*

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:7
音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch 24bit


○画質
 20世紀FOXの珍しい手抜き対象に選ばれ、見るに堪えなかったレベルの2007年版とは打って変わって、「見れる」ようになった、というのが第一印象。
 全体を通してグレインの強い80年代映画ではあるのだが、暗部のノイズはかなり丁寧に取り除かれているようだ。
 マーフィーをはじめ、登場人物は随分と血色がよくなり、“生きている”感が増している。ロボコップの装甲の紫がかった金属光沢もより艶やかに輝き、存在感を強めている。
 目の醒めるような高画質、そんな言葉とは依然として無縁ではあるものの、これならBDを名乗っても恥ずかしくない。
 
○見どころ
 マーフィー無惨
 「まじめにやれ」


○音質
 視聴記の記述を見る限り、2007年版のDTS-HD Master Audioは16bitだったようだ。
 で、今回は24bit。
 その差かどうかは定かではないが、当時からだいぶ再生機器が進化したことを加味しても、だいぶ音も良くなっているように思う。
 所構わず四方八方から音が噴き出す安直な、もとい古き良きサウンドデザインはそのままで、一音一音の力感が大いに増しているようだ。

○聴きどころ
 マーフィー無惨
 やぶれかぶれ市議会議員


○総評
 BDの黎明期から、20世紀FOXはSPE、ディズニーと並んで、高品質なBDを出し続けてきた。これは間違いなく称賛されるべきである。
 ただ、稀にではあるものの、20世紀FOXは明らかに手を抜いたBDも出すことがあった。一層、MPEG-2、冗談のような画質。プレデターとか羊たちの沈黙とか。かつてのロボコップもそうだった。おそらくソースの保存状態その他が酷くて、高画質にする努力を最初から放棄したのだろう。
 まぁそんなこともあったが、今回のロボコップはよくできている。
 画質にも音質にも私は満足だ。
 できればスターシップトゥルーパーズもリマスターしてほしいもんだが。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

CES2015雑感

・DTS:X  やっぱりな。 ・テレビ  明部が激烈に輝くかわりに黒が浮くハイコントラ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』

 ChorusDS HDを抜きにしてコントロールアプリを語ることはできない。それどころか、このアプリ

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

EPSON EH-LS10000がやってきた

 そのうち帰っていくけど。  それにしてもでかい。  重い。  かっこいい……かどうか

記事を読む

【BDレビュー】第306回『バケモノの子』

画質:13 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:リニア

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑