*

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力!


そうそう、馬鹿映画はこうじゃなくっちゃ。ねぇ。

でも……


画質:9 音質:10


映像はAVCでビットレート30台を中心に推移。
音声は二言語をドルビーTRUEHD収録。
基本的な仕様はダニー・ザ・ドッグとほとんどおんなじ。

画質について。
馬鹿映画なのに大作映画を見てるみたい! ふしぎ!!
そのくらい、完璧に調律された画です。
目の覚めるような超高画質、と言うには一歩及びませんが、画作りの一貫性という点ではなかなかお目にかかれないレベルにあります。
でもコレ、実はMI:3が目指そうと思ったけどまるで駄目だった、そんな画作りの成功例なんですよね。
コントラストはギラッと高く。
色はゴリッと重く。
映画館で見ると単純に薄汚くなっちまうような色使いですが、BDではそんな画作りのイデアを拝むことができます。

音質について。
Ugh!!
ファッキンジャパニーズヤクゥザユーバスタードサノバビッチマザーファッカー!!!
全編通してニホンゴモドキが途切れません。
たぶん一番まともな日本語を喋ってるのはケイン・コスギです。
っつーかアフロサムライの日本語のほうがマシなんじゃね?
ニホンゴモドキはさておき、最近のBDにおける音質向上の傾向として、U-571に代表される“ダイナミックレンジの拡大”ってのがあるわけですが、この作品もまた見事にその傾向に乗っています。
DVD全般の問題として、あたしは絶対的なダイナミックレンジの不足ってのを常々感じてきました。プライベート・ライアンにしろブラックホーク・ダウンにしろ、銃声が他の有象無象の音に対してさしたる威力上の優位性を持ってなかったように思うんです。そりゃあ音の大小は当然ありますけど、絶対的なものではない。まあBDにも未だにこの次元に留まってるソフトもありますけどね。
その点、BDは違うんです。
この映画も凄いんです。
別に大層な銃が出てくるわけじゃありません。所詮ヤクゥザやポリ公が使うような銃です。
でも、違うんですよ。銃声にきちんとビビるんです。
ビクゥッ!
いつもの音量ポジションで見てたら隣の部屋から「うるせー!!」って言われるくらい、銃声とその他の音との絶対的な違いがあるんです。ひとえにダイナミックレンジの拡大が為せる業でしょう。
ついでに言っておきますけど、“ダイナミックレンジ”の拡大と言っても決して音圧威力方向だけではなくて、きちんと“静寂”の表現力も格段に増してます。そのくせ中身もムギュッと詰まっているので、大げさですけど雑巾から絹に変わったかのような変化があるんです。
BDとロスレス音声がもたらす音質向上は決してお上品な映画や音楽部分にのみ貢献するもんじゃあ決してありませんぜ。
より下品にッ! より凄惨にッ! より酷薄にッ!


ところでこの映画の主人公って誰だっけ?





おまけ

デイズニー、フォーマット戦争終結で「全力でBlu-rayに取り組む」
-「眠れる森の美女」をBD化。宮崎駿が愛するアニメも

ディズニー、散々BD応援宣言をしてるくせしてそんなにソフト出さんよな。
まあどのアニメ作品もそうそう簡単に出せない超級プレミアムな作品だってのは分かるけどさ。
早くファンタジアとかをBDで拝みたいなあ。
インデペンデンス・デイの回でも書いたけれど、BDは記憶の中で昇華された感動の原体験を鮮やかに蘇らせてなお余りあるポテンシャルを持ってるんです。
今なら、あの麻倉センセの提示したグラフの意味が分かります。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを  祝・発売。

記事を読む

【UHD BDレビュー】第26回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 米国盤 【Dolby Atmos】

 ディズニーは日本でUHD BDを売るつもりはないのか……? 画質:8(HDR10

記事を読む

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

no image

【BDレビュー】第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいことベースの横断的な再生ソフト紹介

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑