*

【BDレビュー】 第201回『借りぐらしのアリエッティ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
かつてナウシカのBDに入っていた本作の予告編を見た時にはえらい高画質だと思ったものだが、実際にリリースされたBDもその時の印象を裏切ることは無かった。
ポニョと同じレベルの画質である。
むしろ、ポニョよりも背景美術がハイディティール路線のため、視覚的な充実度はこちらの方が上と言える。
ポニョで見受けられた、“フルデジタル制作のアニメにフィルムっぽい質感を出す”ある種のフィルターワークはより進歩しており、さらにさりげなく、繊細になっている。デジタル制作アニメゆえの透徹した解像感を殺すことなく、温かみのある画となっているのは素晴らしい。ジブリはスタジオの方針として、いかにもデジタル然としたツルピカテカテカの画は今後も頑として作らないということなのだろう。
色彩も実に滋味溢れる仕上がり。コントラスト的にはダイナミックレンジはそれほど広くは無いが、そのぶん見目麗しい、見て眺めて心に残る美味しい領域に極彩色が花を咲かせる。
PHLも相変わらずいい仕事をしているし、この調子でいけば旧作はともかくとして、わりと近年の作品に関して言えばジブリのBDのクオリティは無条件で太鼓判を押していいレベルになるのではなかろうか。
見どころ:
背景美術全般
木漏れ陽

音質について。
画質はある意味で順当な最高評価と言うべきものだが、むしろ驚いたのは音質の方である。
ポニョの煮え切らないダイナミックレンジの狭い音、ナウシカの古臭く耳につく音など、いまいちジブリ作品のBDは音質的には大して見る(聞く)ところは無いのだが、アリエッティはのっけから驚いた。
非常に良録音である。
冒頭のボーカル曲から、キている。粒立ちよく、スッと立ち上がり、空間に染み入り、しっかりとサラウンドを使ってアンビエンスを残していく。今までのジブリ作品のBDは何だったのかと言わんばかりの、見本のような現代的音響だ。
“人間”サイズではBGMも効果音もステレオ主体であり、サラウンドチャンネルはアンビエンスの表出に主眼が置かれ、音響は全体的に一歩引いたような感覚だが、“小人”サイズになるとまさしく世界が変わる。相対的に、圧倒的に巨大な世界に満ちる音は一気に音圧を、存在感を増し、むしろ大げさくらいにサラウンドをめいっぱい使って表現される。風の音、葉のこすれる音、雨の音、人間の動く音などなど、小人から見た世界の巨大さ、存在感がダイレクトに音響に反映されており、人間視線と小人視線で明確に差別化された音作りは作品を見るうえで大いに説得力を生んでいる。
やはり若い監督が作ると音響も現代的精緻さを持つのだろうか。
聴きどころ:





BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

LUMIN A1を試す・動作編

導入編  今回試用したLUMIN A1は御厚意により手配していただいた試聴機であり、また試

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑