*

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

BDアナと雪の女王

画質:15☆
音質:15


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch 24bit


○画質
1
2
 光を浴びると、雪や氷は内に秘めた極彩の煌めきを投げかける。
 奇跡的に晴れた月夜の雪景色は驚くほど明るく、青白く浮かび上がる。
 多かれ少なかれ芸術的な方面に脚色されているものの、本作の雪や氷の描写は非常に真に迫っており、雪国人として「そうそうこれこれ!」と思わずにはいられない。吹き荒ぶ雪の一片一片、光を浴びた雪面から発せられる煌めき、結晶にほとばしる七色の輝きなど、ミクロな領域からマクロな領域に到るまで、“白一色”の雪景色の中には驚くほど豊かな色彩が秘められている。
 とてつもなくハイディティールなキャラクターやオブジェクトの質感表現は言うに及ばず、雪国人としては、氷の中に密やかに息づく輝きをこれだけ美しく描いたくれたことに感動を禁じ得ない。
 そしてもちろん、ディズニーであるからには、ソフト化は完璧の上に完全である。手抜きも破綻も一切見受けられない盤石の品位、揺るぎない高画質。
 “白一色”だなんてとんでもない。極め付きに鮮やかな映像である。

○見どころ
 Let It Go
 解き放たれたエルサの表情
 雪と氷
 

○音質
 ずっと、このテンションをディズニーのアニメ作品で聴きたかった。
 冒頭のコーラスの素晴らしいサウンドに心奪われ、氷を割る男たちのシーンのかつてない重厚さに期待感を煽られた。
 そして雪崩れ込むLet It Go。映像との相乗効果もあり、見ている側の魂も大いなる解放感を味わうこと間違いなし。
 ミュージカルシーンの素晴らしい高揚感に加えて、エルサの魔法が炸裂するシーンなどで、ディズニー作品ではなかなか聴くことのできなかった音響的な盛り上がりも随所にある。劇伴にせよ効果音にせよダイナミックレンジは非常に広く、さらに繊細なサウンドデザインゆえにあまり意識はされないかもしれないが、氷塊が軋み砕ける非常に低い音域から、雪華舞い散る煌びやかな高音域まで、音のレンジも実に広い。重く激しい音や鋭利な音もふんだんに盛り込まれており、決して優しいだけの音にはなっていない。DTS-HD Master Audio 7.1chという器を存分に生かし、広大な空間を音が自由闊達に動き回る。
 恐ろしく手の込んだ、緻密に作り上げられたサウンドである。

○聴きどころ
 Let It Go
 トロールの合唱
 雪の城での刺客との大立ち回り


○総評
 Let It Goのクライマックスで見せるエルサの表情……解放感と、誇りと、矜持と、覚悟と、一抹の寂しさ……それを見たいがために、何度も劇場に通い詰めるのも分かる気がする。
 BDがあれば、いつでも何度でも見られる。それも『WALL.E』と並ぶ究極的なクオリティで。
 ディズニーは自社作品、特にアニメ作品のソフト化に関して絶対的な信頼感がある。日本盤も楽しみでならない。
 そして最高のBDには、可能な限り最高の視聴環境を用意してあげたいものだ。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ③

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第203回『ナインスゲート』

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質につい

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

【RoonReady】Sonore Sonicorbiter SE

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化 JPLAYを用いたPCのネットワー

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑