*

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 なんだかかパッとしない……
 いや、決して悪くはない。悪くはないのだが、現在の水準で考えれば特段良くもない。何よりBDの完成形と言って差し支えなかった前作『スカイフォール』からすれば、画質的にはかなり落ちてしまった。
 全体的に彩度を抑えた硬質な画。場面ごとに映像のトーンが明確に切り替わる。メキシコの黄土色、ロンドンの灰色、ローマの黄金色など。それらをきちんと表現できるだけの基礎体力はある。
 昨今の作品としてはそこそこ粒状感を出しているのだが、絶対的な情報量がそれほどでもないため、粒状感が単なるノイズとして意識されてしまう局面が少なくない。さらに画質の乱高下が激しく、そこかしこでフォーカスが甘くなる印象を受ける。画質的な最大値でも、スカイフォールの平均値に及んでいないような。

○見どころ
 会談


○音質
 ゴリゴリと力押しが著しい。
 過去三作に比べると銃撃戦が明らかに減ったようだが、そのかわり銃弾一発一発の存在感が増し、時として大砲みたいなことになっている。
 銃以外の効果音も一つ一つ威力を高める方向性のようで、品のないアクション映画(褒め言葉)のようにスピーカーがやかましくがなり立てる。その一方で、サラウンド感は抜群ながら、音響構築の精密さや工夫は減退した印象を受ける。前作におけるMのテニスンの朗読のように、映像との神がかった絡みを見せる場面も少ない。とにかく力押しである。
 例のギネスにも登録されたという爆発シーンも、威力はともかくさして印象に残る音ではなかった。『ダークナイト』の病院爆破シーンくらい凝ってほしかった。
 サム・スミスによるオープニングも、少々音が飽和気味だったかな……

○聴きどころ
 オープニング
 飛行機でスキー


○総評
 スカイフォールの壮絶な出来映えから今作はいったいどうなるのかと期待していたが、BDクオリティ的にはわりと普通。期待が大きすぎただけで、決して悪いわけではないのだが。
 本作とスカイフォールは4Kでマスターを作っているので、UHD BDによるさらなる飛躍が期待できる。備えよう。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
EPSON EH-LS10000
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
ECLIPSE TD316SWMK2



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ③

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:15 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:13 (評価の詳細につ

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑