*

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

御馬鹿で下品で愉快な映画。
エログロの見本のような血作。
美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実はその下は裸だったりする映画。

BD最初期じゃ画質面で最高評価を出してたソフトなのは今思えば懐かしいですねえ。
そんでもって実際のところその実力は……?


画質:10 音質:9


映像はMPEG-2でビットレートは20そこそこ。
音声はリニアPCMの4.6。

画質について。
うっひょー、確かにコイツは綺麗!とっても綺麗!
フィルムグレイン的なものが殆ど介在しないいわゆるツルツルピカピカ画作りで、その透明感といったら現時点でも十二分にトップを狙えます。ノイズなんて影も形もありません。全編に渡って青と黒が画面を支配するので、それがどこまで見渡せるかという点でディスプレイのリファレンスにも成り得るかと思います。ちなみにX5000は全く不満の無い画を見せてくれました。ちなみに個人的には黒補正を強にして黒側をギュッと沈ませるのが好み。カラーコレクトしまくった映像なんで好き勝手に見ればいいかと。
それと、やっとディスプレイ側がフルHDになって気づいたことですが、意外とBDソフトはキリリ鋭い画よりも滑らかでしっとりとした画の方が多い様子。ただ単にフルHDになって輪郭線が滑らかになったからそう見えるだけかもしれませんが。でも、そんな中でもキリリ鋭い画が見られるソフトはやっぱり頭一つ抜けて見えます。解像度からいくら鋭い画になったところで輪郭が破綻するなんてことはもはや無いので。んで、そのフルHDになってもキリリ鋭い画ということになるとこのアンダーワールド2とか300とか蜘蛛男シリーズとかいうことになります。海賊は前から感じてた通り相当ソフト路線ですね。

音質について。
基本的にわんちゃんとこうもりが殴り合う映画なんで、連中の喚き声が実に清々しいですね。
リニアPCMは相変わらず素晴らしい。ソニーピクチャーズは今後大人の事情からかドルビーTRUEHDを積極的に採用していくらしいですが、同時にリニアPCMも入れてくれよ! お願いですよ!





おまけ

この映画にも鉄砲が一杯出てきます。この映画の銃声を擬音語にすれば『キュポポポポポポポ』ですね。
映画によって色んな銃声が聴けて面白いですねえ。
早いところブラックホークダウンとかBDで出ないかしら。向こうじゃもう出てんのに。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【BDレビュー】第259回『風立ちぬ』

好きなことを一生懸命やる。 画質:15 音質:10 映像:AVC 音声:

記事を読む

【音源管理の精髄】 はじめに 【ネットワークオーディオTips】

 オーディオならではの高音質と、音楽再生における快適さ。その完全な両立。  『ネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑