*

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

ベスト高画質賞にインセプション

それはない。
絶対にない。
思いがけず視聴記を書く気になった。


画質:8 音質:10


映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
このご時世でも頑なにフィルム撮影にこだわる監督らしく、インセプションも当然のようにフィルム撮影である。
フィルム撮影というとどうしても絶対的な解像感や情報量では昨今のデジタル撮影のそれに及ばないため、フィルム独特のたおやかさや空気感、清廉さでもって高画質を狙うのだが、インセプションの場合はどうもそうではないらしい。色彩はかなり濃い目、シャープネスも強めにかかっており、あくまでフィルム撮影のままで昨今のデジタル撮影のような濃厚濃密な画を目指したように思える。
しかし、案の定その試みは失敗している。フィルム撮りの映画としてもそこまで情報量が豊富なわけでもなく、清廉なわけでもないので、全てにおいて中途半端な仕上がり。特に情報量不足は致命的であり、表情の妙味を表出しきれていない。とりあえず破綻するような場面は無く、基本的にはよく整えられた映像なので高画質と呼んでいい範疇には入るだろうが、先述のなんとかアワードで高画質賞を獲得するようなソフトではありえない。
監督の前作であるダークナイトのIMAXシークエンスの神がかり的な高画質という印象ばかりが先行し、なんとなく今作も高画質という印象が作られている感は否めない。前作の「IMAXと合成することを前提にした」非常にハイレベルなCGIに比べればインセプションのCGIは明らかにレベルが落ちているし、映像のキレ味がシャープと言うがそれもセブンに遠く及ばない。役者の表情をクローズアップした時など、精細感の差は歴然としている。さらに低ノイズでクリアーとか言っているが、それって単に情報量が少ないせいで相対的にSNがよく見えるというワーナーのソフトにありがちな特徴じゃないかと。
どうしてもフィルム撮りの映画に高画質賞をあげたいなら素直にセブンかプライベート・ライアンにあげるべきだった。むしろ、そもそも基本的にやる気のないワーナーにこんな賞を進呈するべきではない。評論家連中もいくら金を積まれているのか知らないが、インセプションをベスト高画質!!なんて言ったところで一般ユーザーは???だろう。
フィルムのデジタル化というポストプロセスが成熟した時代の、そこそこ良くできたソフトという評価で留めておけばよかったものを。
見どころ:
エレン・ペイジ全般

音質について。
現代のアクション映画として要点をまんべんなく抑えた素晴らしい出来。
DTS-HDMAの24bitという、一時期のワーナーを知る人間としては信じられない仕様が効いているのかは謎だが、硬く鋭い銃声、よく練られたマルチチャンネルの活用、時折打ち寄せる強烈な一撃など、隙のない音響効果で聴覚を楽しませてくれる。
バックに堂々と構えるハンス・ジマーの劇伴もなかなかに素晴らしいが、なにやら過剰気味に低音を響かせるので、環境によっては収拾がつかなくなるような気もする。
ちなみにダークナイトの地下道路でのカーチェイスや病院爆破といった、執念を感じるレベルの技巧的音響までは残念ながら味わえない。
聴きどころ:
夢レッスンその1で色々弾け飛ぶ場面
夢第一階層で突入から続く一連の場面



BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案内 【変更前】192k

記事を読む

【Roon Server】432 EVO music server

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその2。 432 EVO  

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

ピクサーほんとすげえな…… 『トイストーリー』  画質:10 音質:10 『トイストーリ

記事を読む

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・2017年No.1コンポ「年間最優

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9

記事を読む

Twonky Server 8.2.0でトンキー病が完治……?

Twonky Server 8.2.0 - Release note Improvemen

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑