*

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。

一年以上の時を経てリリースされたアンダーワールドの一作目。二作目が割りとストレートなモンスターアクション映画なのに対して、一作目は結構様式美色の濃い吸血鬼映画然とした趣。

最初期に発売されたソフトとして最高の画質を実現した二作目に対して一作目はどのような画と音を見せるのか?


画質:11 音質:11


映像はAVCで30台後半で安定。
音声はリニアPCM収録。

画質について。
先行してリリースされた二作目の時点で十二分に高画質でしたが、一作目はそれのさらに上を行きます。フィルムグレインがまるで介在しない二作目とは異なり、繊細なグレインを細部に宿して映画的質感を増しつつ、透明感、暗部の階調、全体の情報量などなど、あらゆる面で上質になっています。
文句なしで“超高画質”ソフトの仲間入りです。
ちなみに、画質音質の10段階評価ってのはつまるところあたしの満足度と取ってもらってかまいません。評点10で100%満足ってことです。5なら50%。11以上は望外の喜悦を得られる次元と考えてください。
それにしても、映画ってほんとそれぞれに画の“雰囲気”ってものがあるんですね。
あたしゃBDになってから初めてそのことを実感しましたよ。
ソフトの力というものは凄まじいものがあります。
何十万何百万とDVDに投資する前にBDに惚れ込んだあたしはほんと幸せモンです。
BDプレーヤーの画質差をあーだこーだと現時点では不毛な議論する暇があったら、BDとDVDの間に深く横たわる圧倒的画質差に酔うほうがよっぽど有意義だと思いますがね。

音質について。
こちらも従来の音質の壁を容易く打ち破るだけの力があります。普段どおりの音量で聴くと生活が崩壊するレベルのダイナミックレンジを誇るソフトです。
二作目では銃声の威力に少々不満が残りましたが、こちらは全くもって問題ありません。問題ないどころか、上記のような問題さえ生んでしまう威力です。
ウチのシステムもまだまだいけます。
ウチのシステムの限界はまだまだ先のようです。
DVDの音のしょぼさに失望していた頃とは比べ物にならない進化です。





おまけ

ついに、過去に将来を見越して買ったソフトラックが定員オーバー。
正確には、BDに押されてDVDが溢れ出しました。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの

 ネットワークオーディオプレーヤーとは、物凄く端的に言ってしまえばあらゆる要素をオーディオに特化させ

記事を読む

【BDレビュー】第290回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

 ケビン・ベーコン繋がりで『トレマーズ』も見よう! 画質:10 音質:11 映

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 導入編

 それなりに安い。  ファンレスで静か。  中身がTwonky Server。  ネットワ

記事を読む

LUMIN S1来たる

 真面目に誠実に真剣に苛烈に真摯に取り組んでいると、たまにはいいこともある。  まずはこのめぐりあ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑