*

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。

画質について。
パーフェクト。
目の醒めるような高画質と、エンコードにおける完璧さが同居する、実写映画としての到達点足り得る素晴らしい画質である。
現状で他に実写映画で画質評価15をつけているのはアイ・ロボットと慰めの報酬の二作品だが、ウォッチメンの画作りはそのどちらとも違う。アイ・ロボットのようなエネルギーみなぎる超重厚画質でもなければ、慰めの報酬のような粒状感ごりごりの超精細感志向でもない。むしろ調律の上に調律を重ねた、恐ろしく精緻な画である。他の二作品の色調自体はあくまである程度日常的に目にする世界に準じているが、ウォッチメンの色調はそもそも完全に、人工的に加工されている。終末を目前に控え陰鬱に沈んだ世界である。ここまで完全に加工しきった色調を一切の破綻なくエンコードした手腕は絶賛されるべきである。
絶対的な比較では情報量それ自体は他の二作品ほど多くは無いものの、作品の殆どを占める闇の中においてもディティールは冴え渡り、あまり出しゃばらない粒状感はむしろ画面に素晴らしい透明感を与えている。暗がりにあっての精細感、立体感、SN感は史上最高である。劇場では見えなかったディティールが見える見える。

音質について。
同じ監督の作品である300の豪放一直線の音響から打って変わって、ウォッチメンの音響は映像と同じく非常に精緻なものであり、派手さよりもむしろ抑制の上に抑制の効いた音である。あくまで映像の引き立て役に徹しており、音響それ自体も主役を張るような場面はあまり無いが、音数は非常に多く、効果音ひとつひとつが生き生きとしているし、マルチチャンネル/サラウンドの構築も素晴らしい。抑制されていた音響が一気に弾けるシーンでのカタルシスはなかなかのものがあるが、個人的にはもっともっと大暴れしても善かったように思う。
声の質感は特筆されるべきである。ロールシャッハ的な意味で。
ちなみに少々収録音量が低いようなので、普段のボリューム+3あたりで見るといいかもしれない。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

【アプリ紹介】Kinsky iPad版

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Kins

記事を読む

「プラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。  まず、JRiver Media Center(以下

記事を読む

【BDレビュー】 第243回『SHORT PEACE』

 ジーニアスパーティー・ビヨンドのBD化はまだか! まだですか!  (無印は別に……)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第206回『REDLINE』

川尻大先生の「走る男」を思い出すな…… 画質:9 音質:12 映像はAVC、音声

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑