*

【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDrwby2
R.I.P.……

 シーズン1の終盤から引き続き、シーズン2の主役は明らかにブレイク=サン。
 本編には英語字幕が付けられる。
 そしてディスクメニューが素敵。
2015020702



画質:6
音質:6


映像:AVC
音声:Dolby Digital 5.1ch


○画質
 前回も同じようなことがあったが、チャプター5相当のシーンは明らかに解像度が落ちている。ピュラ姐さんがスペック通りの大活躍をする回なのに勿体ないことこの上ない。他のチャプターでもこのような解像度破綻が存在している。死ぬほど勿体ない。ソフトとしての作りがいい加減だからこういうことになるんだ。アレか、メキシコで作ってるからか。
 終盤からはWebストリーミングでも1080Pで視聴できるようになっているので、ますますBDの価値が微妙になってしまった感。
 シーズン1から映像全体のディティールが増しているので見応えは増しているが、画質的にはさしたる変化なし。

○見どころ
 隈の出来たブレイク=サン
 猫の習性を利用されておびき出されるブレイク=サン
 犬にビビりまくるブレイク=サン


○音質
 パッケージにDTS-HD Master Audio 5.1chと記載があるのに実際に入っているのはDolby Digital 5.1chというのは前回と同じ。コレ不当表示とか何とかで文句言われないのかな?
 まあ、作品の製作規模的に小難しいことを言っても仕方がないか。
 シーズン1に比べると戦闘シーンのギミックが増し、それに伴って音のディティールも増している。
 スッキリクッキリパッキリ割り切りのいい音であることは変わらず。パワーだけはあるのも変わらず。

○聴きどころ
 あらゆる戦闘シーン


○総評
 端的に言って、BDとしてはあまりにも作りがテキトーである。VOLUME 1もそうだったが、ファンアイテム以上でも以下でもない。
 でもそれはそれ、これはこれ。
 面白いから何もかも許す。
 シーズン3にも超期待。


 モンティ・オウム氏、どうか安らかに。
 大好きでした。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。  というこ

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ③

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

【RoonReady】Ayre QX-5 Twenty 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>Ayre、「ES9038PRO」を採用したネットワークプレーヤー「QX-5 Tw

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑