*

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:13 音質:15

映像はVC-1でビットレートの詳細は後述
音声はドルビーTRUEHDの16bit

画質について。
IMAX撮影SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
いつぞやどこぞでフィルムの情報量はデジタル解像度で言うところの3840×2160に相当するとかなんとか、そんな感じのことを読んだことがあるけれども、まさにその名に恥じない究極のアナログ画質……もといフィルム画質というべきか。圧倒的な情報量とアナログ特有の滑らかさが同居する画には度肝を抜かれるとしか言いようがない。圧巻。フィルム撮影の底力というものを心の底から実感できる。
一方、IMAX撮影以外の撮影でもカメラはデジタルではなく35mmフィルムを使っているそうな。つまるところデジタル全盛の昨今において珍しい?全編フィルム撮影というわけ。監督のクリストファー・ノーランはフィルムが大好きみたい。プレステージでも全編フィルムだったし。
IMAX撮影ではない部分の画作りはかなりダーク・シティと似通っており、どう見てもデジタル撮影には見えないからフィルム撮影かな?と思ってメイキングを見たら案の定その通り。IMAX撮影に比べて情報量は明らかに少ないが精細感と滑らかさが同居するというフィルムの良さを十分発揮しており、35mm部分の画質もハイビジョンディスクとしては上々の部類に入る。とはいうものの、70mmと35mmの画質差が結構激しい部分があるのは仕方が無いところか。
あと、ワーナー作品に常に付きまとっていた“暗部の薄汚れ”は皆無。
ダークナイトの名に相応しい、美しい闇を全編に渡って実現。ソフト化にあたってそれは当然のことのようにも思えるけど、ワーナーの糞のような仕事を見続けてきたのでそれすら幸せである。
VC-1は決して力不足なのではない。窮屈な場所に閉じ込められた上に十分なやる気を込められなかっただけ。ちなみにダークナイトでのビットレートは平均すれば20台半ば、IMAX撮影の場面では30~40に一気に跳ね上がる。紛れも無く“最初からBDのためにエンコードした”作品。シューテムアップからダークナイトへ。ワーナーもようやくここまできたか……

音質について。
あー、これは15点あげる。
うん、文句なし。
画質評価に比べて音質評価はとっても難しくて、ある程度判断基準のある画質とは違って音質を判断する根拠は自分の感性だけ。
ダークナイトは過去最高にあたしの感性をふるわせた、それは間違いない。
過去の高音質評価のソフトをもってダークナイトの音を描写するなら、“U-571の爆雷投下シーンの緊張感を全編常にみなぎらせ”、“インデペンデンス・デイ以上に体を揺らす爆発音を有し”、“静寂から極大へ立ち上がる鋭さはバイオハザード3に匹敵”、“BGMを単なる音楽ではなく音響として有効活用するレベルはステルスやバンテージ・ポイントと同等”。
今まで視聴してきた100枚以上のBDの音響における美点を全て兼ね備えたかのような、まったくもって凄まじい音。
これは聴くしか。


ワーナー史上最高のクオリティというだけでなく、あたしが見てきた全てのBDの中でもトップに位置するとてつもないソフト。
今回ばかりはワーナーに惜しみない賛辞を。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaが7.2.7でDSD配信に対応

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【BDレビュー】第335回『ピクセル』 【Dolby Atmos】

画質:12 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Do

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑