*

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』

BDローンサバイバー


画質:15
音質:15


映像:AVC MGVC(Master Grade Video Coding)
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch advanced 96k upsampling


○画質
 完璧に素晴らしい画。
 戦争映画だというのに極めて清廉で、たおやかで、見目麗しい。
 透き通る闇、瑞々しい木々の緑、金色の木洩れ陽、山の澄んだ空、荒涼とした岩肌……本作が戦争映画だということを忘れてしまうくらい、本作の画は美しい。素直に“映像美”と言ってしまいたくなるほどに。
 それでいて鮮鋭で、情報量に漲り、炸裂する鉄火と血飛沫のディティールを叩き付けてくる。迫真のクローズアップ。撒き散らされる血と吐瀉物。圧倒的に酷薄に、冷徹に、この手の映画にありがちな粒状感過多といった演出の手を一切借りず、ただひたすらあるものをあるがままに、恐るべき鮮度で映し出すことによって醸成される圧巻の“戦争”。
 最初から最後まで釘付けである。
 ちなみに本作はMGVCを採用した初の実写映画らしい。その効果がどこまで発揮されているかは定かではないし興味もないが、結果として出来上がったのが極めつけの高画質であることに異論はない。

○見どころ
 木々の緑と木洩れ陽が織り成す神々しい光景


○音質
 これまた壮絶に素晴らしい。
 戦争映画でありながら、最初の銃声が響くのはなんと開始から55分後。
 しかし、本作のサウンドデザインは極めて精密かつ周到であり、そこに到るまで退屈するようなことは一切なかった。
 冒頭、音圧を欲張らずとも豊かな立体感を見せるヘリの駆動音に始まり、鮮烈なダイアローグ、高品位な劇伴と、本作の非凡な音響的資質を期待させるに相応しい始まり。闇夜の山中に降り立ち、静かに行軍する中にも、木々を渡る風や周囲を飛ぶ虫の羽音など、静寂と緊張を高める仕掛けが随所に凝らされている。劇伴の使い方も実に素晴らしい。
 そしてついに戦いの火蓋が切って落とされるわけだが、期待通り、否期待を上回って余りあるとてつもない銃撃戦である。究極的な爆発力は『プライベート・ライアン』や『ランボー 最後の戦場』に僅かに及ばない印象だが、精緻極まりない空間の構築、そして何より“本気で視聴者を殺しにかかっている”容赦のなさはそれらに匹敵する。銃火の威力はRPGや機関銃も含めて十二分に素晴らしく、スピーカーは終始咆えっ放し。
 音も画と同様、演出的な大仰を廃して酷薄に徹した無慈悲なもの。鼓膜と肉体を鋭利に切り裂き、心を震わせる。
 これぞ銃撃戦、これこそマルチチャンネル・サラウンドである。
 ちなみにスタッフロールを見ていて気付いたのだが、本作はDolby Atmosではないようだ。

○聴きどころ
 すべて

○総評
 文句なしの超優秀盤。
 AV的なクオリティは勿論のこと、作品としても素晴らしい。
 “Dolby Atmos以前”、その有終の美を飾るに相応しい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 到達目標の確認

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌にしがたい快適さ。

記事を読む

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

【システム全景】(2016/03/25) オーディオとホームシアターの両立を目指して

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Beat

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Beat

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑