*

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。

一年以上の時を経てリリースされたアンダーワールドの一作目。二作目が割りとストレートなモンスターアクション映画なのに対して、一作目は結構様式美色の濃い吸血鬼映画然とした趣。

最初期に発売されたソフトとして最高の画質を実現した二作目に対して一作目はどのような画と音を見せるのか?


画質:11 音質:11


映像はAVCで30台後半で安定。
音声はリニアPCM収録。

画質について。
先行してリリースされた二作目の時点で十二分に高画質でしたが、一作目はそれのさらに上を行きます。フィルムグレインがまるで介在しない二作目とは異なり、繊細なグレインを細部に宿して映画的質感を増しつつ、透明感、暗部の階調、全体の情報量などなど、あらゆる面で上質になっています。
文句なしで“超高画質”ソフトの仲間入りです。
ちなみに、画質音質の10段階評価ってのはつまるところあたしの満足度と取ってもらってかまいません。評点10で100%満足ってことです。5なら50%。11以上は望外の喜悦を得られる次元と考えてください。
それにしても、映画ってほんとそれぞれに画の“雰囲気”ってものがあるんですね。
あたしゃBDになってから初めてそのことを実感しましたよ。
ソフトの力というものは凄まじいものがあります。
何十万何百万とDVDに投資する前にBDに惚れ込んだあたしはほんと幸せモンです。
BDプレーヤーの画質差をあーだこーだと現時点では不毛な議論する暇があったら、BDとDVDの間に深く横たわる圧倒的画質差に酔うほうがよっぽど有意義だと思いますがね。

音質について。
こちらも従来の音質の壁を容易く打ち破るだけの力があります。普段どおりの音量で聴くと生活が崩壊するレベルのダイナミックレンジを誇るソフトです。
二作目では銃声の威力に少々不満が残りましたが、こちらは全くもって問題ありません。問題ないどころか、上記のような問題さえ生んでしまう威力です。
ウチのシステムもまだまだいけます。
ウチのシステムの限界はまだまだ先のようです。
DVDの音のしょぼさに失望していた頃とは比べ物にならない進化です。





おまけ

ついに、過去に将来を見越して買ったソフトラックが定員オーバー。
正確には、BDに押されてDVDが溢れ出しました。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。  ネットワークオーディオの究極

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定

記事を読む

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

DELA N1Z 来たる

 色々と御縁があり試用する機会に恵まれた。  LUMIN L1同様、まずは開梱&外観&初回起動

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑