*

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:15

映像はVC-1でビットレートの詳細は後述
音声はドルビーTRUEHDの16bit

画質について。
IMAX撮影SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
いつぞやどこぞでフィルムの情報量はデジタル解像度で言うところの3840×2160に相当するとかなんとか、そんな感じのことを読んだことがあるけれども、まさにその名に恥じない究極のアナログ画質……もといフィルム画質というべきか。圧倒的な情報量とアナログ特有の滑らかさが同居する画には度肝を抜かれるとしか言いようがない。圧巻。フィルム撮影の底力というものを心の底から実感できる。
一方、IMAX撮影以外の撮影でもカメラはデジタルではなく35mmフィルムを使っているそうな。つまるところデジタル全盛の昨今において珍しい?全編フィルム撮影というわけ。監督のクリストファー・ノーランはフィルムが大好きみたい。プレステージでも全編フィルムだったし。
IMAX撮影ではない部分の画作りはかなりダーク・シティと似通っており、どう見てもデジタル撮影には見えないからフィルム撮影かな?と思ってメイキングを見たら案の定その通り。IMAX撮影に比べて情報量は明らかに少ないが精細感と滑らかさが同居するというフィルムの良さを十分発揮しており、35mm部分の画質もハイビジョンディスクとしては上々の部類に入る。とはいうものの、70mmと35mmの画質差が結構激しい部分があるのは仕方が無いところか。
あと、ワーナー作品に常に付きまとっていた“暗部の薄汚れ”は皆無。
ダークナイトの名に相応しい、美しい闇を全編に渡って実現。ソフト化にあたってそれは当然のことのようにも思えるけど、ワーナーの糞のような仕事を見続けてきたのでそれすら幸せである。
VC-1は決して力不足なのではない。窮屈な場所に閉じ込められた上に十分なやる気を込められなかっただけ。ちなみにダークナイトでのビットレートは平均すれば20台半ば、IMAX撮影の場面では30~40に一気に跳ね上がる。紛れも無く“最初からBDのためにエンコードした”作品。シューテムアップからダークナイトへ。ワーナーもようやくここまできたか……

音質について。
あー、これは15点あげる。
うん、文句なし。
画質評価に比べて音質評価はとっても難しくて、ある程度判断基準のある画質とは違って音質を判断する根拠は自分の感性だけ。
ダークナイトは過去最高にあたしの感性をふるわせた、それは間違いない。
過去の高音質評価のソフトをもってダークナイトの音を描写するなら、“U-571の爆雷投下シーンの緊張感を全編常にみなぎらせ”、“インデペンデンス・デイ以上に体を揺らす爆発音を有し”、“静寂から極大へ立ち上がる鋭さはバイオハザード3に匹敵”、“BGMを単なる音楽ではなく音響として有効活用するレベルはステルスやバンテージ・ポイントと同等”。
今まで視聴してきた100枚以上のBDの音響における美点を全て兼ね備えたかのような、まったくもって凄まじい音。
これは聴くしか。


ワーナー史上最高のクオリティというだけでなく、あたしが見てきた全てのBDの中でもトップに位置するとてつもないソフト。
今回ばかりはワーナーに惜しみない賛辞を。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 本題である。  前々から言っているとおり、正直なところ私はDSD音源にあまり興味がない。

記事を読む

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。 11 Years of US CD Sales - stereop

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 システムの維持管理

 「システムの維持管理」と銘打ってはいるが、ここまできたユーザーにとって、これ以上気を付けることはほ

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Hello Troll

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Hello Troll

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

今度こそさらば、SongBook

さらば、SongBook おかえり、SongBook  最初にさらばと言った途端So

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

Nmode X-PM7 続・音質編 LモードとHモード

 HモードのX-PM7は素晴らしいスピーカー駆動力を示したが、ホワイトノイズの多さに我慢ならなくなっ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑