*

【BDレビュー】第344回『ももへの手紙』



画質:10
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch 24bit


○画質
 穏やかな絵本めいた背景美術と、壮絶なキレと滑らかさを両立した作画(キャラクターの描線)の併せ技。特に後者は『君の名は。』という完成形を知ったうえでなお、限りなくそれに近いと思える素晴らしい仕上がり。いかにも沖浦啓之監督らしい、感情と共に表出するリアルな顔の骨格描写も冴え渡る。
 キャラは滑らかな描線のおかげで背景とよく馴染み、背景美術は必ずしもディテール志向ではないにせよ素晴らしい解像感のおかげで、情報の欠落を感じさせない完璧な姿を示す。
 大平晋也による妖怪大集結のシーンは「雨が降る暗い背景の中を大量の小さな物体がもぞもぞと蠢く」という、映像圧縮にとって激烈に難しいシーンのはずだが、そこも含めて圧縮の不備を感じることはなかった。
 総じて極めて高い水準に仕上がった画質ながら、淡い色使いや牧歌的な背景美術が支配的でパッと見のインパクトには欠けるため、玄人向けの画と言える。

○見どころ
 作画
 妖怪大集結


○音質
 ダイアローグは明瞭、かつ肥大せず自然な印象を終始保つ。
 とにかく効果音や環境音にやたらと気合いが入っている。箒をぶんぶん振り回す音から台風の落雷に至るまで迫真。ドンパチは皆無な作品だが環境音の表現はマルチチャンネルが効果的に活用され、濃密な空気感が味わえる。映像の展開と併せて、天井裏からの音が本気で上から聴こえてくるレベル。音での物足りなさは一切感じない。
 全体的な音へのこだわりは生半可なものではなく、この辺は押井守作品に幾度となく参加してその音へのこだわりを間近で見てきた監督だからなのかもしれない。

○聴きどころ
 声
 濃密な環境音


○総評
 『人狼 JIN-ROH』から随分と丸くなったもんだ……
 きちんと筋が通ったいい話だなあとは思うものの、結局作画の素晴らしさが全部持っていってしまう。そういう意味では『スチームボーイ』に近いのかもしれない。というわけで、個人的には「アニメ映画」というより、「極上のアニメーションを楽しむ映画」である。
 BDとしてのクオリティは盤石なので、特に『人狼』を持っているアニメーションファンは手に入れよう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

ジャングルジムのような何かを作った

 …………  …………!  …………!!

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第216回『パルプ・フィクション』

なんだこのクソくだらない映画は……たまげたなぁ……(褒め言葉 画質:9 音質:9

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑