*

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11
音質:12
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 とにかく乱高下。
 さすがは5K撮影と膝を打つ凄まじい画がぽんぽん飛び出す一方、物凄く久々に見た感のある、暗部でざわつくノイズがしょっちゅう顔を出す。夜空なんかだいぶ悲惨なことになっている。どうしてこうなった。
 悪い方面に目を瞑れば、重厚にして強靭、ハイライトも闇もよく粘る豊富な諧調、強烈な立体感を伴う解像感、あらゆるディテールに息を吹き込む情報量など、素晴らしい画質の基礎体力を備えている。原色的な鮮やかさはないものの、装飾品の黄金をはじめ、豊潤な色彩が随所で煌めきを放つ。
 闇の中にあっても、わずかな光源さえあればほとんど解像感が落ちることなく、キレのある画が実現されている。
 最近のリドリー・スコット作品でよく見る仄青い闇のシーンでは、通常のシーンと何ら遜色のない解像感と情報量がモノトーンの中で息づき、異質かつ神秘的なシーンに大いなる凄みを付加している。

○見どころ
 わたしはある
 十の災い


○音質
 いかにもリドリー・スコットな冒頭の集団戦から気合いの入った音を聴かせる。力強くサラウンド感もたっぷり。馬の蹄と戦車の車輪、戦場の怒号が混然一体となって見るものを打ち据える。
 そしてそれ以上の存在を感じさせるのが十の災い。鰐、蛙、虻、雹、蝗、そしてエジプトに臨む恐るべき闇が、登場人物が対峙している存在の底知れない偉力を厳然と示している。音響的には蝗の凄まじさが印象的である。圧倒的な音数が全チャンネルから吹き荒れ、逃げ場も何もあったものではない。
 そしてお待ちかねの紅海。押し寄せる水塊は、「巨大なもの」の音はかくあるべきと思わせる、巨大な音を伴って押し寄せる。

○聴きどころ
 蝗
 紅海


○総評
 最大瞬間風速は凄まじいが、近年ではめったに見なくなった画質の揺れ幅が悪い意味で大きいタイトル。既に出ているUHD BDだとどうなのだろうか。音についてはまったく申し分なし。
 『十戒』と本作の最大の違いはラムセス役のカリスマ性でしょ。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
EPSON EH-LS10000
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第19回『カンフーハッスル』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 スーパーカンフームービー。 少林サッカーから色んな意味で正統進化した

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第21回『パイレーツ・オブ・カリビアン3』

画質:14 音質:8 映像はAVCの完全不定。 音声はリニアPCMの4.6. 画質

記事を読む

「プラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。  まず、JRiver Media Center(以下

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法 ※要注意

【2017/02/01追記】 OpenHomeに対応したプレーヤーでも、Kazooでは操作でき

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

本当に音の良いハイレゾ音源 ― 『ハイレゾならではの高音質』とは何か

『ハイレゾ』は本当に音が良いのか  上記記事において、私は  ハイレゾ音源は容量だけは間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑