*

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。

ガン=カタの人はターミネーターの新シリーズでジョン・コナー役を演じるらしいですね。
そりゃー明鏡止水の域に達したクラリックが相手じゃメカ軍も諸手を挙げて降参でしょうな。

そうそうこの映画、デジタル撮影じゃなくてフィルム撮影なんですって。


画質:10 音質:9


映像はAVCでビットレートは30台で安定。ギャガの伝統です。
音声はリニアPCM収録。ドルビーTRUEHDも収録してます。

画質について。
上述の通り、デジタル撮影ではないそうです。まれに物理的なフィルム由来の傷が見えたのに加え、インデペンデンスデイやU-571に見られるのと同種の“光”が見られたんでそうだとは思いましたがね。
画質の傾向としてはオペラ座の怪人とそっくりです。1900年前後のイギリスの空気感まで再現するぞッ! という意気込みが相当あったらしいですが、その試みは見事に成功しています。デジタル撮影のようながりがりの解像感はありませんが、そのかわりに見事なまでの空気感があります。色彩も落ち着きと絢爛さを両立していて穏やかな味がありますし、アナログならではの画としての一体感は得難いものです。(この一体感をデジタル撮影で実現してるのが蜘蛛男3とバイオ3なわけですがね)圧縮由来のノイズやら画作りの破綻も皆無と言っていいでしょう。アナログ撮影の作品としては画質の極致ではないでしょうか。
より高い次元で話を進めるなら、全編を通じて非常に高い水準の画質を見せるのですが、オォォッ! と唸るような場面は残念ながらありませんでした。
この、オォォッ! と唸るような場面があれば11以上が出ます。
とにかく素晴らしい画質なのは間違い無しですぜ。

音質について。
一つの例外を除いて基本的に派手な音響はありません。
その一つの例外である、或る天才科学者の手による装置が放つスパークの乱舞は相当な聴き応えがあります。この作品における音響の山場です。この場面は音圧的にも凄まじいですが、なにより凄いのは一つ一つの繊細な音が無数に絡まりあってその威力を生んでいうことです。ちょっと聴いたことのない種類の音でした。
ビチビチバチバチ音が乱れ飛ぶ様はおっかないですね。鳥肌が立ちます。
山場での素晴らしい音響が目玉ですが、あいにく日常的な場面になると音の存在感がちっとも無くなります。音楽もまるで印象に残りません。
っつーわけで総合してこの点数です。
日常を静として、静と動の対比を極端にするってのも狙いかもしれませんねえ。






おまけっつーか質問

得てしてプロジェクターってテレビに比べて猛烈に色域が広いですよね。
どうしてなんでしょうか。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のサーバーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 (ネットワークオーディオにおける)理想のサーバーとは何か。  私が考えるに、それは、

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑