*

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

居ても立っても居られず


画質:15 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの7.1ch  日本版は5.1chなので注意


画質について。
デルトロ印のぐちょぐちょ画質の完成形。
雨が降っていないと気が済まない、パーティクルがないと気が済まない、濡れていないと気が済まない、汚れていないと気が済まない、変な色の光が乱舞していないと気が済まない、そんな監督の変態的こだわりに応え加速するエクストリーム高画質。ただでさえハイディティールのイェーガーやKAIJUの体表は様々な液体にまみれ、数多の光に炙られ、灼熱する情報量の塊となって目を焼くようだ。そしてパーティクル……そうパーティクルである。雨や波飛沫、実は恐ろしく複雑なディティールを秘めたKAIJUブルー、鋼と肉塊が撒き散らす火花、そして極大破壊によって舞い踊る破片に瓦礫、それらのひとつひとつが絶妙に不健康でいかがわしく鮮烈な色の中で狂乱跋扈する。爆轟する二大巨頭に負けず劣らず、光り輝くパーティクルが映像・画質面で果たす役目はとてつもなく大きい。
画質の基礎体力として、解像感もHD解像度としてこれ以上なくキレキレのキレを見せる。100インチで見ても、映像のキレにまったく不足なし。いちいち全部をクローズアップで見せつけてくるカメラワークの意図を寸分も損なうことなく、実写・CG問わず画面にみなぎる情報量を力強く支えている。オープニングのジプシー・デンジャー出撃シークエンス。兄弟のパイロットスーツのディティールの深さを見て、実写部分の高画質ぶりも確信した。
本格的な規格の始動から既に7年。BDにおける画質は、ノイズが出るとか、場面によっては甘くなるとか、そういう低レベルな次元はとうの昔に抜け出して、「いかに魅せるか」という領域まで進んでいる。そう断言できる画だ。
見どころ:
タンカーを引っ提げてオオタチへ向かうジプシー・デンジャーのカット
イェーガー、KAIJU、雨と瓦礫のパーティクル、極彩色の光という具合に、この映画の画の要素が端的に現れている

音質について。
相変わらず期待を裏切らない、デルトロ印の手の込んだ職人音響。
パンズ・ラビリンスにしろ、ヘルボーイ・ゴールデンアーミーにしろ、この監督の映画は恐ろしくサウンドデザインが磨き込まれている。観客を幻想で満たすには、映像だけでなく音響も決して欠かすことのできない要素だときちんと分かっているのだろう。さすが。大好き。愛してる。
パンズ・ラビリンスの神経質で夢幻的な音、ヘルボーイ・ゴールデンアーミーの芸達者で鮮烈な音に続くパシフィックリムの音は、神話的巨大音響、すなわち『KAIJUサウンド』である。
「でかいものの音はでかく」。低音主体でまとめられたBGMを轟々と響かせ、激突するイェーガーとKAIJUの激震がその上にけたたましく折り重なる。スピーカー7本は終始吠え猛り、人機のあらゆる躍動から、KAIJUのあらゆる威力から、砕け散り弾け飛ぶあらゆるパーティクルから、これでもかと音がほとばしる。力強く、おどろおどろしく、されど決して大味にならない職人気質、芸達者ぶりはさすがデルトロ映画。
リアル・スティールに求め、キング・コングに求め、それでも手に入れられなかった「ロボット」と「巨大生物」の音響体験をパシフィック・リムは与えてくれる。うぃーん、がしゃ。うぃーん、がしゃ。きゅい・きゅいーん、がちゃ。ごごごごごご、ずぎゃーん、ぎゃぎゃぎゃ、ぶぼぼぼぼぼ、ずどーん。子供の頃口走っていた、イメージの中の音。これだ。
聴きどころ:
パイロットスーツ装着→コックピットに接続→ドリフトの一連のメカニカルシークエンス
レザーバックとの殴り合い



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com  待

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑