*

【BDレビュー】 第31回『U-571』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

潜水艦映画です。
知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。
とてつもない音響のソフトで、その素晴らしさは私が見てきた全てのソフトでも最上位に属します。サラウンド環境を整えて間もない頃に見たU571は衝撃的でした。特に爆雷の集中投下を受けるシーンなどは恐怖を覚えるほどです。
BD化が実に待ち遠しいソフトの一つでした。


画質:8 音質:12


映像はAVCでビットレートは30台後半で安定。
音声はドルビーTRUEHDで2Mbps前後。

画質について。
なかなかの高画質。基本的な画作りはインデペンデンスデイとそっくりです。この頃の映画って大体似たような画作りですね。とはいえ場面ごとの画質差がそれなりにあり、全体的な画質ではインデペンデンスデイに一歩劣ります。
BD化で最も変わった部分は水中の描写であると思いました。潜水艦は当然潜水しているわけで、作中何度も何度も潜水艦が海中を進む場面があります。その水中の絵における色の変化は非常に小さく、ほんの僅かな色の変化しかありません。DVDではその階調が完全に破綻して階段状になってしまっていましたが、BD版ではその微妙なグラデーションも完璧に再現します。素晴らしい!

音質について。
かつてないレベルに到達しています。
火薬爆薬が過剰なこの映画ですが、全編を通じて極大のダイナミックレンジと細部の緻密な描写が完全に両立しています。DVDの時点で恐怖を覚えるほどの素晴らしい音響を実現していましたが、BDになるともはや戦慄の域です。
魚雷で潜水艦が撃沈される場面。連鎖する爆音が鼓膜を激震させると同時に、無数の部品がねじれて砕けて弾け飛ぶ微細な音が洪水のように鳴り響きます。潜水艦という巨大な機械の塊が暴力的な爆発によって粉微塵に破壊されていく様が純粋に音の力だけで仔細に浮かび上がっていきます。
爆雷の集中投下を受ける場面。至近距離で次々に炸裂する爆雷。途切れることなく爆音が四方八方から鳴り響き、同様に船内で生じる阿鼻叫喚の様が途方も無い轟音の中で一つ一つの音としてきちんと認識できます。爆雷を避けてさらに深く潜行すると、今度は船体が水圧によって軋む音が絶望感と共に聞こえてきます。
まったくもって素晴らしい!
この手のドンパチ系音響としては、ステルスから長い時間を経てインデペンデンスデイがトップの座を奪い、さらに短期間でU571がそのお株を奪いました。BDでは高画質化の傾向が著しく、そちらにばかり目が向いてしまいますが、音質も同じく加速度的に進化しています!
そして何より嬉しいのは、今までリニアPCMの後塵を拝するばかりであったドルビーTRUEHDがかつてない高音質を実現したということです。映像も音も、BDのポテンシャルはまだまだ未知数だッ!!


それにしてもギャガは非常に素晴らしい仕事します。オペラ座の怪人も素晴らしかったですが、U571も文句無しの出来映えです。私は持っていませんが、プレステージも同様に素晴らしいようで。
どこぞの映画会社にも見習ってほしいもんです。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1、導入1周年!

 近景  見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。  L1のHDDの振

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

【レビュー】LUMIN S1

 一週間、時間とやる気の許す限り色々と試してみた。 ○外観・機能 LUMIN S

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 音質編

 外観・機能編はコチラ。  内部のジャンパーを動かし、ゲインを落とした。  それでも、ボ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力! そうそう、馬鹿映画はこうじ

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

【BDレビュー】 第239回『エクスペンダブルズ2』 北米盤

しっかし傷だらけじゃねえか。 格闘技でも習ったらどうだ? ……ボクシングとか。 画質:

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑