*

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。
有名どころはとりあえず取り上げたので、今回は個人的趣味で選びました。
BDソフトとしては最初期に発売されたソフトですので、その当時から現在のソフトがどのように進化してきたか? ということを知る上でも有用かと思います。


画質:5 音質:10→14(改訂)


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは25Mbps程度。
音声はリニアPCM収録で、ビットレートは4.6Mbps。

画質は……まあこんなもんでしょう。正直言ってパッとしません。
私がPS3を買ってBDを見始めたのは去年の12月、最初に5本のソフトを買いました。ミッション・インポッシブル3、イノセンス、アンダーワールド2エボリューション、キングダム・オブ・ヘブン、そしてこのステルスです。その最初の5本の中でも既に歴然とした画質差が出ているところが面白いですね。
そんなわけで、無論「BDってすげー」と思うぶんには十二分な高画質なのですが、BDソフトとしては決して高画質なわけではありません。血沸き肉踊るドッグファイトのシーンはなかなかの高画質なのですが、非ドッグファイトのシーン、基地・空母の指令室やら、人物の色やらは初期のBDに見られる“異常な色の濃さ”が顕著に現れています。解像感はそれなりにあるのですが、ノイズもかなり出ています。

音質は素晴らしいの一言に尽きます。ステルスは私が初めて聴いたリニアPCMのソフトで、その時の衝撃から評価が必要以上に高くなっている可能性もありますが、とにかく素晴らしいものは素晴らしいのです。
PS3経由でリニアPCMを聴くためにTA-DA3200ESを買い、HDMIで接続しました。例によって、まずは従来どおりドルビーデジタルで聴きます。例によってドルビーデジタルの音です。BDなのでDVDよりはちょっぴり音がいいですが。視聴するのは冒頭の戦闘です。さて、リニアPCMを選択し、再び冒頭を見始めました。
オォーッ! こいつぁスゲェーッ!!
一気にボリュームを上げたかのようです。音圧、解像度、情報量、何から何までドルビーデジタルとは圧倒的に違います。元々の音響設計の素晴らしさも相まって、リニアPCMの実力というものを心の底から実感しました。
mp3とCDの間には無限に等しい差がありますが、要はそういうことです。

画質については流石に高画質とは言い難いですが、音については現時点においても最高峰です。派手な戦闘場面での音響の素晴らしさは未だに他の追随を許しません。
よりスケールの大きなドンパチ音響としてはリファレンス足り得る素晴らしいサウンド!
戦闘機が好きな方は是非どうぞ。みんな大好きSu-37ターミネーターとのドッグファイトもあるよ!




おまけ

基本的にこの企画では画質音質を10段階評価していますが、敢えて平均的なDVDの画質を同じ土俵で評価するとすれば、限りなく0に近い1となります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】exaSound PlayPoint

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・追記】 【考察】

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPC

記事を読む

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

ヤマハの7年ぶりの単体ネットワークオーディオプレーヤー「NP-S303」

ヤマハ、7年ぶりの単体ネットワークプレーヤー「NP-S303」ー 49,000円 - Phile-w

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑