*

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:7
音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch 24bit


○画質
 20世紀FOXの珍しい手抜き対象に選ばれ、見るに堪えなかったレベルの2007年版とは打って変わって、「見れる」ようになった、というのが第一印象。
 全体を通してグレインの強い80年代映画ではあるのだが、暗部のノイズはかなり丁寧に取り除かれているようだ。
 マーフィーをはじめ、登場人物は随分と血色がよくなり、“生きている”感が増している。ロボコップの装甲の紫がかった金属光沢もより艶やかに輝き、存在感を強めている。
 目の醒めるような高画質、そんな言葉とは依然として無縁ではあるものの、これならBDを名乗っても恥ずかしくない。
 
○見どころ
 マーフィー無惨
 「まじめにやれ」


○音質
 視聴記の記述を見る限り、2007年版のDTS-HD Master Audioは16bitだったようだ。
 で、今回は24bit。
 その差かどうかは定かではないが、当時からだいぶ再生機器が進化したことを加味しても、だいぶ音も良くなっているように思う。
 所構わず四方八方から音が噴き出す安直な、もとい古き良きサウンドデザインはそのままで、一音一音の力感が大いに増しているようだ。

○聴きどころ
 マーフィー無惨
 やぶれかぶれ市議会議員


○総評
 BDの黎明期から、20世紀FOXはSPE、ディズニーと並んで、高品質なBDを出し続けてきた。これは間違いなく称賛されるべきである。
 ただ、稀にではあるものの、20世紀FOXは明らかに手を抜いたBDも出すことがあった。一層、MPEG-2、冗談のような画質。プレデターとか羊たちの沈黙とか。かつてのロボコップもそうだった。おそらくソースの保存状態その他が酷くて、高画質にする努力を最初から放棄したのだろう。
 まぁそんなこともあったが、今回のロボコップはよくできている。
 画質にも音質にも私は満足だ。
 できればスターシップトゥルーパーズもリマスターしてほしいもんだが。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / frasco

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / frasco ・購入元 OTO

記事を読む

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

【おしらせ・再】音展2015に参加します

 しかも今回は出番が増えたようです。 ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑