*

【BDレビュー】 第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

第四回はこれまた説明不要のビックタイトル、ディズニーの実写映画史上最高にヒットしているらしい海賊映画を取り上げます。
BDのリリースでは各社に遅れること半年以上、待ちに待った感じでのリリースと相成ったディズニーの第一弾がこのソフトです。007と同様各所で散々評価されており、クオリティ、特に画質面での評価が非常に高かったのが印象に残っています。


パイレーツ・オブ・カリビアン
画質:10 音質:8

パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト
画質:10+→11 音質:9


とりあえず概観として、とにかく超絶高画質なソフトです。前回で007の画質をべた褒めしましたが、一作目については総合的にはそれと互角、二作目では凌駕しています。

まずは一作目。
映像コーデックはAVCでビットレートは10台から30台までめまぐるしく変化します。
音声はリニアPCMでビットレートは4.6Mbps。リニアPCMとしては標準値です。

既に散々言われていることですが、素晴らしい高画質です。007とは対照的に非日常的な空間・場面が頻出することになりますが、その全てがもはやありゃこりゃ難しいことを考えずに綺麗だなあと思えるレベルに達しています。
またこれは画作りの違いでしょうが、007のハイコントラスト志向に対してこちらはそれほどそうでもなく、もっと柔らかい、滑らかな感じの画となっています。といっても決して中明度ばかりに力が入っているわけではなく、海面に反射する眩い日光や、月明かりの下の幽霊船など、明るい・暗い場面でも素晴らしい表現を見せてくれます。

一方、音質に関してはそれほど凄いとは思いませんでした。もちろんリニアPCMでの収録で、全体的には高い水準にはあるのですが、007に比べれば大したことはありません。
なお、実は結構音響効果が地味です。映像の派手さに音響が負けているような感覚が何度かありました。やはり音響というものは大事ですね、物凄く。


次に二作目。
映像コーデックはAVCで10台前半から30台後半、時として40台まで、前作以上に激しく変化します。特に注目すべきは、わりと静かな場面ではほとんどビットレートが10台で抑えられていることです。そのうえでこれだけの高画質を実現しているあたり、AVCの使いこなしではやはりPHLがソニーPCLの一歩先を行っているようです。今後もBDの画質の進化はこの二社と共にあるでしょう。
音声仕様については前作と同様です。

画質についてですが、これはもう、現時点での究極的な画質だと言って間違いないでしょう。007と海賊1については、今まで見てきたBDから想定できた最高の画質でした。それが海賊2については、「そもそもこれだけの画質は想像もできなかった」というレベルです。一般向けにリリースされるパッケージソフトが実現した史上最高の画質ではないか……何の根拠もなくそんな風に思えてしまうだけの力があります。もはやノイズがどうとか言っている次元ではありません。それでいてビットレートをこれだけ抑えられている。なんだか凄すぎて眩暈がします。
10ではもはや役不足ですので、10+です。

☆テレビ買い替え後。
やっぱり海賊の画作りはシャープな感じとは無縁のソフト路線。しっとりなめらか。
でも、甘くなるというわけでもない。


音質そのものは前作とさして変わらないとは思いますが、音響効果がかなり進化しており、派手な画面とようやく釣り合ったという感じです。
この作品については頭を空にしてげらげら笑いながら見るというのがある意味では正しい見方だと思いますので、滅茶苦茶に派手な音響は嬉しいものです。とりあえず、音の存在感がぐっと増しているということで前作より得点を高くしてみました。

兎にも角にも画質はもはや超絶的なレベルであり、音響も二作目はかなり派手ですので、とりあえずBDの実力を見てみようと思われる方にも文句なくお勧めできるソフトです。
海賊二本と007が奇しくも同日リリースとなり、恐らくその日をもってBDは本当の意味での次世代クオリティを実現するに至ったと言えなくはないでしょう。今後、現状の評価基準では軽く10点を超えるようなソフトが続々と出てくると思うと非常に楽しみです。




おまけ

いわゆるインタラクティブ面でも相当凝ってます。
BD-JAVAで作ったゲームとかもあるみたいです。やってませんけど。
正直、インタラクティブ面とかどうでもいいです。
画質音質が最優先でしょう、やっぱり。

「ウチの規格ならインターネット経由で音声やら何やらが追加ダウンロードできる! 便利!」
とか言ってる人達もいますが、そんなこと言うくらいなら最初から全部入れろよ、と。

容量が足りない? そうですか、失礼しました。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

記事を読む

【音源管理の精髄】 MediaMonkeyでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、MediaMonkeyを取扱う記事はそれなりに多い。  しかし、Medi

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero C

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑