*

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

bd%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。
 『アイアン・ジャイアント』はそんな作品だ。


画質:10
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 同時代の……例えばディズニー作品のように隔絶したディテールに満ちているわけではないにせよ、フィルムに焼き付けられた情報は最大限の精度でもってHD解像度の器に注がれている。
 手描きキャラクターの輪郭は滑らかさと解像感を高度に両立。背景美術は穏やかなフィルムグレインの衣を纏い、豊潤なディテールを誇らしげに開示する。CGIのジャイアントは解像度が上がってもなお、背景美術や手描きキャラクターの中に完璧に溶け込んでおり、僅かな違和感も抱かせない。夜のシーンであっても、闇の深さと見通しの良さのバランスが良く、甘くなることも、ノイズが噴き出すこともない。
 画面を構成するあらゆる要素がフィルムの柔らかな質感の中で調和している。
 BD化に携わった人々の作品に対する深い愛情と敬意を感じられる。これ以上はあるまいと素直に思える、素晴らしい仕上がりである。

○見どころ
 すべて


○音質
 小気味よく作られた人間たちの愉快な音と、ジャイアントが撒き散らす巨大な音。異なる世界の住人が鮮烈な音のコントラストを織り成す。
 ダイアローグは明瞭にしてニュアンスも充実。存在感のある劇伴やアクションシーンの轟音の中にあっても埋もれることはない。
 本作におけるサラウンド音響はジャイアントのためにあるようなもので、跳ねたり飛んだり撃ったり食ったり、やることなすことことごとくがマルチチャンネルを存分に生かして表現される。ジャイアントはただ歩くだけでサブウーファーが大活躍で、後ろから追いかけられようものなら恐怖を覚えるレベルである。
 ジャイアントがいるおかげでダイナミックレンジは非常に広く、アクション映画として見ても聴いても大満足。最終局面に到ってはサラウンドジャンキー感涙の移動感と轟音が炸裂する。

○聴きどころ
 ジャイアントが後ろから迫る!
 ビッグオー的なアレ


○総評
 素晴らしい作品が素晴らしい画質と音質で楽しめる、これほど素晴らしいことはないし、そのためにオーディオビジュアルの趣味をやっている。このことをあらためて認識させてくれる、そんな素晴らしいBDである。

 それにしても、アニメでも何でも、往年の名作をBD化するとなった時、あちらとこちらでなぜこうも大きな差が出るのか。
 BD化に携わった人々の作品に対する愛情と敬意。結局はここに行き着くのだろうか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

IFA2014雑感・テクニクスとパイオニアのネットワークオーディオプレーヤー

<IFA>パナソニック、Technicsブランド復活 - “R1シリーズ”と“C700シリーズ”の2

記事を読む

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気にしないことにしている。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【BDレビュー】第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

画質:5 音質:6 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ 16bit 特別版の5.1c

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑