*

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

BDアナと雪の女王

画質:15☆
音質:15


映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch 24bit


○画質
1
2
 光を浴びると、雪や氷は内に秘めた極彩の煌めきを投げかける。
 奇跡的に晴れた月夜の雪景色は驚くほど明るく、青白く浮かび上がる。
 多かれ少なかれ芸術的な方面に脚色されているものの、本作の雪や氷の描写は非常に真に迫っており、雪国人として「そうそうこれこれ!」と思わずにはいられない。吹き荒ぶ雪の一片一片、光を浴びた雪面から発せられる煌めき、結晶にほとばしる七色の輝きなど、ミクロな領域からマクロな領域に到るまで、“白一色”の雪景色の中には驚くほど豊かな色彩が秘められている。
 とてつもなくハイディティールなキャラクターやオブジェクトの質感表現は言うに及ばず、雪国人としては、氷の中に密やかに息づく輝きをこれだけ美しく描いたくれたことに感動を禁じ得ない。
 そしてもちろん、ディズニーであるからには、ソフト化は完璧の上に完全である。手抜きも破綻も一切見受けられない盤石の品位、揺るぎない高画質。
 “白一色”だなんてとんでもない。極め付きに鮮やかな映像である。

○見どころ
 Let It Go
 解き放たれたエルサの表情
 雪と氷
 

○音質
 ずっと、このテンションをディズニーのアニメ作品で聴きたかった。
 冒頭のコーラスの素晴らしいサウンドに心奪われ、氷を割る男たちのシーンのかつてない重厚さに期待感を煽られた。
 そして雪崩れ込むLet It Go。映像との相乗効果もあり、見ている側の魂も大いなる解放感を味わうこと間違いなし。
 ミュージカルシーンの素晴らしい高揚感に加えて、エルサの魔法が炸裂するシーンなどで、ディズニー作品ではなかなか聴くことのできなかった音響的な盛り上がりも随所にある。劇伴にせよ効果音にせよダイナミックレンジは非常に広く、さらに繊細なサウンドデザインゆえにあまり意識はされないかもしれないが、氷塊が軋み砕ける非常に低い音域から、雪華舞い散る煌びやかな高音域まで、音のレンジも実に広い。重く激しい音や鋭利な音もふんだんに盛り込まれており、決して優しいだけの音にはなっていない。DTS-HD Master Audio 7.1chという器を存分に生かし、広大な空間を音が自由闊達に動き回る。
 恐ろしく手の込んだ、緻密に作り上げられたサウンドである。

○聴きどころ
 Let It Go
 トロールの合唱
 雪の城での刺客との大立ち回り


○総評
 Let It Goのクライマックスで見せるエルサの表情……解放感と、誇りと、矜持と、覚悟と、一抹の寂しさ……それを見たいがために、何度も劇場に通い詰めるのも分かる気がする。
 BDがあれば、いつでも何度でも見られる。それも『WALL.E』と並ぶ究極的なクオリティで。
 ディズニーは自社作品、特にアニメ作品のソフト化に関して絶対的な信頼感がある。日本盤も楽しみでならない。
 そして最高のBDには、可能な限り最高の視聴環境を用意してあげたいものだ。


○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

 Vol.4は10/22放送開始!  ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

【音源管理の精髄】 普遍的なライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 『普遍的なライブラリ』とは、 ・大元となるCDからの情報欠落がない (リッピングの場合

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1  LUMIN A1を導入して半年が経過した。  上記レビュ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑