*

【BDレビュー】 第31回『U-571』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

潜水艦映画です。
知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。
とてつもない音響のソフトで、その素晴らしさは私が見てきた全てのソフトでも最上位に属します。サラウンド環境を整えて間もない頃に見たU571は衝撃的でした。特に爆雷の集中投下を受けるシーンなどは恐怖を覚えるほどです。
BD化が実に待ち遠しいソフトの一つでした。


画質:8 音質:12


映像はAVCでビットレートは30台後半で安定。
音声はドルビーTRUEHDで2Mbps前後。

画質について。
なかなかの高画質。基本的な画作りはインデペンデンスデイとそっくりです。この頃の映画って大体似たような画作りですね。とはいえ場面ごとの画質差がそれなりにあり、全体的な画質ではインデペンデンスデイに一歩劣ります。
BD化で最も変わった部分は水中の描写であると思いました。潜水艦は当然潜水しているわけで、作中何度も何度も潜水艦が海中を進む場面があります。その水中の絵における色の変化は非常に小さく、ほんの僅かな色の変化しかありません。DVDではその階調が完全に破綻して階段状になってしまっていましたが、BD版ではその微妙なグラデーションも完璧に再現します。素晴らしい!

音質について。
かつてないレベルに到達しています。
火薬爆薬が過剰なこの映画ですが、全編を通じて極大のダイナミックレンジと細部の緻密な描写が完全に両立しています。DVDの時点で恐怖を覚えるほどの素晴らしい音響を実現していましたが、BDになるともはや戦慄の域です。
魚雷で潜水艦が撃沈される場面。連鎖する爆音が鼓膜を激震させると同時に、無数の部品がねじれて砕けて弾け飛ぶ微細な音が洪水のように鳴り響きます。潜水艦という巨大な機械の塊が暴力的な爆発によって粉微塵に破壊されていく様が純粋に音の力だけで仔細に浮かび上がっていきます。
爆雷の集中投下を受ける場面。至近距離で次々に炸裂する爆雷。途切れることなく爆音が四方八方から鳴り響き、同様に船内で生じる阿鼻叫喚の様が途方も無い轟音の中で一つ一つの音としてきちんと認識できます。爆雷を避けてさらに深く潜行すると、今度は船体が水圧によって軋む音が絶望感と共に聞こえてきます。
まったくもって素晴らしい!
この手のドンパチ系音響としては、ステルスから長い時間を経てインデペンデンスデイがトップの座を奪い、さらに短期間でU571がそのお株を奪いました。BDでは高画質化の傾向が著しく、そちらにばかり目が向いてしまいますが、音質も同じく加速度的に進化しています!
そして何より嬉しいのは、今までリニアPCMの後塵を拝するばかりであったドルビーTRUEHDがかつてない高音質を実現したということです。映像も音も、BDのポテンシャルはまだまだ未知数だッ!!


それにしてもギャガは非常に素晴らしい仕事します。オペラ座の怪人も素晴らしかったですが、U571も文句無しの出来映えです。私は持っていませんが、プレステージも同様に素晴らしいようで。
どこぞの映画会社にも見習ってほしいもんです。



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』 ・使用したサーバー機器 PC(Wi

記事を読む

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『BubbleUPnP』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑