*

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

足かけ約5年、記念すべき200回目は、
「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品


画質:10 音質:13


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit

画質について。
完璧なフィルム画質。
デジタルのポストプロセスが完成した時代において、撮り立てのフィルムを最高の鮮度で仕上げた映像。画の情報量や精細感といったスペック面ではデジタル撮影に一歩及ばないものの、フィルムでしか出せないあのたおやかな空気感、愛おしい光が目に染みる。
この作品に太陽と青空は無い。常に曇天の寒空の下で物語は進行する。体制側である秘密警察の施設内の空気は屋外の曇天のそれと同じで殺伐としているのに対し、作家宅の空気は暖かな空気が満ち、まっとうな人間が確かに生きているのだと、ひそやかに語りかけてくる。
見どころ:
作家のアパート
ラストの表情

音質について。
ドイツ語を正確に再生させるとかくも魅力的な音になるものなのか。
ダイアローグの凄味は間違いなく『レッド・ドラゴン』に匹敵している。ドイツ語の発音を余すことなく克明に表現するためには、必然的に超優秀録音にならざるを得なかったのだろう。唇の動きだけでなく、舌を含め、口の中の動きのすべてが伝わってくるかのようだ。声にならない微妙な擦れも一切合財音として収録されており、それらが生み出す類稀な音響にはまさに舌を巻く。
加えて素晴らしいのが、ありとあらゆる効果音が強固な存在感を持って主張してくること。陰鬱な時代の中、精一杯、生きているのだということを訴えかけてくるかのようだ。
そして、声と声、音と音、人と人の間に染み入る楽曲の数々。寄り添うように、佇むように、常に映像と美しい調和を保っている。あるタイミングで演奏されるソナタを聴けば、本気で聴けば、たしかに悪人になどなれるはずもなかった。
聴きどころ:

善き人のためのソナタ



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。 11 Years of US CD Sales - stereop

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

【BDレビュー】第281回『All You Need Is Kill』

画質:9 音質:10→14 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AV

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第222回『となりのトトロ』

あらためて見るとなんだこの神作画のオンパレードは……たまげたなぁ…… 画質:10 音質:1

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定生産 - ギャガ  

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

Twonky Server 8.2.0でトンキー病が完治……?

Twonky Server 8.2.0 - Release note Improvemen

記事を読む

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑