*

【BDレビュー】第280回『RWBY Volume 2』

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

BDrwby2
R.I.P.……

 シーズン1の終盤から引き続き、シーズン2の主役は明らかにブレイク=サン。
 本編には英語字幕が付けられる。
 そしてディスクメニューが素敵。
2015020702



画質:6
音質:6


映像:AVC
音声:Dolby Digital 5.1ch


○画質
 前回も同じようなことがあったが、チャプター5相当のシーンは明らかに解像度が落ちている。ピュラ姐さんがスペック通りの大活躍をする回なのに勿体ないことこの上ない。他のチャプターでもこのような解像度破綻が存在している。死ぬほど勿体ない。ソフトとしての作りがいい加減だからこういうことになるんだ。アレか、メキシコで作ってるからか。
 終盤からはWebストリーミングでも1080Pで視聴できるようになっているので、ますますBDの価値が微妙になってしまった感。
 シーズン1から映像全体のディティールが増しているので見応えは増しているが、画質的にはさしたる変化なし。

○見どころ
 隈の出来たブレイク=サン
 猫の習性を利用されておびき出されるブレイク=サン
 犬にビビりまくるブレイク=サン


○音質
 パッケージにDTS-HD Master Audio 5.1chと記載があるのに実際に入っているのはDolby Digital 5.1chというのは前回と同じ。コレ不当表示とか何とかで文句言われないのかな?
 まあ、作品の製作規模的に小難しいことを言っても仕方がないか。
 シーズン1に比べると戦闘シーンのギミックが増し、それに伴って音のディティールも増している。
 スッキリクッキリパッキリ割り切りのいい音であることは変わらず。パワーだけはあるのも変わらず。

○聴きどころ
 あらゆる戦闘シーン


○総評
 端的に言って、BDとしてはあまりにも作りがテキトーである。VOLUME 1もそうだったが、ファンアイテム以上でも以下でもない。
 でもそれはそれ、これはこれ。
 面白いから何もかも許す。
 シーズン3にも超期待。


 モンティ・オウム氏、どうか安らかに。
 大好きでした。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第33回『キング・アーサー』

一方日本はアーサー王のエロゲを作った がちがちの歴史スペクタクルというわけではなく、かなり

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXの

記事を読む

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboなど展開 - avwatch

記事を読む

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

→もっと見る

PAGE TOP ↑