*

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。


新海作品が次世代ディスクで見られるッ!
なんたる幸福よッ!!



それにしても、新海作品の主人公はどいつもこいつも真正喪男のあたしからすれば忌々しいくらいのいい男ですね。



『雲の向こう、約束の場所』

画質:9 音質:8

映像はAVCでビットレートは20台を中心に推移。一層のためか、意外と低い。
音声はリニアPCM5.1chで4.6Mbps。

画質について。
オゥフ、これが新海作品の次世代ディスクにおける姿か……ッ!
素直に見惚れる素晴らしい画質です。
DVDでは絶対に不可能だった、デジタル製作のアニメの“マッハバンドの無い紺碧の空”が見られるのは感動的です。ベールを一枚も二枚も剥がしたような鮮烈にして透徹した空気感。新海誠の世界観を余すことなく描きます。
とはいえ、足りない。
ごくわずかにマッハバンドが見られます。とあるシーンはノイズが吹き出しています。
そして一層ディスクのためか、ビットレートはさして高くありません。動きのないシークエンスでは10Mbps台にしかなりません。30Mbps台にはあまり乗りません。
もっともっと、もっともっと上を目指せるはずです。
感動的な画質ではありますが、まだまだ上限ではありません。
画質評価10をあげるにはまだ早い!
3年後くらいに再びリリースを!!

音質について。
DVDに比べて随分よくなってます。
DVDの音響は無闇に冷たく堅苦しい音でしたが、BDの音は随分と品位のある透明な音になっています。
決して派手派手な映画ではないので音響効果も最低限ですが、鳴らす場面ではしっかり鳴らしてくれます。



『秒速5センチメートル』

画質:10 音質:6

映像はAVCでビットレートは両極端。動かないと10Mbps台、動くと30~40Mbps台にも跳ね上がる。
音声はリニアPCM4.0chで3.1Mbps。珍しい方式。

画質について。
雲の向こう、約束の場所がいかにもデジタルアニメ然としたくっきりはっきり志向なのに対し、こちらはしっとりしっぽり志向の画作りです。
キャラの作画については描線をかすれさせる面白い手法を用いているのですが、そのことをきちんと認識できるくらいに細部の情報量もしっかり出ています。
っつってもスチームボーイやイノセンスといったアニメ作品とは異なり、圧倒的な情報量でもって畳み掛ける類の作品ではないので、おそらく最も肝要なのは“色”ということになるかと思います。
で、その肝心な色なのですが、もうほんっと素晴らしいですね。薄汚れた現実世界を見続けて疲弊した瞳に与える視覚の御馳走です。
マッハバンドは皆無……だと思うんですが、あいにく新海作品の美術は時としてグラデーションを意図的に飛ばすことがあるので、はたしてマッハバンドなのか意図的なものなのかが少々分かりにくいことがあります。もっとも、そんなものはもはや気にならないくらいの鮮烈な色彩に酔えます。DVDとは色の深みと鮮度が違います。まさにうちのブラビアの本領発揮です。
が、しかし。
何かが足りない。破綻無く仕上げられているけれど、スチームボーイが見せたような圧倒的なまでの画面の力には何かが足りない。
雲の向こう、約束の場所と同じく、素材は唯一無二の次元に既にあるのだから、もっともっと上を目指せるはず!
3年後、再び会おう!!

音質について。
リニアPCM4.0chっつーから、環境音とかBGMでサラウンドありありな予想をしてたけど、別にそんなことはなかったぜ!
音が善い悪いの前に、そもそも音が少なすぎ。
そもそもそんな音にまみれた作品じゃねーっつわれたらおしまいですが、もうちょっとなんとかなんなかったのかな。
正直言ってサラウンドチャンネルが仕事をしていた気がまるでしない。
最後の最後、突如としてとある歌のミュージックビデオと化す場面でも音が弱いのは相変わらず。
もうちょっとなんとかなんなかったのかな。






と、ゆーわけで、ついにこの視聴記も50回を数えました。
御気楽BD視聴記・序が去年の9月14日ですので、7か月かかって50回に到達したことになります。
ペースとしてはこんなもんですかね、持ってるソフトの数もありますし。

今後も、いろいろ、夢がひろがりんぐ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Nmode X-PW10

 オーディオマニアとは業が深いもので、何か機材を買って「なんていい音なんだ!」と感動しても、同時に「

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

PCオーディオはもっと自由になれる

ネットワークオーディオの本質 『ネットワークオーディオ』とは何か  ネットワークオー

記事を読む

Xbox One SはUHD BD普及の起爆剤となるか?

Xbox Oneの小型化新モデル「Xbox One S」海外発売日決定! - Game Spark

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

【音源管理の精髄】 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 Mp3tag。  言わずと知れた、歴史あるタグ編集ソフトである。  私も4年前にLINN DS

記事を読む

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較  LUMINのネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑