*

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

居ても立っても居られず


画質:15 音質:15


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの7.1ch  日本版は5.1chなので注意


画質について。
デルトロ印のぐちょぐちょ画質の完成形。
雨が降っていないと気が済まない、パーティクルがないと気が済まない、濡れていないと気が済まない、汚れていないと気が済まない、変な色の光が乱舞していないと気が済まない、そんな監督の変態的こだわりに応え加速するエクストリーム高画質。ただでさえハイディティールのイェーガーやKAIJUの体表は様々な液体にまみれ、数多の光に炙られ、灼熱する情報量の塊となって目を焼くようだ。そしてパーティクル……そうパーティクルである。雨や波飛沫、実は恐ろしく複雑なディティールを秘めたKAIJUブルー、鋼と肉塊が撒き散らす火花、そして極大破壊によって舞い踊る破片に瓦礫、それらのひとつひとつが絶妙に不健康でいかがわしく鮮烈な色の中で狂乱跋扈する。爆轟する二大巨頭に負けず劣らず、光り輝くパーティクルが映像・画質面で果たす役目はとてつもなく大きい。
画質の基礎体力として、解像感もHD解像度としてこれ以上なくキレキレのキレを見せる。100インチで見ても、映像のキレにまったく不足なし。いちいち全部をクローズアップで見せつけてくるカメラワークの意図を寸分も損なうことなく、実写・CG問わず画面にみなぎる情報量を力強く支えている。オープニングのジプシー・デンジャー出撃シークエンス。兄弟のパイロットスーツのディティールの深さを見て、実写部分の高画質ぶりも確信した。
本格的な規格の始動から既に7年。BDにおける画質は、ノイズが出るとか、場面によっては甘くなるとか、そういう低レベルな次元はとうの昔に抜け出して、「いかに魅せるか」という領域まで進んでいる。そう断言できる画だ。
見どころ:
タンカーを引っ提げてオオタチへ向かうジプシー・デンジャーのカット
イェーガー、KAIJU、雨と瓦礫のパーティクル、極彩色の光という具合に、この映画の画の要素が端的に現れている

音質について。
相変わらず期待を裏切らない、デルトロ印の手の込んだ職人音響。
パンズ・ラビリンスにしろ、ヘルボーイ・ゴールデンアーミーにしろ、この監督の映画は恐ろしくサウンドデザインが磨き込まれている。観客を幻想で満たすには、映像だけでなく音響も決して欠かすことのできない要素だときちんと分かっているのだろう。さすが。大好き。愛してる。
パンズ・ラビリンスの神経質で夢幻的な音、ヘルボーイ・ゴールデンアーミーの芸達者で鮮烈な音に続くパシフィックリムの音は、神話的巨大音響、すなわち『KAIJUサウンド』である。
「でかいものの音はでかく」。低音主体でまとめられたBGMを轟々と響かせ、激突するイェーガーとKAIJUの激震がその上にけたたましく折り重なる。スピーカー7本は終始吠え猛り、人機のあらゆる躍動から、KAIJUのあらゆる威力から、砕け散り弾け飛ぶあらゆるパーティクルから、これでもかと音がほとばしる。力強く、おどろおどろしく、されど決して大味にならない職人気質、芸達者ぶりはさすがデルトロ映画。
リアル・スティールに求め、キング・コングに求め、それでも手に入れられなかった「ロボット」と「巨大生物」の音響体験をパシフィック・リムは与えてくれる。うぃーん、がしゃ。うぃーん、がしゃ。きゅい・きゅいーん、がちゃ。ごごごごごご、ずぎゃーん、ぎゃぎゃぎゃ、ぶぼぼぼぼぼ、ずどーん。子供の頃口走っていた、イメージの中の音。これだ。
聴きどころ:
パイロットスーツ装着→コックピットに接続→ドリフトの一連のメカニカルシークエンス
レザーバックとの殴り合い



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

BubbleUPnPとJPLAY 6.2がQobuzに対応

 BubbleUPnPがQobuzに対応。  汎用アプリでありながらTIDALとQobuzに両対応

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】「On-Device Playlist」(オンデバイス・プレイリスト)について

ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割  On-Device Playlist。

記事を読む

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

CES2015雑感

・DTS:X  やっぱりな。 ・テレビ  明部が激烈に輝くかわりに黒が浮くハイコントラ

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

RoonがDropboxと連携できるようになったようだが……?

 ん、いつの間に。  とうとうユーザー所有の音源もクラウドに持っていく時代になったとでもい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑