*

【BDレビュー】 第201回『借りぐらしのアリエッティ』

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

画質:15 音質:10


映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit

画質について。
かつてナウシカのBDに入っていた本作の予告編を見た時にはえらい高画質だと思ったものだが、実際にリリースされたBDもその時の印象を裏切ることは無かった。
ポニョと同じレベルの画質である。
むしろ、ポニョよりも背景美術がハイディティール路線のため、視覚的な充実度はこちらの方が上と言える。
ポニョで見受けられた、“フルデジタル制作のアニメにフィルムっぽい質感を出す”ある種のフィルターワークはより進歩しており、さらにさりげなく、繊細になっている。デジタル制作アニメゆえの透徹した解像感を殺すことなく、温かみのある画となっているのは素晴らしい。ジブリはスタジオの方針として、いかにもデジタル然としたツルピカテカテカの画は今後も頑として作らないということなのだろう。
色彩も実に滋味溢れる仕上がり。コントラスト的にはダイナミックレンジはそれほど広くは無いが、そのぶん見目麗しい、見て眺めて心に残る美味しい領域に極彩色が花を咲かせる。
PHLも相変わらずいい仕事をしているし、この調子でいけば旧作はともかくとして、わりと近年の作品に関して言えばジブリのBDのクオリティは無条件で太鼓判を押していいレベルになるのではなかろうか。
見どころ:
背景美術全般
木漏れ陽

音質について。
画質はある意味で順当な最高評価と言うべきものだが、むしろ驚いたのは音質の方である。
ポニョの煮え切らないダイナミックレンジの狭い音、ナウシカの古臭く耳につく音など、いまいちジブリ作品のBDは音質的には大して見る(聞く)ところは無いのだが、アリエッティはのっけから驚いた。
非常に良録音である。
冒頭のボーカル曲から、キている。粒立ちよく、スッと立ち上がり、空間に染み入り、しっかりとサラウンドを使ってアンビエンスを残していく。今までのジブリ作品のBDは何だったのかと言わんばかりの、見本のような現代的音響だ。
“人間”サイズではBGMも効果音もステレオ主体であり、サラウンドチャンネルはアンビエンスの表出に主眼が置かれ、音響は全体的に一歩引いたような感覚だが、“小人”サイズになるとまさしく世界が変わる。相対的に、圧倒的に巨大な世界に満ちる音は一気に音圧を、存在感を増し、むしろ大げさくらいにサラウンドをめいっぱい使って表現される。風の音、葉のこすれる音、雨の音、人間の動く音などなど、小人から見た世界の巨大さ、存在感がダイレクトに音響に反映されており、人間視線と小人視線で明確に差別化された音作りは作品を見るうえで大いに説得力を生んでいる。
やはり若い監督が作ると音響も現代的精緻さを持つのだろうか。
聴きどころ:





BDレビュー総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

QNAPのTwonkyMediaが7.2.7でDSD配信に対応

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14

記事を読む

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

SFORZATO will be Roon Ready!

スフォルツァート ■ 5/5 - 5/8 ドイツ ミュンヘンで行われるHIGH END 201

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Michael Jackson / Bad

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Bad ・購入元

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑