*

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

bd%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。
 『アイアン・ジャイアント』はそんな作品だ。


画質:10
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 同時代の……例えばディズニー作品のように隔絶したディテールに満ちているわけではないにせよ、フィルムに焼き付けられた情報は最大限の精度でもってHD解像度の器に注がれている。
 手描きキャラクターの輪郭は滑らかさと解像感を高度に両立。背景美術は穏やかなフィルムグレインの衣を纏い、豊潤なディテールを誇らしげに開示する。CGIのジャイアントは解像度が上がってもなお、背景美術や手描きキャラクターの中に完璧に溶け込んでおり、僅かな違和感も抱かせない。夜のシーンであっても、闇の深さと見通しの良さのバランスが良く、甘くなることも、ノイズが噴き出すこともない。
 画面を構成するあらゆる要素がフィルムの柔らかな質感の中で調和している。
 BD化に携わった人々の作品に対する深い愛情と敬意を感じられる。これ以上はあるまいと素直に思える、素晴らしい仕上がりである。

○見どころ
 すべて


○音質
 小気味よく作られた人間たちの愉快な音と、ジャイアントが撒き散らす巨大な音。異なる世界の住人が鮮烈な音のコントラストを織り成す。
 ダイアローグは明瞭にしてニュアンスも充実。存在感のある劇伴やアクションシーンの轟音の中にあっても埋もれることはない。
 本作におけるサラウンド音響はジャイアントのためにあるようなもので、跳ねたり飛んだり撃ったり食ったり、やることなすことことごとくがマルチチャンネルを存分に生かして表現される。ジャイアントはただ歩くだけでサブウーファーが大活躍で、後ろから追いかけられようものなら恐怖を覚えるレベルである。
 ジャイアントがいるおかげでダイナミックレンジは非常に広く、アクション映画として見ても聴いても大満足。最終局面に到ってはサラウンドジャンキー感涙の移動感と轟音が炸裂する。

○聴きどころ
 ジャイアントが後ろから迫る!
 ビッグオー的なアレ


○総評
 素晴らしい作品が素晴らしい画質と音質で楽しめる、これほど素晴らしいことはないし、そのためにオーディオビジュアルの趣味をやっている。このことをあらためて認識させてくれる、そんな素晴らしいBDである。

 それにしても、アニメでも何でも、往年の名作をBD化するとなった時、あちらとこちらでなぜこうも大きな差が出るのか。
 BD化に携わった人々の作品に対する愛情と敬意。結局はここに行き着くのだろうか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire(フロント)
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ


スポンサーリンク


関連記事

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」なんて狂気の沙汰にまで踏み込ん

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化  かねてから言っている通り、私

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。 11 Years of US CD Sales - stereop

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑