*

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』

BDローンサバイバー


画質:15
音質:15


映像:AVC MGVC(Master Grade Video Coding)
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch advanced 96k upsampling


○画質
 完璧に素晴らしい画。
 戦争映画だというのに極めて清廉で、たおやかで、見目麗しい。
 透き通る闇、瑞々しい木々の緑、金色の木洩れ陽、山の澄んだ空、荒涼とした岩肌……本作が戦争映画だということを忘れてしまうくらい、本作の画は美しい。素直に“映像美”と言ってしまいたくなるほどに。
 それでいて鮮鋭で、情報量に漲り、炸裂する鉄火と血飛沫のディティールを叩き付けてくる。迫真のクローズアップ。撒き散らされる血と吐瀉物。圧倒的に酷薄に、冷徹に、この手の映画にありがちな粒状感過多といった演出の手を一切借りず、ただひたすらあるものをあるがままに、恐るべき鮮度で映し出すことによって醸成される圧巻の“戦争”。
 最初から最後まで釘付けである。
 ちなみに本作はMGVCを採用した初の実写映画らしい。その効果がどこまで発揮されているかは定かではないし興味もないが、結果として出来上がったのが極めつけの高画質であることに異論はない。

○見どころ
 木々の緑と木洩れ陽が織り成す神々しい光景


○音質
 これまた壮絶に素晴らしい。
 戦争映画でありながら、最初の銃声が響くのはなんと開始から55分後。
 しかし、本作のサウンドデザインは極めて精密かつ周到であり、そこに到るまで退屈するようなことは一切なかった。
 冒頭、音圧を欲張らずとも豊かな立体感を見せるヘリの駆動音に始まり、鮮烈なダイアローグ、高品位な劇伴と、本作の非凡な音響的資質を期待させるに相応しい始まり。闇夜の山中に降り立ち、静かに行軍する中にも、木々を渡る風や周囲を飛ぶ虫の羽音など、静寂と緊張を高める仕掛けが随所に凝らされている。劇伴の使い方も実に素晴らしい。
 そしてついに戦いの火蓋が切って落とされるわけだが、期待通り、否期待を上回って余りあるとてつもない銃撃戦である。究極的な爆発力は『プライベート・ライアン』や『ランボー 最後の戦場』に僅かに及ばない印象だが、精緻極まりない空間の構築、そして何より“本気で視聴者を殺しにかかっている”容赦のなさはそれらに匹敵する。銃火の威力はRPGや機関銃も含めて十二分に素晴らしく、スピーカーは終始咆えっ放し。
 音も画と同様、演出的な大仰を廃して酷薄に徹した無慈悲なもの。鼓膜と肉体を鋭利に切り裂き、心を震わせる。
 これぞ銃撃戦、これこそマルチチャンネル・サラウンドである。
 ちなみにスタッフロールを見ていて気付いたのだが、本作はDolby Atmosではないようだ。

○聴きどころ
 すべて

○総評
 文句なしの超優秀盤。
 AV的なクオリティは勿論のこと、作品としても素晴らしい。
 “Dolby Atmos以前”、その有終の美を飾るに相応しい。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

2015年の心残りその3 aria music serverはどうなった?

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch aria music

記事を読む

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】芸能山城組 / 交響組曲 AKIRA

AKIRAのハイレゾ ・アーティスト / アルバムタイトル 芸能山城組 / 交響組曲

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑