*

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。
有名どころはとりあえず取り上げたので、今回は個人的趣味で選びました。
BDソフトとしては最初期に発売されたソフトですので、その当時から現在のソフトがどのように進化してきたか? ということを知る上でも有用かと思います。


画質:5 音質:10→14(改訂)


映像コーデックはMPEG-2でビットレートは25Mbps程度。
音声はリニアPCM収録で、ビットレートは4.6Mbps。

画質は……まあこんなもんでしょう。正直言ってパッとしません。
私がPS3を買ってBDを見始めたのは去年の12月、最初に5本のソフトを買いました。ミッション・インポッシブル3、イノセンス、アンダーワールド2エボリューション、キングダム・オブ・ヘブン、そしてこのステルスです。その最初の5本の中でも既に歴然とした画質差が出ているところが面白いですね。
そんなわけで、無論「BDってすげー」と思うぶんには十二分な高画質なのですが、BDソフトとしては決して高画質なわけではありません。血沸き肉踊るドッグファイトのシーンはなかなかの高画質なのですが、非ドッグファイトのシーン、基地・空母の指令室やら、人物の色やらは初期のBDに見られる“異常な色の濃さ”が顕著に現れています。解像感はそれなりにあるのですが、ノイズもかなり出ています。

音質は素晴らしいの一言に尽きます。ステルスは私が初めて聴いたリニアPCMのソフトで、その時の衝撃から評価が必要以上に高くなっている可能性もありますが、とにかく素晴らしいものは素晴らしいのです。
PS3経由でリニアPCMを聴くためにTA-DA3200ESを買い、HDMIで接続しました。例によって、まずは従来どおりドルビーデジタルで聴きます。例によってドルビーデジタルの音です。BDなのでDVDよりはちょっぴり音がいいですが。視聴するのは冒頭の戦闘です。さて、リニアPCMを選択し、再び冒頭を見始めました。
オォーッ! こいつぁスゲェーッ!!
一気にボリュームを上げたかのようです。音圧、解像度、情報量、何から何までドルビーデジタルとは圧倒的に違います。元々の音響設計の素晴らしさも相まって、リニアPCMの実力というものを心の底から実感しました。
mp3とCDの間には無限に等しい差がありますが、要はそういうことです。

画質については流石に高画質とは言い難いですが、音については現時点においても最高峰です。派手な戦闘場面での音響の素晴らしさは未だに他の追随を許しません。
よりスケールの大きなドンパチ音響としてはリファレンス足り得る素晴らしいサウンド!
戦闘機が好きな方は是非どうぞ。みんな大好きSu-37ターミネーターとのドッグファイトもあるよ!




おまけ

基本的にこの企画では画質音質を10段階評価していますが、敢えて平均的なDVDの画質を同じ土俵で評価するとすれば、限りなく0に近い1となります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。  今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあ

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Mivera Audio Superstream Transport/Server

Mivera Audio  1250ドルのRoon Server。  この価格でCore

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回と前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。  それを踏まえて

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第154回『HALO LEGENDS』

画質:8 音質:6 映像はVC-1、音声はドルビーデジタルのみ 画質について。 フ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:15 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:13 (評価の詳細につ

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑