*

【BDレビュー】 第231回『紅の豚』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:9 AVC

ラピュタ以降、耳をすませばで、ジブリにおけるフィルム作品のBD化は完成されたように思う。
目を見張る情報量、突き抜ける解像感……といったものは、ない。ただし、色あせない。不満がまったくない。
100インチの画面で見ても、画質面で気になる部分が何も出てこない。かつて作られたフィルムをスキャンしてデジタル化し、そこからBDに落とし込む。過去230回もレビューを書いてきて心の底から思ったことだが、その工程で最も重要なのは愛情だ。それも口先だけの愛情ではない。愛ゆえに最上の最善を尽くす、そういった姿勢が必要だ。そして口先だけの愛情が幅を利かす残念な日本のBD市場において、ジブリは極めて愛に満ちたソフトを出してくれる。東宝盤とクライテリオン盤の『七人の侍』を見比べてみるといい。多少高くてもなんら問題はない。
「なんかぼけてる」「なんか汚い」「なんかノイジー」「なんか……」
画質に対し、この手の感情が湧いて邪魔されないだけで、どれだけ鑑賞の質が高まるというのか。計り知れない。
海が青い。空が碧い。描かれたすべてが見える。素晴らしい。
雲だと思っていた、空に浮かぶ点だと思っていたものが、実は散っていった飛行艇だと気付くシーン。そこに、この作品がBD化した真価がある。
ただし一か所。じいさんが請求書とにらめっこしているシーン。ほんの一瞬だけど、画面にガタがきた。そこで一点減点。

見どころ:ホテル・アドリアーノとマダム・ジーナ


音質:14 リニアPCMステレオ

感激した。
ステレオ音響でもって心震わす瞬間を生み出すことは、現実的にサラウンドよりもずっと難しい。映像の補完に加えて純粋な演出として極めて有効な、「真後ろからの音」を使えないからだ。
ところがどっこい、紅の豚は、下手なサラウンドの映画よりも、はるかに音響的醍醐味に満ちている。高品位なダイアローグに支えられ、劇伴も効果音も2本のスピーカー間を自由闊達に動き回る。空戦時の音はステレオが目指す究極、「2本のスピーカーだけで空間情報のすべてを再現する」という領域に達しつつあると思えた。かつてステレオ音響の映画で音質10点をつけた『グラン・ブルー』よりも、さらに一歩先を行く仕上がりだ。
この辺の妙味はシアターだけでなく、2chステレオにも投資してきたからこそ得られたもの。そしてだからこそ、「ステレオ収録の映画は素直にステレオで見るべし」と言える。
瞬間的な爆発力はないにせよ、音圧の不足は一切感じなかった。というよりも、劇伴にせよ効果音にせよ、音の盛り上がりは今まで見たジブリ作品の中でまちがいなく最高である。近作であり、サラウンドをきちんと活用して空間を構築した『借りぐらしのアリエッティ』をも凌駕している。いつもいつも音響的には盛り上がりに欠け、煮え切らない感のあるジブリ作品で血沸き肉踊る昂揚が得られた。エンドロールの『時には昔の話を』も、純然たる高音質で素晴らしい余韻を提供してくれた。
実に楽しい時間だった。

聴きどころ:劇中歌、劇伴のすべて


もののけ姫のBD化が死ぬほど楽しみだ。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1を試す・音質編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編  LUMIN THE

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第198回『マチェーテ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit いよいよもってSP

記事を読む

【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio ― はじまりという価値

 これからネットワークオーディオの門戸を叩こうとしている人が、  「ネットワークオーディオプレ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 文字コードを活用したサムネイルの改変 【ネットワークオーディオTips】

 これはLUMIN Appのブラウズ領域に表示された、何の変哲もないTwonky Serverの「ジ

記事を読む

iFI nano iDSDといちごアイスとJPLAYStreamerでDSD256を再生する

DSD256用のファームウェア5.0にフレーバーをつけました 「どれにしますか?」 - iFI-Au

記事を読む

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑