*

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

BDダークナイト


【BDレビュー】第102回『ダークナイト』


 正直に言うと、BDの黎明期からHD DVDとBDの双方にソフトを出していたワーナーに対し、良い感情を持っていなかった。
 HD DVDの容量は二層で30GB、一方でBDの容量は二層で50GB。両方に出そうと思えば、必然的に容量が少ないほうに仕様は合わせられる。それどころか、次世代ディスク時代になってもロスレス音声を収録しないということさえ数多くあった。
 クオリティの追求という観点から見れば、ワーナーはまったく褒められたものではなかった。

 HD DVDが2008年の初頭に完全撤退したことで、ワーナーもようやくBDに一本化することになるのだが、SPE、20世紀FOX、ディズニーといった、当初からのBD陣営のソフトに比べれば、ワーナーのソフトのクオリティは色んな意味で後塵を拝していたように思う。
 そんな状況で発売された『ダークナイト』は、そんなワーナーにとっての“キラー・タイトル”であると同時に、“ワーナーのBD=低品質”というイメージを吹き飛ばして余りある、壮絶なクオリティを伴って姿を現した。

 本作のBDとしての価値を論じるうえで最も重要なのは“IMAX”シークエンスである。
 BDを見た人間は、私も含め、オープニングの空撮シーンから、愕然としたはずだ。“見たことのない”映像。『スパイダーマン3』や『アイ・ロボット』をも凌駕するような情報量と解像感、しかしデジタル撮影とは思えない、フィルム撮影にしか見えない透明な空気感、そして絶無の高S/N。通常のシーンは明らかに一般的なフィルム撮影の画とわかるのだが、作中何度か挿入される、画角も変わるシーンでは、“なんだかよくわからない恐ろしいほどの高画質”が実現されていた。
 はたして作中で目の当たりにしたあのシークエンスはいったい何だったのか、特典映像を含めて色々と勉強した。恥ずかしながら、“IMAX”という言葉もその時に初めて知った。一般的な35ミリフィルムを越える70/65ミリフィルム、それよりも遥かに大型のフィルムを撮影に用いるIMAX。『ダークナイト』は劇映画として初めてIMAXを使用した作品とのことである。
 これは続編となる『ダークナイト ライジング』でも感じたことだが、IMAXフィルムによって撮影された映像の画質は、4K撮影の画質をも凌駕している。『リアル・スティール』や『オブリビオン』に見られる、4K撮影による壮絶な高画質と比べても、IMAX撮影の映像はさらにその上を行くのである。BD時代になり、画質的にフィルム撮影は完全にデジタル撮影に取って代わられたと思っていた私にとって、IMAXがもたらした衝撃は激甚なものがあった。

 IMAXの画は、IMAXの画であるとしか言いようがない。“例えばこんな感じの画”と言えるような他の比較対象が存在しないのである。
 恐るべき情報量。凄まじい解像感。信じられないほどに研ぎ澄まされていながら、一切の強調感を感じさせない輪郭描写。“自然さ”さえ感じる透徹した空気感。夜を切り取ったシーンで感じる、実際の視覚を強烈に連想させるほどのリアリティ。面白いのは、IMAXはあくまで“フィルム”でありながら、画を表現する言葉として馬鹿の一つ覚えに繰り返される“フィルムライク”とはまったく異質な映像であるということである。“フィルムライク”という言葉に含意される重要である“フィルムグレイン”は、IMAXで撮影された映像の中に(少なくともそれと意識されるような形では)存在しない。それどころか、IMAXで撮影された映像は、私が目にしたあらゆる映像の中で最高レベルのS/Nの良さを誇っている。
 情報量でデジタル撮影に敵わず、輪郭は自然だが解像感は今一つ、フィルム撮影に対して抱いていたそんなイメージは、『ダークナイト』のIMAXシーンを見たことで吹き飛んだ。フィルムというものは決して過去の産物などではなく、デジタル、それも4K撮影の映画をも凌駕するポテンシャルを秘めているのだと理解した。
 『ダークナイト』のBDは、それをきちんと提示できる仕上がりだった。それはBDというメディアが、1920×1080というスペックの中で、IMAXの高画質を明確に示すことができるという証明でもあった。

 IMAXが見せ付けた究極的な画質だけでなく、『ダークナイト』は音質的にも極めて優れたソフトである。
 徹頭徹尾緻密に構成されたサウンドは芸術的ですらあり、IMAXシーンの壮絶な映像美をさらなる高みへと引き上げる上で決定的な役割を果たしている。中盤のトンネル内での襲撃シーンや病院の爆破シーンなどは白眉であり、音響的にも本作の非凡さを遺憾なく聴かせてくれる。

 IMAX撮影は続編の『ダークナイト ライジング』でも敢行され、さらに洗練された圧倒的な映像美が披露されている。
 本作のBDのリリースをもってワーナーはようやくBDという領域に、本当の意味で足を踏み入れたような気がする。
 日本中のオーディオ・ビジュアルコーナーで、『ダークナイト』のBDは数えきれないくらい再生されていた。それだけの価値は間違いなくあった。
 IMAXによるフィルムの神髄を見せ付け、発売当時においては勿論のこと、現在においても全方位的に極めてハイレベルなクオリティを有する、歴史に名を残す名盤である。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。  みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第141回『グラン・トリノ』

浄化、カタルシス 画質:10 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの基本要素

 遅れに遅れているコントロールアプリの検証2014だが、個別の検証に入る前にちょっと整理しておきたい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第150回『ブレイブハート』

画質:12 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

aria music serverが日本上陸

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch  海外では「ストレージ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

Bubble DS/UPnP アルバムアート表示について

※この記事は2012年9月11日に書かれたものです ふと思い立ってBubble DSを

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑