*

【BDレビュー】 第50回『雲の向こう、約束の場所』&『秒速5センチメートル』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

記念すべき第50回にふさわしいこのタイトルをずっと待っていました。


新海作品が次世代ディスクで見られるッ!
なんたる幸福よッ!!



それにしても、新海作品の主人公はどいつもこいつも真正喪男のあたしからすれば忌々しいくらいのいい男ですね。



『雲の向こう、約束の場所』

画質:9 音質:8

映像はAVCでビットレートは20台を中心に推移。一層のためか、意外と低い。
音声はリニアPCM5.1chで4.6Mbps。

画質について。
オゥフ、これが新海作品の次世代ディスクにおける姿か……ッ!
素直に見惚れる素晴らしい画質です。
DVDでは絶対に不可能だった、デジタル製作のアニメの“マッハバンドの無い紺碧の空”が見られるのは感動的です。ベールを一枚も二枚も剥がしたような鮮烈にして透徹した空気感。新海誠の世界観を余すことなく描きます。
とはいえ、足りない。
ごくわずかにマッハバンドが見られます。とあるシーンはノイズが吹き出しています。
そして一層ディスクのためか、ビットレートはさして高くありません。動きのないシークエンスでは10Mbps台にしかなりません。30Mbps台にはあまり乗りません。
もっともっと、もっともっと上を目指せるはずです。
感動的な画質ではありますが、まだまだ上限ではありません。
画質評価10をあげるにはまだ早い!
3年後くらいに再びリリースを!!

音質について。
DVDに比べて随分よくなってます。
DVDの音響は無闇に冷たく堅苦しい音でしたが、BDの音は随分と品位のある透明な音になっています。
決して派手派手な映画ではないので音響効果も最低限ですが、鳴らす場面ではしっかり鳴らしてくれます。



『秒速5センチメートル』

画質:10 音質:6

映像はAVCでビットレートは両極端。動かないと10Mbps台、動くと30~40Mbps台にも跳ね上がる。
音声はリニアPCM4.0chで3.1Mbps。珍しい方式。

画質について。
雲の向こう、約束の場所がいかにもデジタルアニメ然としたくっきりはっきり志向なのに対し、こちらはしっとりしっぽり志向の画作りです。
キャラの作画については描線をかすれさせる面白い手法を用いているのですが、そのことをきちんと認識できるくらいに細部の情報量もしっかり出ています。
っつってもスチームボーイやイノセンスといったアニメ作品とは異なり、圧倒的な情報量でもって畳み掛ける類の作品ではないので、おそらく最も肝要なのは“色”ということになるかと思います。
で、その肝心な色なのですが、もうほんっと素晴らしいですね。薄汚れた現実世界を見続けて疲弊した瞳に与える視覚の御馳走です。
マッハバンドは皆無……だと思うんですが、あいにく新海作品の美術は時としてグラデーションを意図的に飛ばすことがあるので、はたしてマッハバンドなのか意図的なものなのかが少々分かりにくいことがあります。もっとも、そんなものはもはや気にならないくらいの鮮烈な色彩に酔えます。DVDとは色の深みと鮮度が違います。まさにうちのブラビアの本領発揮です。
が、しかし。
何かが足りない。破綻無く仕上げられているけれど、スチームボーイが見せたような圧倒的なまでの画面の力には何かが足りない。
雲の向こう、約束の場所と同じく、素材は唯一無二の次元に既にあるのだから、もっともっと上を目指せるはず!
3年後、再び会おう!!

音質について。
リニアPCM4.0chっつーから、環境音とかBGMでサラウンドありありな予想をしてたけど、別にそんなことはなかったぜ!
音が善い悪いの前に、そもそも音が少なすぎ。
そもそもそんな音にまみれた作品じゃねーっつわれたらおしまいですが、もうちょっとなんとかなんなかったのかな。
正直言ってサラウンドチャンネルが仕事をしていた気がまるでしない。
最後の最後、突如としてとある歌のミュージックビデオと化す場面でも音が弱いのは相変わらず。
もうちょっとなんとかなんなかったのかな。






と、ゆーわけで、ついにこの視聴記も50回を数えました。
御気楽BD視聴記・序が去年の9月14日ですので、7か月かかって50回に到達したことになります。
ペースとしてはこんなもんですかね、持ってるソフトの数もありますし。

今後も、いろいろ、夢がひろがりんぐ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第116回『WALL.E』

画質:15☆ 音質:15 映像はAVC、ビットレートは高めで安定。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な発熱があ

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブルワイヤレスストリーマー」。

記事を読む

【BDレビュー】 第238回『エクスペンダブルズ』 エクステンデッド・ディレクターズ・カット

ジェット・リーの扱いが酷いのがちょっとなぁ…… 画質:8 音質:11 映像はAV

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑