*

【BDレビュー】第344回『ももへの手紙』



画質:10
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch 24bit


○画質
 穏やかな絵本めいた背景美術と、壮絶なキレと滑らかさを両立した作画(キャラクターの描線)の併せ技。特に後者は『君の名は。』という完成形を知ったうえでなお、限りなくそれに近いと思える素晴らしい仕上がり。いかにも沖浦啓之監督らしい、感情と共に表出するリアルな顔の骨格描写も冴え渡る。
 キャラは滑らかな描線のおかげで背景とよく馴染み、背景美術は必ずしもディテール志向ではないにせよ素晴らしい解像感のおかげで、情報の欠落を感じさせない完璧な姿を示す。
 大平晋也による妖怪大集結のシーンは「雨が降る暗い背景の中を大量の小さな物体がもぞもぞと蠢く」という、映像圧縮にとって激烈に難しいシーンのはずだが、そこも含めて圧縮の不備を感じることはなかった。
 総じて極めて高い水準に仕上がった画質ながら、淡い色使いや牧歌的な背景美術が支配的でパッと見のインパクトには欠けるため、玄人向けの画と言える。

○見どころ
 作画
 妖怪大集結


○音質
 ダイアローグは明瞭、かつ肥大せず自然な印象を終始保つ。
 とにかく効果音や環境音にやたらと気合いが入っている。箒をぶんぶん振り回す音から台風の落雷に至るまで迫真。ドンパチは皆無な作品だが環境音の表現はマルチチャンネルが効果的に活用され、濃密な空気感が味わえる。映像の展開と併せて、天井裏からの音が本気で上から聴こえてくるレベル。音での物足りなさは一切感じない。
 全体的な音へのこだわりは生半可なものではなく、この辺は押井守作品に幾度となく参加してその音へのこだわりを間近で見てきた監督だからなのかもしれない。

○聴きどころ
 声
 濃密な環境音


○総評
 『人狼 JIN-ROH』から随分と丸くなったもんだ……
 きちんと筋が通ったいい話だなあとは思うものの、結局作画の素晴らしさが全部持っていってしまう。そういう意味では『スチームボーイ』に近いのかもしれない。というわけで、個人的には「アニメ映画」というより、「極上のアニメーションを楽しむ映画」である。
 BDとしてのクオリティは盤石なので、特に『人狼』を持っているアニメーションファンは手に入れよう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59(AVプリとして使用)
Nmode X-PM7(フロント)
Nmode X-PW1 ×4(フロント以外の全チャンネル)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2(サブウーファー)



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第132回『D WARS』

これ…… 画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bi

記事を読む

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Aurender N10 運用編 

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

LUMIN S1来たる

 真面目に誠実に真剣に苛烈に真摯に取り組んでいると、たまにはいいこともある。  まずはこのめぐりあ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】おすすめのコントロールアプリ

 この記事は随時更新の予定。  コントロールアプリはネットワークオーディオの最後の仕上げ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑