*

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

bd%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。
 『アイアン・ジャイアント』はそんな作品だ。


画質:10
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 同時代の……例えばディズニー作品のように隔絶したディテールに満ちているわけではないにせよ、フィルムに焼き付けられた情報は最大限の精度でもってHD解像度の器に注がれている。
 手描きキャラクターの輪郭は滑らかさと解像感を高度に両立。背景美術は穏やかなフィルムグレインの衣を纏い、豊潤なディテールを誇らしげに開示する。CGIのジャイアントは解像度が上がってもなお、背景美術や手描きキャラクターの中に完璧に溶け込んでおり、僅かな違和感も抱かせない。夜のシーンであっても、闇の深さと見通しの良さのバランスが良く、甘くなることも、ノイズが噴き出すこともない。
 画面を構成するあらゆる要素がフィルムの柔らかな質感の中で調和している。
 BD化に携わった人々の作品に対する深い愛情と敬意を感じられる。これ以上はあるまいと素直に思える、素晴らしい仕上がりである。

○見どころ
 すべて


○音質
 小気味よく作られた人間たちの愉快な音と、ジャイアントが撒き散らす巨大な音。異なる世界の住人が鮮烈な音のコントラストを織り成す。
 ダイアローグは明瞭にしてニュアンスも充実。存在感のある劇伴やアクションシーンの轟音の中にあっても埋もれることはない。
 本作におけるサラウンド音響はジャイアントのためにあるようなもので、跳ねたり飛んだり撃ったり食ったり、やることなすことことごとくがマルチチャンネルを存分に生かして表現される。ジャイアントはただ歩くだけでサブウーファーが大活躍で、後ろから追いかけられようものなら恐怖を覚えるレベルである。
 ジャイアントがいるおかげでダイナミックレンジは非常に広く、アクション映画として見ても聴いても大満足。最終局面に到ってはサラウンドジャンキー感涙の移動感と轟音が炸裂する。

○聴きどころ
 ジャイアントが後ろから迫る!
 ビッグオー的なアレ


○総評
 素晴らしい作品が素晴らしい画質と音質で楽しめる、これほど素晴らしいことはないし、そのためにオーディオビジュアルの趣味をやっている。このことをあらためて認識させてくれる、そんな素晴らしいBDである。

 それにしても、アニメでも何でも、往年の名作をBD化するとなった時、あちらとこちらでなぜこうも大きな差が出るのか。
 BD化に携わった人々の作品に対する愛情と敬意。結局はここに行き着くのだろうか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトを使う

 ネットワークオーディオの文脈でPCの再生ソフトを使うと言った時、以下の二つのパターンがある。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPC

記事を読む

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

画質:8 音質:14 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.

記事を読む

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

 Vol.4は10/22放送開始!  ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【BDレビュー】327回『キャビン』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑