*

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:9
音質:8
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:AVC
音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch


○画質
 まんま『ダークナイト ライジング』の画。重苦しいフィルムの質感やIMAXになった途端画質のレベルが上がるのも同じ。
 しかし、IMAXでの画質の上げ幅は『ダークナイト』や『ダークナイト ライジング』に比べるとだいぶ小さい。被写体の問題だろうか。トウモロコシ畑はIMAXの画質的な恩恵をあまり受けないとか? IMAXの暴力的なまでの高画質によるブーストが効かないため、評点はそれほど伸びない。
 そしてIMAXの使いどころが謎。一つのシーンの中に通常のフィルムとIMAXのカットが混在し、しかも統一感がないのでその意図がまるで読めない。何故にこのカットでIMAX? と思うこともあれば、逆もまた然り。
 宇宙空間はさすがの美しさ。淡々と映し出される天文現象は荘厳ですらある。

○見どころ
 ワームホール
 五次元空間の怪


○音質
 BGMも効果音も終始「ぶおおおおおおおおおおおお」という具合で、迫力はあるものの芸がない。砂嵐も、大津波も、ブラックホールも、同じもののように聴こえてしまう。もっと現象ごとに個性が欲しい。せっかくの映画音響なんだから、もっともっと想像を駆り立てるような音が欲しかった。
 静との使い分けは非常に巧みで、ぶおおおおおおおおおおおから瞬時に静寂が訪れる様などは強く印象に残る。その揺れ幅を最大化するためにも、ぶおお(以下略)をいかに強烈かつ重厚に鳴らせるかが本作の音の肝と言えるが、一般家庭ではそれもなかなか難しいだろう。ブラックホールの超重力で悲鳴を上げる宇宙船の軋みと、サブウーファーの重低音で悲鳴を上げる部屋の軋みがシンクロでもすれば、究極の臨場感が味わえるのかもしれない。

○聴きどころ
 ぶおおおおおおおおおおおお


○総評
 画も音も作品内容も『コンタクト』の方がずっと良い、と思うのは私だけだろうか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
OPPO BDP-103

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.0ch)
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52



【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

米Stereophile誌でのRoonの評価

Stereophile's Products of 2015 Editors' Choices of

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来一年半以上に渡って頓挫していた

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤

海外では旧版から新装版への無償交換までしたとかなんとか。 でも日本では発売元にクソほどのやる気もな

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】foobar2000を使って手っ取り早くDSD256対応のネットワークオーディオ環境を作る

 安くて早くて多機能で夢が広がるfoobar2000を例に、実践編のまとめとして。  ネットワーク

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD その2

その1 ティアック、フルサイズの “Reference 7” 。第1弾はネットワークCDレシー

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・追記】

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑