*

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。

ガン=カタの人はターミネーターの新シリーズでジョン・コナー役を演じるらしいですね。
そりゃー明鏡止水の域に達したクラリックが相手じゃメカ軍も諸手を挙げて降参でしょうな。

そうそうこの映画、デジタル撮影じゃなくてフィルム撮影なんですって。


画質:10 音質:9


映像はAVCでビットレートは30台で安定。ギャガの伝統です。
音声はリニアPCM収録。ドルビーTRUEHDも収録してます。

画質について。
上述の通り、デジタル撮影ではないそうです。まれに物理的なフィルム由来の傷が見えたのに加え、インデペンデンスデイやU-571に見られるのと同種の“光”が見られたんでそうだとは思いましたがね。
画質の傾向としてはオペラ座の怪人とそっくりです。1900年前後のイギリスの空気感まで再現するぞッ! という意気込みが相当あったらしいですが、その試みは見事に成功しています。デジタル撮影のようながりがりの解像感はありませんが、そのかわりに見事なまでの空気感があります。色彩も落ち着きと絢爛さを両立していて穏やかな味がありますし、アナログならではの画としての一体感は得難いものです。(この一体感をデジタル撮影で実現してるのが蜘蛛男3とバイオ3なわけですがね)圧縮由来のノイズやら画作りの破綻も皆無と言っていいでしょう。アナログ撮影の作品としては画質の極致ではないでしょうか。
より高い次元で話を進めるなら、全編を通じて非常に高い水準の画質を見せるのですが、オォォッ! と唸るような場面は残念ながらありませんでした。
この、オォォッ! と唸るような場面があれば11以上が出ます。
とにかく素晴らしい画質なのは間違い無しですぜ。

音質について。
一つの例外を除いて基本的に派手な音響はありません。
その一つの例外である、或る天才科学者の手による装置が放つスパークの乱舞は相当な聴き応えがあります。この作品における音響の山場です。この場面は音圧的にも凄まじいですが、なにより凄いのは一つ一つの繊細な音が無数に絡まりあってその威力を生んでいうことです。ちょっと聴いたことのない種類の音でした。
ビチビチバチバチ音が乱れ飛ぶ様はおっかないですね。鳥肌が立ちます。
山場での素晴らしい音響が目玉ですが、あいにく日常的な場面になると音の存在感がちっとも無くなります。音楽もまるで印象に残りません。
っつーわけで総合してこの点数です。
日常を静として、静と動の対比を極端にするってのも狙いかもしれませんねえ。






おまけっつーか質問

得てしてプロジェクターってテレビに比べて猛烈に色域が広いですよね。
どうしてなんでしょうか。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α

 Kinskyに続くLINN純正のコントロールアプリ、Linn Kazoo。  長らくiPad

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

OPPO Sonica DAC

<ヘッドホン祭>OPPOのネットワークプレーヤー「Sonica DAC」/MrSpeakersの静電

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。  何度同じことを書いたかわからない。  LUMIN A1を導入

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑