*

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。
有名どころはとりあえず取り上げたので、今回は個人的趣味で選びました。
BDソフトとしては最初期に発売されたソフトですので、その当時から現在のソフトがどのように進化してきたか? ということを知る上でも有用かと思います。


画質:5 音質:10→14(改訂)


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは25Mbps程度。
音声はリニアPCM収録で、ビットレートは4.6Mbps。

画質は……まあこんなもんでしょう。正直言ってパッとしません。
私がPS3を買ってBDを見始めたのは去年の12月、最初に5本のソフトを買いました。ミッション・インポッシブル3、イノセンス、アンダーワールド2エボリューション、キングダム・オブ・ヘブン、そしてこのステルスです。その最初の5本の中でも既に歴然とした画質差が出ているところが面白いですね。
そんなわけで、無論「BDってすげー」と思うぶんには十二分な高画質なのですが、BDソフトとしては決して高画質なわけではありません。血沸き肉踊るドッグファイトのシーンはなかなかの高画質なのですが、非ドッグファイトのシーン、基地・空母の指令室やら、人物の色やらは初期のBDに見られる“異常な色の濃さ”が顕著に現れています。解像感はそれなりにあるのですが、ノイズもかなり出ています。

音質は素晴らしいの一言に尽きます。ステルスは私が初めて聴いたリニアPCMのソフトで、その時の衝撃から評価が必要以上に高くなっている可能性もありますが、とにかく素晴らしいものは素晴らしいのです。
PS3経由でリニアPCMを聴くためにTA-DA3200ESを買い、HDMIで接続しました。例によって、まずは従来どおりドルビーデジタルで聴きます。例によってドルビーデジタルの音です。BDなのでDVDよりはちょっぴり音がいいですが。視聴するのは冒頭の戦闘です。さて、リニアPCMを選択し、再び冒頭を見始めました。
オォーッ! こいつぁスゲェーッ!!
一気にボリュームを上げたかのようです。音圧、解像度、情報量、何から何までドルビーデジタルとは圧倒的に違います。元々の音響設計の素晴らしさも相まって、リニアPCMの実力というものを心の底から実感しました。
mp3とCDの間には無限に等しい差がありますが、要はそういうことです。

画質については流石に高画質とは言い難いですが、音については現時点においても最高峰です。派手な戦闘場面での音響の素晴らしさは未だに他の追随を許しません。
よりスケールの大きなドンパチ音響としてはリファレンス足り得る素晴らしいサウンド!
戦闘機が好きな方は是非どうぞ。みんな大好きSu-37ターミネーターとのドッグファイトもあるよ!




おまけ

基本的にこの企画では画質音質を10段階評価していますが、敢えて平均的なDVDの画質を同じ土俵で評価するとすれば、限りなく0に近い1となります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

exaSound PlayPointがRoonReady & Roon Serverで国内一番乗りになったぞ

 一番乗りおめでとう。 exaSoundからネットワークトランスポート「PlayPoint」。

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

no image

パシフィック・リムの日本版BDの情報が公開されたわけだが

北米盤 7.1ch 日本盤 5.1ch また劣化か、ワーナー ダークシティのこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【祝】OPPO Sonica DACは2月上旬発売

OPPO「Sonica DAC」は9.8万円、2月上旬発売。ES9038PRO搭載のネットワーク対応

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

 この記事で言う「単体プレーヤー」とは、「オーディオ機器として売られているネットワークオーディオプレ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第68回『魔法にかけられて』

画質・実写部:9 アニメーション部:14  音質:12 映像はAVCでビットレートは高め。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑