*

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch 96kHzアップサンプリング


○画質
 邪魔なノイズがない、黒が美しく沈む、映像の主役になっているものをしっかり映し出す情報量など、BDに求められる画質の諸要素は申し分なし。カリカリに研ぎ澄まされた画ではないが、必要十分の解像感も備えている。
 内容を反映してか、陰鬱かつ不健康な空気感が支配的で、どこか毒々しい色合いの中で楽器や衣服などのディテールがしっとりと浮かび上がる様は倒錯的で美しい。
 ライトに照らされるドラムセットの質感は白眉。「血の滲むような」を通り越して「実際に血まみれ」を迫真性たっぷりで見せ付けてくる。

○見どころ
 J.K.シモンズの頭の皺
 色んな液体が飛び散るシンバル


○音質
 映画音響的なハッタリもなければオーディオ的な胡散臭さもない、非常に冷徹な、淡々とした、抑制の利いた、それでいて底知れない熱を秘めた音。微かな打音もきっちり捉えるべくダイナミックレンジを広く取っているためか、演奏時の音量はそれほど大きくない。素直に音量を上げて堪能しよう。
 気合いの入れたオーディオシステムで、可能な限りの音量で聴くべき静かなる凄みだ。
 「DTS-HD Master Audio 5.1ch 96khzアップサンプリング」という仕様は初めて見る。コレはドルビーTRUEHDの専売特許だと思っていたが、そういうわけでもないらしい。これがどこまでこの卓越した音質に寄与したかはわからないが、可能な限り高品質を目指そうとする姿勢こそが素晴らしいのである。あっぱれ、ギャガ。

○聴きどころ
 WHIPLASH
 CANVAS


○総評
 黎明期から、UHD BDのローンチを迎えた今に到るまで、妥協することなく素晴らしい品質のBDを送り出し続けたギャガに最大限の賛辞を。
 そのこだわりと情熱をもって、UHD BDにも参入してくれることを願って止まない。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

【BDレビュー】第272回『●REC3 ジェネシス』

4が出ることを今さらながら知った記念。3でネタ映画化してそれっきりだと思っていた。 画

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】芸能山城組 / 交響組曲 AKIRA

AKIRAのハイレゾ ・アーティスト / アルバムタイトル 芸能山城組 / 交響組曲

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

リファレンスBD10選・音質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第183回『ランボー 最後の戦場』 北米盤 エクステンデッド・カット

画質:8 音質:15☆ Fuckin' Awesome 映像はAVC、音声は【DTS-HD

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑