイビジョン(あるいは、フルHD)と言うには、少々画が甘い。720Pあたりで作られているような気もする。ただし、少なくとも8年前のテレビシリーズのBDのアプコンの画とは一線を画する。
 描線は繊細で、かつぶれない。ジャギーに揺れるような不安定さはない。
 背景美術はあくまでテレビシリーズの延長線上といった描き込みだが、解像度が上がったことで、いかにも蟲師らしい土と緑は俄然生命力を増している。
 細かいフィルターワークが色々とかかっているようで、全体的にソフトフォーカス気味ながら見せるべきものはきちんと見せてくれる。
 この作品は「日蝕」がネタになっており、作中の大半は薄暗がりの中で展開する。濃く淀んだ灰色の空は、時折圧縮に伴う色ノイズの片鱗を見せるものの、ぎりぎりのところで制御しているという印象。
 総じて画は安定しており、安心してみていられる。

○見どころ
 日蝕を見上げるかつての登場人物たち(素晴らしいシーン!)
 太陽に向かって立ち昇る蟲の乱舞(高解像度ならではの情報量)


○音質
 ステレオである。
 その意気やよし。
 やる気のないふざけたサラウンドになんかされるよりも、きちんと作り込んだステレオの方がずっと善い。特に蟲師は活劇などではないのだから、この路線は正解だと思う。
 声はやかましいわけでも存在感が薄いわけでもなく、よく通る。
 前シリーズからおなじみの幽冥な音楽の数々も、たおやかに存在を主張する。
 活劇ではないステレオ音響とはいえ、作品全体を通してのダイナミックレンジはなかなかに高く、すべての音楽、すべての効果音に込められた制作陣の愛情をありありと聴き取ることが出来よう。

○聴きどころ
 聲


○総評
 前シリーズのこともあって少々心配していた画質面の不安は払拭されたと言っていいだろう。特典映像を見る限り、蟲師続章はさらなる高画質を期待できそうだ。音質面でも手抜きはない。
 蟲師ファンなら是非買うべし。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第103回『ランボー 最後の戦場』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

QNAPでJRiver Media Centerが使えるようになった

Media Center version 21.0.7 has been released onQN

記事を読む

【システム】 QNAP TS-119

 2010年のネットワークオーディオ。  そりゃもう大変である。  2013年が終わる時点でも状

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『サーバー』を用意する

 サーバーとは何か? →コチラとコチラ  今までの実践編で、『音源』/『ライブラリ』は

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑