*

【BDレビュー】第344回『ももへの手紙』



画質:10
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch 24bit


○画質
 穏やかな絵本めいた背景美術と、壮絶なキレと滑らかさを両立した作画(キャラクターの描線)の併せ技。特に後者は『君の名は。』という完成形を知ったうえでなお、限りなくそれに近いと思える素晴らしい仕上がり。いかにも沖浦啓之監督らしい、感情と共に表出するリアルな顔の骨格描写も冴え渡る。
 キャラは滑らかな描線のおかげで背景とよく馴染み、背景美術は必ずしもディテール志向ではないにせよ素晴らしい解像感のおかげで、情報の欠落を感じさせない完璧な姿を示す。
 大平晋也による妖怪大集結のシーンは「雨が降る暗い背景の中を大量の小さな物体がもぞもぞと蠢く」という、映像圧縮にとって激烈に難しいシーンのはずだが、そこも含めて圧縮の不備を感じることはなかった。
 総じて極めて高い水準に仕上がった画質ながら、淡い色使いや牧歌的な背景美術が支配的でパッと見のインパクトには欠けるため、玄人向けの画と言える。

○見どころ
 作画
 妖怪大集結


○音質
 ダイアローグは明瞭、かつ肥大せず自然な印象を終始保つ。
 とにかく効果音や環境音にやたらと気合いが入っている。箒をぶんぶん振り回す音から台風の落雷に至るまで迫真。ドンパチは皆無な作品だが環境音の表現はマルチチャンネルが効果的に活用され、濃密な空気感が味わえる。映像の展開と併せて、天井裏からの音が本気で上から聴こえてくるレベル。音での物足りなさは一切感じない。
 全体的な音へのこだわりは生半可なものではなく、この辺は押井守作品に幾度となく参加してその音へのこだわりを間近で見てきた監督だからなのかもしれない。

○聴きどころ
 声
 濃密な環境音


○総評
 『人狼 JIN-ROH』から随分と丸くなったもんだ……
 きちんと筋が通ったいい話だなあとは思うものの、結局作画の素晴らしさが全部持っていってしまう。そういう意味では『スチームボーイ』に近いのかもしれない。というわけで、個人的には「アニメ映画」というより、「極上のアニメーションを楽しむ映画」である。
 BDとしてのクオリティは盤石なので、特に『人狼』を持っているアニメーションファンは手に入れよう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 コントロールアプリの重要性 【ネットワークオーディオTips】

 先の記事で、ネットワークオーディオの本質は『コントロール』にあり、スマホやタブレットの登場が、音楽

記事を読む

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

【BDレビュー】第250回『おおかみこどもの雨と雪』

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 24bit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第135回『X-MEN 2』

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【Roon】関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑