*

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:15

映像はVC-1でビットレートの詳細は後述
音声はドルビーTRUEHDの16bit

画質について。
IMAX撮影SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
いつぞやどこぞでフィルムの情報量はデジタル解像度で言うところの3840×2160に相当するとかなんとか、そんな感じのことを読んだことがあるけれども、まさにその名に恥じない究極のアナログ画質……もといフィルム画質というべきか。圧倒的な情報量とアナログ特有の滑らかさが同居する画には度肝を抜かれるとしか言いようがない。圧巻。フィルム撮影の底力というものを心の底から実感できる。
一方、IMAX撮影以外の撮影でもカメラはデジタルではなく35mmフィルムを使っているそうな。つまるところデジタル全盛の昨今において珍しい?全編フィルム撮影というわけ。監督のクリストファー・ノーランはフィルムが大好きみたい。プレステージでも全編フィルムだったし。
IMAX撮影ではない部分の画作りはかなりダーク・シティと似通っており、どう見てもデジタル撮影には見えないからフィルム撮影かな?と思ってメイキングを見たら案の定その通り。IMAX撮影に比べて情報量は明らかに少ないが精細感と滑らかさが同居するというフィルムの良さを十分発揮しており、35mm部分の画質もハイビジョンディスクとしては上々の部類に入る。とはいうものの、70mmと35mmの画質差が結構激しい部分があるのは仕方が無いところか。
あと、ワーナー作品に常に付きまとっていた“暗部の薄汚れ”は皆無。
ダークナイトの名に相応しい、美しい闇を全編に渡って実現。ソフト化にあたってそれは当然のことのようにも思えるけど、ワーナーの糞のような仕事を見続けてきたのでそれすら幸せである。
VC-1は決して力不足なのではない。窮屈な場所に閉じ込められた上に十分なやる気を込められなかっただけ。ちなみにダークナイトでのビットレートは平均すれば20台半ば、IMAX撮影の場面では30~40に一気に跳ね上がる。紛れも無く“最初からBDのためにエンコードした”作品。シューテムアップからダークナイトへ。ワーナーもようやくここまできたか……

音質について。
あー、これは15点あげる。
うん、文句なし。
画質評価に比べて音質評価はとっても難しくて、ある程度判断基準のある画質とは違って音質を判断する根拠は自分の感性だけ。
ダークナイトは過去最高にあたしの感性をふるわせた、それは間違いない。
過去の高音質評価のソフトをもってダークナイトの音を描写するなら、“U-571の爆雷投下シーンの緊張感を全編常にみなぎらせ”、“インデペンデンス・デイ以上に体を揺らす爆発音を有し”、“静寂から極大へ立ち上がる鋭さはバイオハザード3に匹敵”、“BGMを単なる音楽ではなく音響として有効活用するレベルはステルスやバンテージ・ポイントと同等”。
今まで視聴してきた100枚以上のBDの音響における美点を全て兼ね備えたかのような、まったくもって凄まじい音。
これは聴くしか。


ワーナー史上最高のクオリティというだけでなく、あたしが見てきた全てのBDの中でもトップに位置するとてつもないソフト。
今回ばかりはワーナーに惜しみない賛辞を。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 KOKIA / Where to go my love?

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / Where to go my love?

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

AKIRAのハイレゾ

「交響組曲 AKIRA」が脳を活性化する“ハイパーハイレゾ”で配信開始。DSD 11.2MHzなど

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑