*

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ベスト高画質賞にインセプション

それはない。
絶対にない。
思いがけず視聴記を書く気になった。


画質:8 音質:10


映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
このご時世でも頑なにフィルム撮影にこだわる監督らしく、インセプションも当然のようにフィルム撮影である。
フィルム撮影というとどうしても絶対的な解像感や情報量では昨今のデジタル撮影のそれに及ばないため、フィルム独特のたおやかさや空気感、清廉さでもって高画質を狙うのだが、インセプションの場合はどうもそうではないらしい。色彩はかなり濃い目、シャープネスも強めにかかっており、あくまでフィルム撮影のままで昨今のデジタル撮影のような濃厚濃密な画を目指したように思える。
しかし、案の定その試みは失敗している。フィルム撮りの映画としてもそこまで情報量が豊富なわけでもなく、清廉なわけでもないので、全てにおいて中途半端な仕上がり。特に情報量不足は致命的であり、表情の妙味を表出しきれていない。とりあえず破綻するような場面は無く、基本的にはよく整えられた映像なので高画質と呼んでいい範疇には入るだろうが、先述のなんとかアワードで高画質賞を獲得するようなソフトではありえない。
監督の前作であるダークナイトのIMAXシークエンスの神がかり的な高画質という印象ばかりが先行し、なんとなく今作も高画質という印象が作られている感は否めない。前作の「IMAXと合成することを前提にした」非常にハイレベルなCGIに比べればインセプションのCGIは明らかにレベルが落ちているし、映像のキレ味がシャープと言うがそれもセブンに遠く及ばない。役者の表情をクローズアップした時など、精細感の差は歴然としている。さらに低ノイズでクリアーとか言っているが、それって単に情報量が少ないせいで相対的にSNがよく見えるというワーナーのソフトにありがちな特徴じゃないかと。
どうしてもフィルム撮りの映画に高画質賞をあげたいなら素直にセブンかプライベート・ライアンにあげるべきだった。むしろ、そもそも基本的にやる気のないワーナーにこんな賞を進呈するべきではない。評論家連中もいくら金を積まれているのか知らないが、インセプションをベスト高画質!!なんて言ったところで一般ユーザーは???だろう。
フィルムのデジタル化というポストプロセスが成熟した時代の、そこそこ良くできたソフトという評価で留めておけばよかったものを。
見どころ:
エレン・ペイジ全般

音質について。
現代のアクション映画として要点をまんべんなく抑えた素晴らしい出来。
DTS-HDMAの24bitという、一時期のワーナーを知る人間としては信じられない仕様が効いているのかは謎だが、硬く鋭い銃声、よく練られたマルチチャンネルの活用、時折打ち寄せる強烈な一撃など、隙のない音響効果で聴覚を楽しませてくれる。
バックに堂々と構えるハンス・ジマーの劇伴もなかなかに素晴らしいが、なにやら過剰気味に低音を響かせるので、環境によっては収拾がつかなくなるような気もする。
ちなみにダークナイトの地下道路でのカーチェイスや病院爆破といった、執念を感じるレベルの技巧的音響までは残念ながら味わえない。
聴きどころ:
夢レッスンその1で色々弾け飛ぶ場面
夢第一階層で突入から続く一連の場面



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

no image

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMと

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第31回『U-571』

潜水艦映画です。 知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。 とてつもない音響のソ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑