*

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

公開日: : 最終更新日:2014/05/11 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:7
音質:9


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch 24bit


○画質
 20世紀FOXの珍しい手抜き対象に選ばれ、見るに堪えなかったレベルの2007年版とは打って変わって、「見れる」ようになった、というのが第一印象。
 全体を通してグレインの強い80年代映画ではあるのだが、暗部のノイズはかなり丁寧に取り除かれているようだ。
 マーフィーをはじめ、登場人物は随分と血色がよくなり、“生きている”感が増している。ロボコップの装甲の紫がかった金属光沢もより艶やかに輝き、存在感を強めている。
 目の醒めるような高画質、そんな言葉とは依然として無縁ではあるものの、これならBDを名乗っても恥ずかしくない。
 
○見どころ
 マーフィー無惨
 「まじめにやれ」


○音質
 視聴記の記述を見る限り、2007年版のDTS-HD Master Audioは16bitだったようだ。
 で、今回は24bit。
 その差かどうかは定かではないが、当時からだいぶ再生機器が進化したことを加味しても、だいぶ音も良くなっているように思う。
 所構わず四方八方から音が噴き出す安直な、もとい古き良きサウンドデザインはそのままで、一音一音の力感が大いに増しているようだ。

○聴きどころ
 マーフィー無惨
 やぶれかぶれ市議会議員


○総評
 BDの黎明期から、20世紀FOXはSPE、ディズニーと並んで、高品質なBDを出し続けてきた。これは間違いなく称賛されるべきである。
 ただ、稀にではあるものの、20世紀FOXは明らかに手を抜いたBDも出すことがあった。一層、MPEG-2、冗談のような画質。プレデターとか羊たちの沈黙とか。かつてのロボコップもそうだった。おそらくソースの保存状態その他が酷くて、高画質にする努力を最初から放棄したのだろう。
 まぁそんなこともあったが、今回のロボコップはよくできている。
 画質にも音質にも私は満足だ。
 できればスターシップトゥルーパーズもリマスターしてほしいもんだが。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

言の葉の穴 2014-2015

 あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきましてありがとうございました。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウン

記事を読む

no image

パシフィック・リムの日本版BDの情報が公開されたわけだが

北米盤 7.1ch 日本盤 5.1ch また劣化か、ワーナー ダークシティのこ

記事を読む

【音源管理の精髄】DSDIFFからDSFへの変換

 DSDのファイルには大きくDSDIFFとDSFがある。WSDというのもあるが、一般ユーザーにとって

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑