*

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。

画質について。
パーフェクト。
目の醒めるような高画質と、エンコードにおける完璧さが同居する、実写映画としての到達点足り得る素晴らしい画質である。
現状で他に実写映画で画質評価15をつけているのはアイ・ロボットと慰めの報酬の二作品だが、ウォッチメンの画作りはそのどちらとも違う。アイ・ロボットのようなエネルギーみなぎる超重厚画質でもなければ、慰めの報酬のような粒状感ごりごりの超精細感志向でもない。むしろ調律の上に調律を重ねた、恐ろしく精緻な画である。他の二作品の色調自体はあくまである程度日常的に目にする世界に準じているが、ウォッチメンの色調はそもそも完全に、人工的に加工されている。終末を目前に控え陰鬱に沈んだ世界である。ここまで完全に加工しきった色調を一切の破綻なくエンコードした手腕は絶賛されるべきである。
絶対的な比較では情報量それ自体は他の二作品ほど多くは無いものの、作品の殆どを占める闇の中においてもディティールは冴え渡り、あまり出しゃばらない粒状感はむしろ画面に素晴らしい透明感を与えている。暗がりにあっての精細感、立体感、SN感は史上最高である。劇場では見えなかったディティールが見える見える。

音質について。
同じ監督の作品である300の豪放一直線の音響から打って変わって、ウォッチメンの音響は映像と同じく非常に精緻なものであり、派手さよりもむしろ抑制の上に抑制の効いた音である。あくまで映像の引き立て役に徹しており、音響それ自体も主役を張るような場面はあまり無いが、音数は非常に多く、効果音ひとつひとつが生き生きとしているし、マルチチャンネル/サラウンドの構築も素晴らしい。抑制されていた音響が一気に弾けるシーンでのカタルシスはなかなかのものがあるが、個人的にはもっともっと大暴れしても善かったように思う。
声の質感は特筆されるべきである。ロールシャッハ的な意味で。
ちなみに少々収録音量が低いようなので、普段のボリューム+3あたりで見るといいかもしれない。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ①

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ 『第9地区』 効

記事を読む

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【BDレビュー】第26回『インデペンデンス・デイ』 画質:9 (画質はHD環境・B

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

オンキヨー TX-NR3030

オンキヨー、Dolby Atmos/HDCP 2.2対応の最上位AVアンプ  ついに一体型

記事を読む

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォーマットが寂しいのは残念だが、

記事を読む

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDと

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【BDレビュー】第333回『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

 ようやく未消化だった分のレビューを書き終えた。  ここからは使用機材が変わり、オブジェクトベース

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑