*

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

BDアナと雪の女王

画質:15☆
音質:15


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch 24bit


○画質
1
2
 光を浴びると、雪や氷は内に秘めた極彩の煌めきを投げかける。
 奇跡的に晴れた月夜の雪景色は驚くほど明るく、青白く浮かび上がる。
 多かれ少なかれ芸術的な方面に脚色されているものの、本作の雪や氷の描写は非常に真に迫っており、雪国人として「そうそうこれこれ!」と思わずにはいられない。吹き荒ぶ雪の一片一片、光を浴びた雪面から発せられる煌めき、結晶にほとばしる七色の輝きなど、ミクロな領域からマクロな領域に到るまで、“白一色”の雪景色の中には驚くほど豊かな色彩が秘められている。
 とてつもなくハイディティールなキャラクターやオブジェクトの質感表現は言うに及ばず、雪国人としては、氷の中に密やかに息づく輝きをこれだけ美しく描いたくれたことに感動を禁じ得ない。
 そしてもちろん、ディズニーであるからには、ソフト化は完璧の上に完全である。手抜きも破綻も一切見受けられない盤石の品位、揺るぎない高画質。
 “白一色”だなんてとんでもない。極め付きに鮮やかな映像である。

○見どころ
 Let It Go
 解き放たれたエルサの表情
 雪と氷
 

○音質
 ずっと、このテンションをディズニーのアニメ作品で聴きたかった。
 冒頭のコーラスの素晴らしいサウンドに心奪われ、氷を割る男たちのシーンのかつてない重厚さに期待感を煽られた。
 そして雪崩れ込むLet It Go。映像との相乗効果もあり、見ている側の魂も大いなる解放感を味わうこと間違いなし。
 ミュージカルシーンの素晴らしい高揚感に加えて、エルサの魔法が炸裂するシーンなどで、ディズニー作品ではなかなか聴くことのできなかった音響的な盛り上がりも随所にある。劇伴にせよ効果音にせよダイナミックレンジは非常に広く、さらに繊細なサウンドデザインゆえにあまり意識はされないかもしれないが、氷塊が軋み砕ける非常に低い音域から、雪華舞い散る煌びやかな高音域まで、音のレンジも実に広い。重く激しい音や鋭利な音もふんだんに盛り込まれており、決して優しいだけの音にはなっていない。DTS-HD Master Audio 7.1chという器を存分に生かし、広大な空間を音が自由闊達に動き回る。
 恐ろしく手の込んだ、緻密に作り上げられたサウンドである。

○聴きどころ
 Let It Go
 トロールの合唱
 雪の城での刺客との大立ち回り


○総評
 Let It Goのクライマックスで見せるエルサの表情……解放感と、誇りと、矜持と、覚悟と、一抹の寂しさ……それを見たいがために、何度も劇場に通い詰めるのも分かる気がする。
 BDがあれば、いつでも何度でも見られる。それも『WALL.E』と並ぶ究極的なクオリティで。
 ディズニーは自社作品、特にアニメ作品のソフト化に関して絶対的な信頼感がある。日本盤も楽しみでならない。
 そして最高のBDには、可能な限り最高の視聴環境を用意してあげたいものだ。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

Roon 導入編

前記事:Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか  Roonはソフトであり、サービスである。  メ

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑