*

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

パトレイバーその2です。
1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの80年代と90年代の間における表現の変遷を仔細に観察できます。
80年代のアニメから<中略>なのです。

1から2になって、パトレイバーというよりは押井になりました。
公開から14年経っても平和ボケし腐った日本は相変わらず。


画質:7 音質:8


映像はAVCでビットレートは30台後半を維持。
音声はドルビーTRUEHDでビットレートは3Mbps前後。

画質について。
1に比べると一気に画質が向上しています。時代と技術の進歩を考えれば当然とも言えますが。描線はシャープになり、画は透明感を得ます。1であれだけあったマスター由来の傷の類も殆ど消えています。やはり、BDすなわちハイビジョン解像度の恩恵を最大限に受けられるのはこの辺りの時代からなのでしょうか。マスターの品質的な意味でも、作品それ自体が持つ情報量的な意味でも。
実写なら作品それ自体の情報量なら今も昔も基本的には大して変わらないと思いますが(画質うんぬんの話ではなく)、アニメだとそうもいきませんから。
かなり暗い場面が多いですが、破綻はありません。流石に高画質と言えるほどでもありませんが、安定した画質を見せます。

音質について。
基本的には1と同様の音作りです。
1に比べてエンタメ的な演出やら場面やらが少なくなり、それに伴って派手な音響も少なくなりましたが、要所要所では相変わらず鋭い音を聴かせてくれます。
あと、1にも言えることですが、サラウンドチャンネルに音声を割り振る場面が結構あるのですが、得てしてその声の音量がセンターに比べて異常に小さいんですよね。うちみたいに大音量で鳴らせないような環境だと聞き取るのに苦労します。音響演出上のぼそぼそ声と割り切ってしまえばいい気もしますが。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

オーディオ業界が本気でハイレゾを普及させるために必要なこと

 それなりに真面目に考えてみる。  商売云々を度外視した理想論であることは承知している。  あく

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第49回『パフューム ある人殺しの物語』

これはえろい!!!!!!!!!!!!!!! 画質:13 音質:11 映像はAVC

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑