*

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。
国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュアルがするとは到底思えないので、おそらく北米版と国内版の中身は同じと思われる。


画質:8 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、6.1ch

画質について。
3Dに置き換わっていないカットについては基本的に以前出たBDと同様。新作3Dカットと色調を統一するため、ポストエフェクトとしてフィルターがかけられていたり、それに付随して化粧直しも行われているようだが、光量が増えたかなくらいの印象だけで大差はない。フィルターによる解像感劣化も特に感じない。
新作3Dカットはさすがに高画質だが、画質云々ではなく映像制作に対する熱意がオリジナルのそれと比べると大いに劣っている印象を受ける。制作当時の沸騰するような創作意欲によって生み出されたオリジナルの映像と、イノセンスの余波をもってそれなりの労力でそれなりに作られた3Dカットではやはり映像としての格が違う。
しかたないね。
見どころ:
ネットは広大だわ

音質について。
イノセンスの音響をスカイウォーカーサウンドに作ってもらってよほど衝撃を受けたのか、2.0もまたスカイウォーカーサウンドの手によるもの。
仕事ぶりはさすがの一言で、オリジナルを尊重しつつも、日本アニメにごまんとあるなんちゃってサラウンドではない、真にマルチチャンネルを闊達に生かしたサウンドデザインとなっている。アニメ特有のどこか軽々しい効果音から、本場の映画さながらの重く激しい音への置き換えは大いに功を奏している。効果音の使い方も音楽の使い方も素晴らしいし、映像以上に音響でもって作品が蘇っている。
あえて音質とは無関係のところに触れるとすれば、それは声の再録。声優の方々の演技にケチをつける気は全くないものの、ここは当時の録音でもって作ってほしかったところ。特に人形遣いの声が女性になるというのは……どうにも……
監督の意向ならしかたないね。
聴きどころ:
対戦車



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』

このスタッフが後に真ゲッターを作り、マジンカイザーを作り、鴉-KARAS-を作ると思うと感動もひとし

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑