*

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

居ても立っても居られず


画質:15 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの7.1ch  日本版は5.1chなので注意


画質について。
デルトロ印のぐちょぐちょ画質の完成形。
雨が降っていないと気が済まない、パーティクルがないと気が済まない、濡れていないと気が済まない、汚れていないと気が済まない、変な色の光が乱舞していないと気が済まない、そんな監督の変態的こだわりに応え加速するエクストリーム高画質。ただでさえハイディティールのイェーガーやKAIJUの体表は様々な液体にまみれ、数多の光に炙られ、灼熱する情報量の塊となって目を焼くようだ。そしてパーティクル……そうパーティクルである。雨や波飛沫、実は恐ろしく複雑なディティールを秘めたKAIJUブルー、鋼と肉塊が撒き散らす火花、そして極大破壊によって舞い踊る破片に瓦礫、それらのひとつひとつが絶妙に不健康でいかがわしく鮮烈な色の中で狂乱跋扈する。爆轟する二大巨頭に負けず劣らず、光り輝くパーティクルが映像・画質面で果たす役目はとてつもなく大きい。
画質の基礎体力として、解像感もHD解像度としてこれ以上なくキレキレのキレを見せる。100インチで見ても、映像のキレにまったく不足なし。いちいち全部をクローズアップで見せつけてくるカメラワークの意図を寸分も損なうことなく、実写・CG問わず画面にみなぎる情報量を力強く支えている。オープニングのジプシー・デンジャー出撃シークエンス。兄弟のパイロットスーツのディティールの深さを見て、実写部分の高画質ぶりも確信した。
本格的な規格の始動から既に7年。BDにおける画質は、ノイズが出るとか、場面によっては甘くなるとか、そういう低レベルな次元はとうの昔に抜け出して、「いかに魅せるか」という領域まで進んでいる。そう断言できる画だ。
見どころ:
タンカーを引っ提げてオオタチへ向かうジプシー・デンジャーのカット
イェーガー、KAIJU、雨と瓦礫のパーティクル、極彩色の光という具合に、この映画の画の要素が端的に現れている

音質について。
相変わらず期待を裏切らない、デルトロ印の手の込んだ職人音響。
パンズ・ラビリンスにしろ、ヘルボーイ・ゴールデンアーミーにしろ、この監督の映画は恐ろしくサウンドデザインが磨き込まれている。観客を幻想で満たすには、映像だけでなく音響も決して欠かすことのできない要素だときちんと分かっているのだろう。さすが。大好き。愛してる。
パンズ・ラビリンスの神経質で夢幻的な音、ヘルボーイ・ゴールデンアーミーの芸達者で鮮烈な音に続くパシフィックリムの音は、神話的巨大音響、すなわち『KAIJUサウンド』である。
「でかいものの音はでかく」。低音主体でまとめられたBGMを轟々と響かせ、激突するイェーガーとKAIJUの激震がその上にけたたましく折り重なる。スピーカー7本は終始吠え猛り、人機のあらゆる躍動から、KAIJUのあらゆる威力から、砕け散り弾け飛ぶあらゆるパーティクルから、これでもかと音がほとばしる。力強く、おどろおどろしく、されど決して大味にならない職人気質、芸達者ぶりはさすがデルトロ映画。
リアル・スティールに求め、キング・コングに求め、それでも手に入れられなかった「ロボット」と「巨大生物」の音響体験をパシフィック・リムは与えてくれる。うぃーん、がしゃ。うぃーん、がしゃ。きゅい・きゅいーん、がちゃ。ごごごごごご、ずぎゃーん、ぎゃぎゃぎゃ、ぶぼぼぼぼぼ、ずどーん。子供の頃口走っていた、イメージの中の音。これだ。
聴きどころ:
パイロットスーツ装着→コックピットに接続→ドリフトの一連のメカニカルシークエンス
レザーバックとの殴り合い



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Introduci

記事を読む

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します OTOTEN

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Beck / Colors

・アーティスト / アルバムタイトル Beck / Colors ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑