*

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力!


そうそう、馬鹿映画はこうじゃなくっちゃ。ねぇ。

でも……


画質:9 音質:10


映像はAVCでビットレート30台を中心に推移。
音声は二言語をドルビーTRUEHD収録。
基本的な仕様はダニー・ザ・ドッグとほとんどおんなじ。

画質について。
馬鹿映画なのに大作映画を見てるみたい! ふしぎ!!
そのくらい、完璧に調律された画です。
目の覚めるような超高画質、と言うには一歩及びませんが、画作りの一貫性という点ではなかなかお目にかかれないレベルにあります。
でもコレ、実はMI:3が目指そうと思ったけどまるで駄目だった、そんな画作りの成功例なんですよね。
コントラストはギラッと高く。
色はゴリッと重く。
映画館で見ると単純に薄汚くなっちまうような色使いですが、BDではそんな画作りのイデアを拝むことができます。

音質について。
Ugh!!
ファッキンジャパニーズヤクゥザユーバスタードサノバビッチマザーファッカー!!!
全編通してニホンゴモドキが途切れません。
たぶん一番まともな日本語を喋ってるのはケイン・コスギです。
っつーかアフロサムライの日本語のほうがマシなんじゃね?
ニホンゴモドキはさておき、最近のBDにおける音質向上の傾向として、U-571に代表される“ダイナミックレンジの拡大”ってのがあるわけですが、この作品もまた見事にその傾向に乗っています。
DVD全般の問題として、あたしは絶対的なダイナミックレンジの不足ってのを常々感じてきました。プライベート・ライアンにしろブラックホーク・ダウンにしろ、銃声が他の有象無象の音に対してさしたる威力上の優位性を持ってなかったように思うんです。そりゃあ音の大小は当然ありますけど、絶対的なものではない。まあBDにも未だにこの次元に留まってるソフトもありますけどね。
その点、BDは違うんです。
この映画も凄いんです。
別に大層な銃が出てくるわけじゃありません。所詮ヤクゥザやポリ公が使うような銃です。
でも、違うんですよ。銃声にきちんとビビるんです。
ビクゥッ!
いつもの音量ポジションで見てたら隣の部屋から「うるせー!!」って言われるくらい、銃声とその他の音との絶対的な違いがあるんです。ひとえにダイナミックレンジの拡大が為せる業でしょう。
ついでに言っておきますけど、“ダイナミックレンジ”の拡大と言っても決して音圧威力方向だけではなくて、きちんと“静寂”の表現力も格段に増してます。そのくせ中身もムギュッと詰まっているので、大げさですけど雑巾から絹に変わったかのような変化があるんです。
BDとロスレス音声がもたらす音質向上は決してお上品な映画や音楽部分にのみ貢献するもんじゃあ決してありませんぜ。
より下品にッ! より凄惨にッ! より酷薄にッ!


ところでこの映画の主人公って誰だっけ?





おまけ

デイズニー、フォーマット戦争終結で「全力でBlu-rayに取り組む」
-「眠れる森の美女」をBD化。宮崎駿が愛するアニメも

ディズニー、散々BD応援宣言をしてるくせしてそんなにソフト出さんよな。
まあどのアニメ作品もそうそう簡単に出せない超級プレミアムな作品だってのは分かるけどさ。
早くファンタジアとかをBDで拝みたいなあ。
インデペンデンス・デイの回でも書いたけれど、BDは記憶の中で昇華された感動の原体験を鮮やかに蘇らせてなお余りあるポテンシャルを持ってるんです。
今なら、あの麻倉センセの提示したグラフの意味が分かります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

2Wayシアターというのも悪くない

画質を取るか、迫力を取るか 画質が迫力を凌駕する瞬間  いわゆる2Wayシアター。  

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 サーバーソフトについて

「いやちょっと待て、そもそもサーバーソフトって何だ?」  となる人は以下の記事を参照のこと。

記事を読む

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - Phile-web  

記事を読む

【BDレビュー】第263回『アナと雪の女王』

国内盤。 画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいことベースの横断的な再生ソフト紹介

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAurender。  Linux

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑