*

【BDレビュー】 第103回『ランボー 最後の戦場』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:8 音質:10


映像はAVCでビットレートは高めに推移。
音声はドルビーTRUEHDの16bit。

画質について。
ギャガ発売のソフトにしてはだらしねえな、というのが正直な感想。近作としての水準はクリアしているものの、超高画質ソフトが次々に出てくる現状では大して冴えない。
アップのシーンなどはなかなかの精細感を見せるが、少し引いた画面になるとすぐに甘くなる傾向にあり、画調自体もいまいち統一感に欠ける。夜の場面は粒状感が一気に増すものの、敢えて薄汚さを狙ったものなので(映画館上映時も同様)特に問題は無い。
全体的につめの甘い画質ながら、この映画の性格を考えるとそれほど高画質が効果を発揮する映画でもなし、こんなもんで良かったのかも。血肉が四散する様子を仔細に観察できるレベルの画質は十分にキープしてるし。

音質について。(追記)
予想通り、期待通り、究極の素晴らしさ。
クライマックスで繰り広げられる大殺戮ショーは、今まで見てきた全ての映画の中でもトップクラスに位置する凄まじい音響シーン。音質それ自体もさることながら、実に凝ったサウンドデザインがまた素晴らしい。最後のドンパチのためだけに買う価値あり。銃が違えば銃声も違う、という当たり前のことをきちんと音響として認識できるのはシューテム・アップと同様。ドンパチ映画としては過去最高に硬質かつ鋭利な音響で大満足。もっともっと大音量で楽しみたいところ。
意外だったのは、戦闘以外の場面の音響が実に静かだったこと。日常的な環境音や会話の音量レベルはかなり下げられ、その分強靭な銃声や爆音の威力が際立つ結果となっている。

改めて見直してみたところ、初見では銃撃戦の映像の迫力に圧倒されていまいち聞こえてこなかった、ある恐るべき事実が明らかになった。
「銃声よりも肉体が裂けて砕ける音に存在感がある」
グジュッバリバリメキメキグシャッ、重機関砲が吐き出す弾丸を食らって耐えられるほど人間の肉体は頑丈ではなく、簡単に裂けて砕けて圧し折れる。50口径なんていう暴力的な大口径での狙撃でいとも簡単に頭蓋が弾け飛ぶ。
なんとまぁ、銃声のみならず、人体が破壊される音それ自体がサラウンドになっているかつてないサウンド。
評点15をつけていたが、北米版の出来があまりにもファッキンオーサムなのでこちらは10に修正。
北米版を見るべし。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

no image

【アプリ紹介】 Denon Remote App iPad版検証

ようやくiPadに対応したので早速検証してみる。 Denon Remote AppはMaran

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢

 ネットワークオーディオの三要素がある。  『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Natsukashii

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Natsukashii

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑