*

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入


画質:9 音質:14


映像はMPEG2、音声はリニアPCMの16bit
なんとも懐かしい黎明期におけるSPE仕様である

画質について。
良くも悪くも非常に玄人好みの画。
フィルム撮影最末期時代のこねくり回した画調であり、その毒々しさといじり具合はファイトクラブさえ凌駕している。これが戦争だ! と言わんばかりに燃えるディティール、歪む色彩、焼け付く光沢、切れ上がるピークなど、全編を通じて視覚に強烈なイメージを残し続ける。最近のデジタル撮影の映画にもまったく引けを取らないほどに豊富な情報量と見事な解像感を備え、千切れて飛んだアレやら、裂けて溢れたソレやら、容赦なく眼に叩きつけてくる。
過剰なほどのフィルムグレインは顔に鉄に空に炎に煙に終始甚大な粒状感を付与するが、BD最初期のMPEG2圧縮ということもあってかどうやら作品本来のグレイン以外の圧縮ノイズも所々にざわめいているようである。また、夜間のカットなど著しく甘くなる場面も散見される。
作品を通じて画質の安定感は皆無であり、画質の良し悪しも乱高下するため、点数的には6をつけようとも思ったが、最終的には映像の持つ強靭なエネルギーと粗挽きなソフト化、そして何より己の感性もといノリと勢いをもって9とした。
いずれ映像はリマスターされるような気がしないでもない。リドリーはそういうの好きだし。
見どころ:
手首



音質について。
Oh…
このソフトを発売当初、BD黎明期に手に入れていたら、この視聴記における音質評価のハードルが相当上がっていたかもしれない……
・銃によって銃声が違う(あたりまえ)
・銃声と着弾の位置関係が明確に見える
・マルチチャンネルの徹底的な活用
などなど、銃を音響のメインに据えた映画として要点を完璧に抑え、なおかつ押し潰されるかのようなテンションのまま2時間戦闘描写がぶっ続けである。銃弾一発一発のダイナミクスは想像していたほどではないが、冷酷なまでの音の精緻さという点ではかのプライベート・ライアンと肩を並べる次元にある。銃弾と銃声の槍衾に放り込まれ蜂の巣にされ色々とぶちまけながら目には見えない血を流す体験。
“なぜわざわざスピーカーを何本も、しかも後ろになんか置く必要があるのか”という疑問に対して一番手っ取り早く、かつ明快に回答を用意してくれる類の作品である。
右前方から撃たれた銃弾が鼻先を掠めて左後方に着弾する、そんな様を味わうともう後には引けなくなるんだよ!
聴きどころ:
すべて



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Houses Of The Holy (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Houses Of

記事を読む

ブビンガ・ラックの導入

 うちのSapphireには山崎創作に作ってもらったブビンガのボードを使っている。  で、コレがす

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

理想のサーバーとは?  前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

マランツ・NA-11登場記念 ネットワークオーディオの現在と未来を考える

※この記事は2013年2月5日に書かれたものです マランツ、60周年記念のUSB-DAC/

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑